緒方

緒方
09 /27 2012
尊敬するこの道の師匠や先輩が絶賛する「緒方」、行ってきました。
四条通りから狭い道を下った所にあります。
玄関

カウンターです。
空気がとても素晴らしい。期待が持てます。
店内

ガラス戸の反射で良く見えないのですが、坪庭でしょうか。
坪庭

お酒のメニューはありません。
こちらでリクエストを出します。
大好きな鄙願がありました。
鄙願

最初は、焼き鱧の切り寿し。
とても分厚い鱧でした。
鮨の味は酢が効いていましたが、味は素晴らしい。
切り鮨

造りは鰈。
重陽の節句を表わしたものでしょうか。
右の蜂は、水に浮かべた菊の花に綿を乗せたもの。
鰈を水で洗うと良いとのことでしたが、単なる水では・・・
ちょっと首を傾げる演出でした。
菊

鰈の質は素晴らしいものでした。
造里

北海道昆布森にある仙鳳趾の牡蠣。
分厚い身、ミルキーな味でした。
牡蠣の下は刻んだ長芋。
牡蠣

お椀
中身は鱧とはんぺん。
昆布たっぷりの出汁。薄味でとても美味しいものでした。
はんぺんの食感に疑問を感じましたが・・・・
お椀

鴨と無花果
無花果に味噌がとても合っていました。
鴨も素晴らしく美味しい。
鴨

蒸し鮑と茄子
鮑の味も素晴らしい。銀餡には山葵を利かしてありますが、品が良く味も絶品。
鮑

鄙願の次はお薦めの酒をリクエスト。
黒龍や久保田は置いてありませんでした。
これは、越の白雪。
すっきりとした辛口ですが、鄙願には及びません。
白雪

桂瓜と蛤
揚げた蛤はとても美味しい。薄味の極致の銀餡に揚げた味が良いアクセントとなっていました。
銀餡も飲み干しました。
桂瓜

落ち鮎
揚げてありました。落ち鮎の皮の厚さが、かえってパリパリ感になりとても美味しいものでした。
山椒の実の下拵えは凄いものでした。
鮎

最後のご飯は、「鯖寿司」・「鱧のお茶漬け」・「蕎麦」からの選択。
全部でもOKとのことでしたが、二つ選びました。
鯖寿司を海苔で巻いて食べます。素晴らしい海苔でした。
鯖寿し

腰のある美味しい蕎麦でしたが、つゆの味が華やか過ぎたかな。
蕎麦

品の良い、おはぎでした。
おはぎ

最後はお薄かと思っていたら、玉露でした。
玉露が良く合いました。
玉露

一品一品、素晴らしい素材で素晴らしい味でしたが、なぜか印象に残りませんでした。
全部が主役で、料理人の意気込みが充分伝わってきましたが、素晴らしい脇役がいてこそ主役が映えるのではないでしょうか。
料理のリズム感というものがなく、「あ~、美味しかった」という幸せ感が不足していました。
多治見の「如雲やま内」も同じ流れでした。
サッカーの世界で、「サッカーにはスター選手だけでなく、水を運ぶ人が必要」というオシム語録があります。
「水を運ぶ人」のような料理が必要なのではと感じました。
でも、素晴らしいお店でした。リピーターが多いのも充分頷けます。
「八泉」の脇役使いの凄さ、今更ながら感じました。
スポンサーサイト

フラスカティ豊橋(ランチ)再訪

フラスカティ豊橋(ランチ)再訪
09 /24 2012
今回は奥の部屋でした。
フラ店内 (2)

相方のスプマンテ。
私は車の運転があるため、泣く泣く我慢。
フラスプ (2)

バーニャカウダソース
アンチョビの味が私にとっては強すぎ。
フラバーニャ

美味しい野菜
コウヤは、やはり苦い。
フラ野菜

自家製のパン
味がしっかりとしたパンでした。
フラパン

ジロー筍と地蛸の温製サラダ。
ジロー筍は変わった味でしたが、地蛸はとても美味しかった。
フラアンチ

夏トリュフのパスタ
発酵バターのソースですが、夏トリュフの風味と相まって絶品の味でした。
ただ、味が濃いので量は少なめで良いと思います。
フラパスタ1

熊野地鳥のオーブン焼
地鳥そ焼く前にマリネにしておくそうですが、下味が付いていて、これもとても美味しい。
フラ鶏

パンナコッタとアーモンドアイス
アイスはジェラート風。アーモンドの味もしっかりとしていました。
フラドル

温度もしっかり熱く、香りも豊かでした。
フラカプ (2)

名古屋のイタリアンに比べて濃いめの味付けですが、深みがあり、これはこれで充分満足のいく料理でした。
夜にゆっくりと、お酒を楽しみながら食事をしたいと思わせるお店です。

VITRA 名古屋

VITRA 名古屋
09 /17 2012
わりと最近にできた結婚式場です。
結婚式の披露宴の会場と思っていたレストラン、披露宴の無い日は普通のレストランであることを知りました。
右側の建物の2階が、そのレストランです。
VIT階段

