河文

河文
10 /26 2011
名古屋でもっとも格式がある料亭「河文」、かつては黒塗りの車がずらっとならんだものでした。
しかし時代の流れには勝てなかったのでしょうか、他から資本を入れ、リニューアルしました。
門構えは昔のままです。
河文門

およそ10数年ぶりの訪問ですが、玄関の位置が変わったように感じました。
もっと左手の方にあったように記憶しています。
河文玄関

ここで靴を脱ぐと思いきや、そのまま上がるように言われました。
河文玄関2 (2)

案内された個室。
靴のままのテーブル席です。
河文部屋

ガラス戸の向こう、水を張った庭の先に見えるのは「水鏡の間」、かつてのVIP部屋です。
篝火が燃やされ、なかなか良い雰囲気。
河文眺め (2)

香煎茶
昆布茶でした。
河文香煎茶

食前酒
「京の泉」。華やかではっきりとした味。
河文食前酒

お酒のメニューがないので、取り敢えずオリジナルの酒にしました。
「河文白」
辛口ですが、少し苦みを感じました。
河文白

カウンターに置いてあった一升瓶。
左から「白」・「黒」、燗酒用の「赤」。
河文酒瓶

胡麻豆腐
ざらっとした口当たり。
八泉のそれに比べると、大量生産の雰囲気です。
河文豆腐

柿なます・イクラのみぞれ合え柚子釜
不満のない味。
河文なます2

椀物
松茸・海老真丈
松茸の香りは充分、真丈は蒲鉾のような舌触りでした。
出汁は、やや鰹優位の味。それなりでしょうか。
河文椀

河文黒
苦味はないのですが、白に比べてやや甘いか。
グラスを替えてくれなかった。
可文2

造り
鯛・戻り鰹
鯛は充分甘くまずまずでした。
鰹は鰹臭さがありましたが、モミジおろしで臭みが消えました。
河文造り

焼き魚
充分脂の乗った魳で、とても美味しかった。
酢蓮もなかなかの味。
河文焼き魚

福寿大吟醸
癖は無いものの、やや甘い。
河文酒3

グラスを替えてくれるように注文しました。
河文酒3-1

穴子のうま煮
やや薄味で、好みの味でした。
河文あなご

天麩羅(海老・ししとう)
海老芋の煮物
この段階でもくどくなく、美味しく食べることができました。
河文天麩羅

蟹のジュレ酢かけ、柚子釜
これは普通の味。
河文柚子釜2

ご飯
「名古屋コーチンご飯」・「鯛茶漬け」・「松茸お握り茶漬け」からの選択。
これは「松茸お握り茶漬け」、とても美味しく正解でした。
河文ご飯

水菓子
巨峰のグラニテ
さっぱりしていて美味しい。
河文水菓子1

抹茶しるこ
これもあっさりとしていて、デザートとしてはとても良い。
河文水菓子2

食事の後、店内を見せてもらいました。
食事の部屋から見えた「水鏡の間」、結婚式の披露宴などのセレモニー用に使うそうです。
河文式場

カウンター席の部屋への入り口。
河文カウンター入り口

カウンター席
奉仕料がかからないので、次回はここが良さそう。
河文カウンター (2)

正統的な料亭会席料理の味でした。
それなりのレベルの高さは守られていると思います。
名古屋飯のような味の濃さではないところも好みでした。






スポンサーサイト

八泉10月(2011)

八泉 10月(2011)
10 /23 2011
今月のお花
サンキライ・ススキ・女郎花など、秋の風情です。
八泉花

今月の掛け軸
富士山にススキ
八泉掛け軸

長野から直送の松茸
今年は一ヶ月くらい遅れているそうです。
八泉松茸

酒は、いつもの立山
八泉酒

軽く炙った松茸・白舞茸とホウレン草のお浸し
薄口で上品な出汁でした。飲み干しました。
八泉浸し

器は馬上杯、下の穴は紐を通すためのものらしいです。
八泉器

海老・鯛・穂紫蘇の向こうに剣先烏賊があります。
八泉造り (2)

栗饅頭、中が丹波の小豆。銀餡と栗と山葵のコラボレーションが絶品。
あまりの美味しさに、言葉がありませんでした。
八泉栗

馬糞ウニと茗荷、下にはトロロ芋と銀杏・海老の頭の天麩羅・ミニオクラの天麩羅・蒸し鮑・蒟蒻の白和え・烏賊の焼物・黄身の味噌漬け・白身魚(河豚)塩焼き・牛蒡と人参のオカラ合え
八泉八寸

