あさば 夏

あさば 夏
07 /31 2012
夕食の前は、いつもここでシャンパンを楽しみます。
今回はヴーヴ・クリコはなく、モエ・シャンドン。
満サロン

名物「穴子黒米ずし」は、このところずっと断っています。
満献立

食前酒は定番の修善寺「萬燿」。
満食前酒

食中酒は「鄙願」。
満酒

焼いた胡麻豆腐は河豚の白子の食感。
醤油は濃い目でしたが、あっさりとした胡麻豆腐との相性は抜群。
混然一体となり口の中に拡がりました。
満豆腐

甘い、甘いとうもろこし。
満すり

白身魚と夏野菜の煮こごり・焼き無花果・丸十・才巻き海老・穴子の柳川もどき・真ん中は軍鶏のつくね。
どれも繊細な味でした。
素材そのものの味を活かす八寸は、八泉のそれを彷彿させます。
地場の食材と引き算の調理、京料理の感性そのものだと思います。
満盛

八十万円の純銀製の鍋。
最近さらに価格が急騰したとのこと。
満鍋

昆布出汁優位の薄味出汁。
白葱も充分甘く、心からマッタリできる汁物でした。
満椀

残っていた出汁汁を、二人ともお代わりしまた。
満汁

季節柄か、刺身は甘さ不足。
満造り

これは二人分。
満鮎

骨まで食べることのできる若鮎でしたが、香りが不足。
蓼酢は酸味が強く、蓼の癖を抑えていました。
普段は蓼酢をつけませんが、今回の鮎はつけたほうが美味しくなりました。
満蓼

鰹出汁と酢橘の加減が絶妙。
優しい味は、あさばの真骨頂。
満床

普通は揚げ物になるのですが、ここでの揚げ物は腹に応えるので、いつも替えてもらっています。
煮汁も美味しかった。
満海老

三島とは、三島コロッケからとったもの。
メークインをコロッケの具のように調理してあります。
とても甘く、美味しかった。
もっちりとした食感もとても良い。
満饅頭

南京は素晴らしく甘く、焼万願寺も品の良い味でした。
この時期の野菜は本当に甘い。
魚の不出来を野菜が充分にカバーしていました。
満炊き合せ


塩焼きの鯵はいまいちでしたが、この鮎御飯は充分美味しかった。
大葉のアクセントが抜群。
空腹なら、何杯もお代わりをしたいくらいでした。
満釜

赤出汁の具は、じゅんさい。
味噌加減は、かなり薄味。
濃い味好みの客には物足りないことでしょう。
満御飯

定番のブラマンジェ。
これを食べるのも、楽しみのひとつ。
満ブラ

緑は万願寺。
確かに万願寺の香りがした。なかなかの味でした。
白は定番のグランマニエ。
ジェラート風のアイスクリームは、お腹に優しい。
満アイス

一服した後、サロンでコーヒー。
豆から挽いてくれます。
満豆

ここのコーヒーは、旅館の物としては俵屋と双壁。
本当に美味しい。
満コーヒー
スポンサーサイト

梨杏ランチ(マリオット・アソシア)

梨杏ランチ(マリオット・アソシア)
07 /27 2012
ミッドランドスクエアシネマへ映画を観に行ったついでのランチです。
マリオット・アソシアの18Fにあります。
梨正面

かなり混み合っていました。
梨店内

ホテルカード無料入会のサービスドリンク。
ライチージュース
フレッシュでとても美味しいジュースでした。
梨ライチ

飲茶コースと迷ったのですが・・・
二人前からのコースです。
梨献立

才巻海老・合鴨・夏野菜の炒め物
次への期待を感じない味でした。
梨前菜

しっかりとした味を出していると思いますが、香料が強すぎると感じました。
梨スープ

素材の良さ、塩味絶妙、この日一番の美味しさでした。
梨炒め

クレープが厚すぎで、ダックの皮の味がまったく感じませんでした。
梨ダック

右下の茸の餃子は美味しかったのですが、他の二つは不満の残る味でした。
梨点心

豚肉の味はとても良かったのですが、甘酢あんが文字通り甘酸っぱすぎでした。
梨酢豚

これは、まったくの期待外れ。
梨冷麺

少し甘過ぎ。
梨豆腐

香りは、それなり。
梨茶

今回の映画です。
梨映画

絵の美しさに惹かれて観に行ったのですが、絵の美しさもストーリーも竜頭蛇尾といった感が拭えませんでした。
梨映画2

丸鮨別館まるやま

丸鮨別館まるやま
07 /24 2012
名古屋の老舗大衆鮨店「丸鮨本店」の高級バージョンです。
接待で何度か連れて行ってもらったことがありますが、今回は自腹で食べに行ってみました。
まる全景

バブル時代の名残があります。
まる玄関

ここの日本酒のリストには価格がかいてありません。
「獺祭・二割三分」や「久保田・萬壽」を初めて飲んだのもこのお店でした。
値段がわからないのでおとなしく「久保田・翠壽」。久保田にしては甘口。
まる酒1

前菜
雲丹は新鮮さが不足。鴨は良い味でした。
その他は普通の味。
まる前菜

昆布の効いた出汁でしたが、まったり感はありませんでした。
真丈は、上はんぺんの味でした。
まる吸物

烏賊と甘海老
普通
まる造り1

ここの特徴は大きめにカットした大トロですが、この日は中トロ。
まる造り2

丸鮨オリジナル「幸子の酒・純米大吟醸・生酒原酒」
翠壽のほうが美味しかったかな。
まる酒2

焼き魚は金目鯛。
脂の乗りがイマイチで、少しパサパサしていました。
まる焼き物

鮑の蒸焼き
この日一番美味しかった。
まる鮑

冷たい変わり鉢
夏には口当たりがさっぱりとして気分転換には良いですね。
まる変り鉢

酢の物は「わたり蟹」
可も無し、不可も無し。
まる酢の物

これで三人前。
不満を感じない味といったところでしょうか。
まる鮨

飲みやすい赤出汁でした。
まる赤出汁

赤肉メロンのブランデーかけ
なかなか美味しいデザートでした。
まる果物

丸鮨本店の寿司会席よりは美味しいと思います。

女鳥羽そば(松本)

女鳥羽そば(松本)
07 /04 2012
松本駅から歩いて15分ほど、女鳥羽川のすぐそばにあります。
女正面


女店内

とても香り高い蕎麦の実茶でした。
蕎麦の実茶

名物三重(みかさね)そば
一段目は、海苔。
つゆは、かなり辛口。
三重

二段目は、とろろ。
胡麻を入れます。
これが一番美味しかった。
二段 (2)

三段目は、抹茶。
抹茶の香りはしませんでした。
三段

浅漬けで、とても美味しい。
漬物


蕎麦湯

あびたろう

FC2ブログへようこそ!