建物のエントランス。
中へ入ると、いくつかの控室があり、やはり結婚式用かと思ってしまいます。
VIT玄関

エレベーターで2階に上がると、レストランの入り口にでます。
ここまで来る間、客は我々だけではないかと不安にかられました。
VITロビー

レストランの内部です。
我々がでるのが最後になりましたが、食事中はカップルの客で満席でした。
披露宴では、左の階段から新郎新婦が降りてくる演出です。
VIT店内

グラスシャンパン
VITシャンパン1


VITシャンパン2

バターはエシレとのこと。
上のバターには塩が振ってありました。
丸いものは、オリーブオイルを凍らせたもの。バルサミコソースを少しかけます。
パンにつける時には溶けているという次第です。
VITバター

パンは近くのメゾン・カイザーから取り寄せ。
VITパン1

このパンは、オリーブオイルにつけるよう言われました。
VITパン2


VITメニュー

ドライアイスの演出。
VITアンサンブル1

和食の先附八寸そのものですね。
BITアンサンブル2

鮎の燻製は、なかなか良い味でした。
VIT鮎

グラスの白ワイン。
VIT白1


VIT白2

甘鯛とオクラの相性はイマイチ。
VIT甘鯛

具に入っている焼きとうもろこしは甘いのですが、スープそのものは、とうもろこしの味がしませんでした。
VITスープ

鮑の味は、まずまずというところでしょうか。
VIT鮑

さっぱりとした味。
VITグラニテ

グラス赤ワイン
VIT赤1


VIT赤2

サーロインはとても美味しい味でしたが、一切れしか入っていませんでした。
コストを考えたら、仕方が無いですね。
VIT肉

ここで御飯とはビックリ。
VITご飯1

じゃこに紫蘇にポン酢。
VITご飯2


VITりんご


VITアイス

ハーブティーは、右手の葉を使います。
VIT食後

けったいな味でした。
VITハーブ


VITコーヒー

左側のジャム類は、ハーブティーに入れるようにと言われましたが・・・
VITジャム

演出効果に力点を置いた、披露宴用の和洋折衷料理という感じでした。

キハチ名古屋

キハチ名古屋
09 /13 2012
JRセントラルタワーズ12階にあります。
エントランスです。
キハ正面

食事中は大変賑わっていたのですが、開始時間が遅かったので帰る時はほとんど空席になっていました。
キハ店内

グラスのスプマンテ。
グラスシャンパンもメニューにありましたが、倍以上の値段でした。
キハスパ


キハメニュー

百合根の味は、あまりしませんでした。
キハ前菜1

白身魚は真鯛とのこと。新鮮さは感じませんでした。
野菜は、生の茄子。
キハ前菜2

身が少なかったのが残念。
キハ前菜3

パンの味は普通。
キハパン

グラスワインは何種類か取り揃えてありました。
しかし価格から見ても、良いワインとは思えませんでした。
キハ白


キハ白ボトル

魚料理は甘鯛。
パサパサしていました。
魚

グラスの赤ワイン。
キハ赤



キハ赤ボトル

肉料理
奥の平べったいものがフォアグラのポアレ。
キハ肉1

しっかり焼いた部分とレアな部分のコンビネーションが、面白い味を出していました。
キハ肉2

ここから選択です。
キハデザメニュー

これは、ヨーグルト・ダンジュ~。
キハデザ

コーヒー
キハコーヒー

味のレベルは高くありませんでした。
しかしサーブしてくれた若い女性スタッフ、彼女はサービス精神に溢れ、笑顔もとても素敵でした。
このようなサービスは、味の不満をかなり補ってくれますね。

福島の果物

福島の果物
09 /08 2012
昨年夏、飯坂の「御宿かわせみ」を訪問した時、福島産の桃のお土産を扱っていました。
その時に注文し、とても美味しかったので、他の果物も注文しました。
今年も注文書が送られてきたので、早速注文しました。
8月上旬は「あかつき」という品種を注文。
そして、これは「川中島白桃」、シーズン最後のものです。
桃1

とても甘く、幸せ感一杯です。
桃3

これは「黄金桃」という品種。同時に送られてきました。
右端から2個、すでに食べました。
桃2

黄桃の一種ですが、酸味が抑えられ甘さが増しています。
これも、とても美味しい。
桃4

放射能想定結果が添えられていました。
報告書1

どの核種も「検出せず」でした。
報告書2

昨年は桃の他、柿とりんごも注文しました。
柿は渋柿系で好みではありませんでした。注文はしないかな。
りんごはとても美味しく、これまで長野や青森からお取り寄せしていましたが、今後は福島産に転向です。
今年の夏前、サクランボを注文しました。
同じ時期に山形の「佐藤錦」をいただいたのですが、ここのサクランボの方がずっと甘かったです。
箱

今月も福島の温泉へ行きます。
これからも福島を応援していきたいと思っています。

あびたろう

FC2ブログへようこそ!