鯵・赤貝の鮨
赤貝は臭みを消しながら、風味はしっかりと残っていました。
八泉鮨

牡蠣と九条葱の酢味噌和え
しっかりと火を通した牡蠣でした。
八泉牡蠣

お椀
松茸・菊花蕪・河豚
いつもながら完璧なお椀です。
八泉お椀

今回はイクラご飯
文句なしの味。
八泉ご飯

水菓子
黒豆と洋梨のジュレ
もうほんの少し甘くても・・・・
八泉水菓子

恵比寿西店・藍花珈琲店(高山)

恵比寿西店・藍花珈琲店(高山)
10 /18 2011
お昼は蕎麦を食べようと観光案内所で所在を聞いたら、渡してくれたのが「高山麺類業者組合のお店」というパンフレット。
恵比寿は休みだといわれたので、目指したのが寿美久というお店。
しかし途中に恵比寿西店が開いていました。
店構えも面白かったので、入ってみることにしました。
高山蕎麦店

店内はカウンターと小上がり。
高山蕎麦店内

ざるそば
そばつゆの味もまずまずで、蕎麦とはこういう味だと思えるものでした。
名古屋のどのお店より好みの味でした。
高山蕎麦1

相方が注文した「なめこ入りとろざる」。
高山蕎麦2

蕎麦湯はかなり濃厚でした。
高山蕎麦湯

ひと歩きしてから入った喫茶店。
高山コーヒー店

カウンターと4席ほどのテーブル席です。
高山コーヒー店内

注文したのは、ウィンナコーヒー。
ホイップクリームの硬さた甘さがちょうど良く、満足のいく味でした。
高山コーヒー

ダイニングルーム再訪(上高地帝国)

ダイニングルーム再訪(上高地帝国)
10 /16 2011
歩き疲れて食欲減退気味だったのですが・・・・
ダイニング1

ディナーコースは二つありますが、目的はローストビーフ。
当然、「神河内」。
上高地メニュー3

今回も「シャンパン・白ワイン・赤ワインセット」。
シャンパンは「コント・ド・ノアロン」、華やかでコクを感じました。
シャンパン (2)

鮪と茄子、変わった取り合わせですが、煮詰めたというバルサミコソースが滅茶苦茶美味しかった。
真ん中は海老を調理したもの。なかなかの味。
前菜 (2)

パンも美味しい。
パン

いつもながら帝国ホテルのコンソメは絶品。
濁った味や尖った味をまったく感じません。
どれだけの手間暇がかかっているのでしょうか。
コンソメ

白ワインはムーリス。
これも艶やかでコクのあるワイン。
白ワイン

魚料理はともかく、リゾット風の五穀米が素晴らしく美味しかった。
魚

アロース・コルトン
深みというより柔らかい感じの赤ワイン。
三つのグラス、すべて美味しかったのですが、写真にみるように、注いでくれる量が少なめでした(笑)
赤ワイン

お待ちかねのローストビーフ、長崎産の牛とのこと。
文句なしに美味しい。ただ今年は、かなり薄かった感じ。
お代わりをしたところ、この半分の量がカットされてきました。
見回すとほとんどの客が、お代わりをしていました。
ホースラディッシュの香りも素晴らしい。名古屋ではホースラディッシュが手に入らなくなりました。
肉

デザートも絶品。帝国ホテルのパティシエは本当に素晴らしいと思います。
デザート

コーヒーも文句無しです。
コーヒー

日本における正統派フレンチとして、素晴らしいレベルだと思います。
前日の「鯛萬」より、一段も二段も格が上だと思います。

グリンデルワルト(上高地帝国)

グリンデルワルト(上高地帝国)
10 /16 2011
安曇野からの移動が予想外にスムーズに運び、予定より早く上高地帝国ホテルに着きました。
そうなるとここのケーキが無性に食べたくなりました。
チェックインを済まして部屋に荷物を置くと、早速訪れました。
上高地店内2

夜には火が灯されています。
上高地暖炉

昨夜はフレンチ、今日の昼食には軽いながらもイタリアン、そしてこの日の夜はフレンチ。
残念ながら、ケーキは相方と二人で一個に抑えました。
さすが帝国ホテル、素晴らしく美味しいフォレ・ノアールでした。
上高地フォレノアール

コーヒーも文句なし。
上高地コーヒー

そして、河童橋方面に向かいました。

あびたろう

FC2ブログへようこそ!