御宿かわせみ再訪

御宿かわせみ再訪
08 /30 2011
かわせみ献立2011 (2)

食前酒はオリジナル「かわせみ生酒」。
食前酒

口取り
蛸・生きくらげ・いんげんの酒盗かけ。
口取り

お勧めの「国権大吟醸」。
辛口ですが、少しばかり酒臭かったのが残念。
国権

鮎のうるか焼き
鮎うるか

鮎の下にトマトがかかった銀餡。
面白い組み合わせです。
鮎うるか2

12時の位置から時計回りに、サザエのエスカルゴ風味・パプリカ豆腐&山葵・フォアグラ&ゴーヤのカナッペ&マスタードソース・黒豚の西京焼き・穴子・真ん中が、だだちゃ豆の塩茹で。
盛り合わせ

椀物
鮟胆が海老真丈に変更。
典型的な鰹出汁です。海老真丈が滅茶苦茶美味しかった。
椀

本鮪造り
脂の臭みがなく、品の良いトロでした。
鮪

鱧は甘み不足。
北寄

湯葉飯蒸し
飯蒸し

メインの利尻黄金雲丹の宝石盛り
バフンウニ・海老・ズッキーニ・冬瓜・茄子のジュレかけ
ひとつひとつの素材はとても美味しいのですが、「1+1+1=3+α」でなく、「1+1+1=1+1+1」にしか思えなかったのが残念。
利尻

オリジナルかわせみ大吟醸
国権よりこちらのほうが美味しい。
酒かわせみ

口直しの無花果&生姜湯
生姜湯

脂がしっかり乗ったノドグロでしたが、ここにきてはクドさが先にたちました。
のどぐろ

モズク・山芋・オクラの酢浸し
もずく

小鉢は鱸の黄身醤油合え
赤出汁は南京餅&葱
ご飯は切りご飯でしたが、アルデンテでなく柔らかかった。
ご飯

チーズケーキのメロンソスーかけ
これは美味しかった。
ケーキ

予想外に全然甘くない桃
果物

懐石料理というよりは創作会席料理。
引き算の料理でなく、足し算の料理。
ひと品ひと品は素晴らしい食材を用い美味しいのですが、4番バッターばかりで最後は食傷気味になります。
八泉・あさば・俵屋などとは対極にある料理だと思います。




スポンサーサイト

ラ・リリアーナ

ラ・リリアーナ
08 /25 2011
以前、何かで「個性的な味で、日本的というよりも外国の味に近い」という感想を読んだことがあり、機会があれば訪れたいと思っていたお店です。
リリ正面

店内は素敵な雰囲気です。
リリ店内

(スプマンテ)
少し癖があるような感じがしました。
リリスプマンテ1


リリスプマンテ

(口取り)
アンディーブにのせたカツオのサラダとアヴォカドのムース 海老のジュレ添え
口にしたとたん「これは、いけるのでは!」という思いがよぎりました。
リリ口取り1

(白ワイン)
すっきりとして爽やか、少しフルーティなワインでした。
リリ白ワイン


リリ白ワイン瓶

(パン)
本日唯一の不満でしょうか。
リリパン

(冷前菜)
バジリコ風味のハモのサラダと白インゲン豆のパンケーキ ブラックオリーブのソース
鱧は挑戦なのでしょうか、和食に見られるような感激はありませんでした。
しかしパンケーキとソースは満足。
リリアンチ

(温前菜)
車海老のオーブン焼き グリーンアスパラガスのムース添え
車海老の味噌の部分がアクセントになっていて、個性的な味でした。
リリアンチ2

(パスタ)
蝦夷鮑とアオリイカ、ブロッコリーのスパゲッティ
茹で具合はアルデンテ
リリパスタ1

(パスタ)
フレッシュポルチーニ茸と生ハムのクリームソースで和えたガルガネッリ 黒トリュフ添え
どちらのパスタも満足でした。
リリパスタ2-2

(赤ワイン)
上品で優しく、なかなか美味しいワインでした。
リリ赤ワイン


リリ赤ワイン瓶

(メイン)
黒毛和牛のリブロースのタリアータ オーヴォリ(たまご茸)のサrダ添え 
肉の香りも良く、焼き加減も絶妙でした。
リリ肉

(デザート)
イチジクのコンポートをのせたココナッツのタルト
カシスのシャーベット 
ヨーグルトのパンナコッタ
いずれも素材の個性が活かされており満足。
リリドル

