谷屋(年越し蕎麦)

谷屋(年越し蕎麦)
12 /31 2012
昨年は我々の直前で品切れ、今年はリベンジです。
開店10分後に店に着いた時は既に大混雑、14組待ち。
待つこと1時間半、やっと席に着くことができました。
鴨ざるそば
鴨

天麩羅の盛り合わせ
天盛り

天麩羅蕎麦
天麩羅が別になっています。
関西風の汁は好みです。
天蕎麦

青海苔蕎麦
赤いものは梅干し。
青海苔

私が選んだ鴨南そば。
鴨の味付けで汁の味が濃くなっていましたが、葱や鴨の味も良く満足できる1品でした。
鴨南

蕎麦湯
蕎麦湯

我々の後には20組以上の待ちがありました。
スポンサーサイト

グリンデルワルド(東急ホテル)

グリンデルワルド(東急ホテル)
12 /27 2012
東京のパレスホテルで食べたクラブハウスサンドイッチの味が恋しくなりました。
名古屋ではどこで食べることができるかと考えたところ、ホテルのラウンジならばということで、東急ホテルへ行ってみました。
一階のラウンジ、「グリンデルワルド」です。
全景

紅茶はポットから入れてくれましたが、ポットは持っていかれお代わりはできませんでした。
紅茶

クラブハウスサンドイッチ
量も全然違います。
http://puiko2000.blog27.fc2.com/blog-entry-360.html
クラブ1

がっかりでした。
パレスホテルのものと値段はほとんど変わらないのに、味は遠く及びませんでした。
クラブ2

相方のカフェオーレ。味は普通とのこと。
カフェオーレ

相方のツナ玉子サンドイッチ。
それぞれ半分ずつにしました。
パンはパサパサ、具はレタスのみといった感じ、値段にまったくふさわしくない味でした。
こんなサンドイッチで高い値段を取って、恥ずかしくないのでしょうか。
野菜

リリアーナ 12月

リリアーナ 12月
12 /24 2012
クリスマス・スペシャルディナーです。
ここは料理も美味しいのですが、「より厳選した5種類のグラスワイン」というワインコースを楽しむことができます。
まずはスプマンテ。
「カ・デル・ボスコ」
 爽やかですっきりとした味でした。
この日のグラススプマンテは、すべてこれのようでした。
泡

牡蠣のリゾット、ライスコロッケ
揚げ物の中がリゾットになっています。
アンティ

パン
フォカッチャの味が不満。
パン (2)

鴨のマリネ
鴨

最近ワインに興味を持ちだしたこと、単品種のワインを試していることを話したら、それに応えてくれました。
「トリチェッラ」
シャルドネ100%です。
白1

「カルロ・ディ・プラディス」
ソーヴィニヨン・ブラン100%
白2

真鯛のポアレ、青柳の貝柱
貝柱の味が良いアクセントになっていました。
魚

「ランゲ・ブリッコ・ロヴェッラ・パルッソ」
ソーヴィニヨン・ブラン100%とは思えない、スモーキーで深みのある味でした。
白3

白身魚のラビオリ、海老
ラビ

「バルバレスコ」
ネッビオーロ100%
赤1

黒トリュフのパスタ
イタリアの味でした。
パスタ

「コルドルチャ」
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ
サンジョヴェーゼ100%
赤2

短角牛
このあたりでは、かなり酔いが回っていました。
肉

ドルチェ
ドル

カプチーノ
カプ

それぞれの葡萄の特徴をしっかりと味わうことができました。
美味しい料理だけでなく、美味しいワインも楽しむ。
いいお店です。

柊家12月

柊家12月
12 /05 2012
俵屋さんの真っ正面にある柊家さん。
柊建物1

6年ぶりの食事です。
柊家献立2012冬 (2)

右端のお猪口が食前酒。
少し甘口でした。
食前

桃の滴 大吟醸
すっきりとしていて飲みやすい。
酒1

胡麻豆腐の肌理が細かく、とても品の良い味。
胡桃醤油の味も素晴らしい。
豆腐

土佐酢の加減が素晴らしい。
次への期待が膨らみました。
蟹1

やや鰹が利いていますが、それでも素晴らしい出汁加減。
甘鯛も臭みが無く、品の良い具となっていました。
椀

しび鮪は脂ののりも充分。しかし私には少しくどすぎでした。
鯛も海老も素晴らしいネタでした。
向付

充分手の込んだ八寸。
八寸

焼き加減抜群の牛朴葉焼。歯ごたえも絶妙、素晴らしい美味しさ。
肉

べっこう餡がくどすぎ。
ここは箸休めのようなすっきりとした一品のほうが良いと思います。
次が揚げ物なのに、腹が膨らんできます蒸し

揚げ具合や塩加減抜群ですが、肉・あんかけと続き、ここで揚げ物ではウンザリしました。
揚げ1

見かけより、あっさりとした赤出汁。
なかなか美味しい。
留

美味しい炊き込みご飯。
ご飯が輝いています。
ご飯


香

水菓子も美味しい。
水物

6年前は、はっきりとした味でとても美味しいと思ったのですが、今回は、すこし辛いと思うようになりました。ここの味が変わったのではなく、私の好みがより薄味に変わったのでしょう。
蒸し物のところで、その思いを強くしました。ここで酢の物でも出ると、違った印象になったかもしれないのですが。
でも極めてレベルの高い料理だと思います。


遊形サロン・ド・テ再訪(京都)

遊形サロン・ド・テ再訪(京都)
12 /03 2012
前日のケーキ屋さんが期待外れだったので、この日は大好きなこのお店に口直しにきました。
遊玄関

店内は4テーブルとカウンター席のこじんまりとしたものですが、満席でした。
遊店内

この席からは坪庭がよく見えます。
遊庭

コーヒーはデミタスカップですが、ポットで持ってきているので何杯もおかわりができます。
遊コーヒー

俵屋と同じポット。
味も同じで、とても美味しい。
遊ポット

かぼちゃのブリュレ 温かいりんご添え
甘さ控えめで、とても品の良い味。
遊ブリュレ1

ムース・ショコラ ポルト酒のジュレ
ショコラが少しくどいのですが、ジュレがとてもあっさりとしていて、混ぜるとちょうど良くなります。
日本人の感性で作ったスイーツの方がずっと好みです。
遊ムース

あびたろう

FC2ブログへようこそ!