メインダイニング(シュロスホテル・リスル)

メインダイニング(シュロスホテル・リスル)
08 /29 2012
上の建物が本館の「シュロスホテル・リスル」、右下が離れの「イェーガーハウス」。
リ全景 (2)

本館1階のカフェとレストラン。
リ正面 (2)

メインダイニングです。
正面の窓からノイシュバンシュタイン城を見ることができます。
リ・店内

今年は改修工事で工事用の足場が組まれていました。
リ・窓

昨夜は酷い白ワインだったので、この日はドイツワインをフルボトルで頼みました。
リ・ワイン

ドイツ語のワインリストが読めなかったので、ラインヘッセン(なぜかラインガウが無かった)の白ワインから選びました。これなら間違いはないだろうと・・・
ドイツワインにしては酸味の強い味でしたが、まずまず美味しく飲むことができました。
リ・ボトル1

ここのパンも素朴な味です。
リ・パン

料理はコースでなく、カルトで頼みました。
サーモンマリネとハッシュドポテト
さすがポテトの国、ハッシュドポテトはとても美味しい味でした。
リ・サーモン

これはグリルしたソーセージとマッシュドポテト。
このポテトも、なかなかの味。
リ・ソーセージ2

こちらはボイルした名物ホワイトソーセージ。
リ・ソーセージ

ホワイトソーセージに付いていいたパン。
塩パンのような味でした。
リ・パン2

バニラアイスクリームとドイツ風アップルパイ
巨大なアップルパイは素朴な味でした。
リ・デザート

コーヒーは、まずまず。
リ・コーヒー

白ワインとソーセージとポテト、こんなものかなという夕食でした。
しかし1品1品の量が多すぎます。
スポンサーサイト

ウインター・ガーデン(ホテル・ミュラー)

ウインター・ガーデン(ホテル・ミュラー)
08 /29 2012
正面に見える建物がホーエンシュバンガウのホテル・ミュラーです。
右の山の中腹にノイシュバンシュタイン城が見えます。
ミュ

反対側から見たホテル。
大きなガラス張りの部屋がメインダイニング「ウインター・ガーデン」です。
ミュ・外観

ダイニングの入り口。
ミュ・入口

店内です。
観葉植物とサンテラス、だから「ウインター・ガーデン」なのでしょうか。
ミュ室内

窓からノイシュバンシュタイン城が見えます。
ミュ窓

コース料理は、この他にメインが魚と肉の二品のものがありました。
ミュ・メニュー

グラスシャンパンとワインが付いています。
ミュ・シャンパン

素朴ですが、噛めば味のでるパンでした。
ミュ・パン

アミューズはソーセージのようなテリーヌ。
ミュ・パテ

ガスパチョですね。
それにしても量が多い。
ミュ・スープ

オマケのような白ワイン、飲めた代物ではありませんでした。
ミュ・ワイン

マダイの一種。
味は普通ですが、これもとにかく量が多い。
日本では一切れだろうと思えるのに、三切れもあり食べ切れませんでした。
ミュ・魚

かなり酸っぱい。
ミュ・ソルベ

コーヒーも美味しくない。
ミュ・コーヒー

ガイドブックなどではシュバンガウでは評判のレストランとのことでしたが、残念な夜でした。

パテスリー・シェ・コーベ

パテスリー・シェ・コーベ
08 /14 2012
また昔の話になります。
今から20年以上前には私好みの美味しいケーキ屋さんは、あまりありませんでした。
当時、良く通ったお店は、山手通にあった「西麻布ドゥリエール」(池下のお店ではありません)・四谷通の「ラ・ポムベール」・末盛の「ラ・リューシュ」・猫洞通から一社に移転した「フレーダー・マウス」・川名の「クーク・アン・ボア」・石川橋の「レ・ザンドール」、そしてここ雲雀ヶ岡の「シェ・コーベ」でした。
現在、シェ・コーベ以外はありません。寂しいかぎりです。
その後、体重対策でケーキ屋さん巡りをしなくなってからは、栄に出た時に松坂屋地下の「シェ・コーベ」を訪れるくらいでした。
ちょうど雲雀ヶ岡近くで用事があったので、久し振りに立ち寄ってみました。
コーベ全景

二階の喫茶室ですが、記憶にある風景ではありませんでした。
広さが半分になっていました。
カウンターの向こうに同じ広さのスペースがあったのですが、現在はプライベートルームになっていました。
スタッフに聞くと、4年前に改装したそうです。
コーベ店内

松坂屋のお店では、このブリュレとガトー・オランジュが好みです。
この二つ、残念なことに売り切れていることが多いのです。
ブリュレ

相方が好む、モンブラン。
コーベモンブラン

ここの一般的なケーキは、そこそこ美味しい程度ですが、コーヒーが好みなのです。
いつもはホットコーヒーなのですが、汗をかいた後だったのでアイスにしました。
香りは充分でした。
コーベコーヒー


コーベシュガー

八泉精進2012

八泉精進 (2012)
08 /11 2012
今年も8月の精進料理の季節になりました。年に一回の楽しみです。
今回のお花。
花器がクリスタル。
花

酒は定番の「立山」。
酒

精進の胡麻豆腐。
豆腐

雲片
今回はいつもと違って「湯葉入り」とのこと。
雲片

自家製がんもどき・冬瓜・青柚子。昆布だけの出汁ですが、がんもどきの具の牛蒡からもしっかりと出汁が出ていました。
椀

包丁で氷を削っています。削る音が心地良い。
氷

削った氷が乗っています。
蓮

冷製煮物
ブンチンの形抜きをした大根・青芋茎・茄子・日本南瓜。
蓮2

これが日本南瓜。とても美味しいものでした。
南瓜

12時の方角から時計回りに
梅蜜煮・マッシュポテトの包み揚げ・松茸フライ・青柚子蜜煮の天麩羅・白和え・生麩の安倍川・薩摩芋の蜜煮・白芋茎の胡麻酢和え・寒天
八寸

鰻の蒲焼もどき
鰻1

湯葉・海苔・山芋で、できています。
鰻2

じゅんさいの酢の物
じゅんさい

大豆の摺り流し
蓮根団子・小豆・銀杏
椀2

青紫蘇ご飯・大豆の甘味噌和え・香の物
ご飯

桃のジュレ
桃

あびたろう

FC2ブログへようこそ!