(カップチーノ)
香りも充分でした。
リリカプ


食材の個性がしっかりと強調されていたと思います。
「アンティカ・ローマ」ほど外国の味ではありませんが、個性的という点では八事にあった「ドディチ・マッジョ」と双壁ではないかと感じます。
「ドディチ・マッジョ」は残念ながら好みではありませんでしたが、ここは私の好みの壺に嵌ってしましました。
食材を生かしながらも上品に仕上げてある「ガッルーラ」と比べると、対極に位置するお店かもしれません。
イタリアンで食べた後に幸せ感を感じたお店は、「ガッルーラ」・「フラスカティ」、そして三軒目がここ「ラ・リリアーナ」です。
ワインのことはよく判らないのですが、出されたワインは美味しいものでした。
サービスもとても素晴らしいお店でした。

リピーターも多いのではないでしょうか。
この感想を確かめに、もう一度訪れてみたいと思います。



梶川 再訪

梶川 再訪
08 /20 2011
久し振りの訪問です。
梶正面

食前酒
梅酒のシャーベット
梅の香りがしっかりしていて、こくのある味でした。
ただ少しばかり甘すぎて、日本酒と喧嘩していました。
梶食前酒

わたり蟹・山芋素麺・トマト・青海苔のジュレかけ。
わたり蟹の味がしっかりと効いていて、美味しかった。
梶ジュレ1

浦霞
梶酒1

新サンマの茶碗蒸し
中に焼き茄子。
サンマの味が強く、好みではありませんでした。
梶〆

海老のすり身と万願寺唐辛子・銀杏と蓮根のすり身の餅・冬瓜
昆布出汁ですが、予想外に薄味でした。
梶椀1

花火の柄です。
梶椀2

蓋の内側は金魚。
夏らしいですね。
梶椀3

造里
マコガレイの薄造り
左は甘酢・塩・柚子。右はポン酢。
ポン酢の味が強すぎました。
梶造り

〆張鶴
これが一番美味しかった。
梶酒2

郡上の天然鮎の塩焼き・骨煎餅・赤蒟蒻。
鮎は香りに欠けていました。
骨煎餅はとても美味しかった。
梶鮎1

鮎の下は、小芋と牛肉。
牛肉は美味しかった。
梶鮎2

萬歳楽
梶酒3

口直し
ムラサキウニ・モロヘイヤ・じゅんさい・稲庭素麺
モロヘイヤのネバネバ感が、邪魔してスッキリとしませんでした。
ウニはバフンウニのほうが良いような気がします。
最初にでたジュレかけと同じ味で重複していました。
梶口直し

鱧鍋に水菜・松茸・鱧の卵の餡かけ
中国産の松茸でしたが、香りは充分ありました。
梶鱧 (2)

鮑・枝豆の炊き込みご飯・渡り蟹で出汁を取った赤出汁、香の物。
炊き込みご飯は、少しばかり味が濃く感じましたが、なかなかの味でした。
赤出汁は予想外に腑抜けた味でした。
梶ご飯

水菓子
巨峰・バニラアイス・ラベンダーのムースと巨峰のジュレ。
ラベンダーはともすれば香料臭くなりやすいのですが、ちょうどよい香りでした。
バニラアイスともども美味しい水菓子でした。
梶水菓子


八泉が「俺の味を食べてくれ」というなら、梶川は「客が喜んでくれるように工夫している」といった感じでしょうか。
「八泉」や「やま内」のような下拵えの凄みや味の完璧さは感じませんが、日本料理をそこそこ楽しむにはとても良い店だと思います。





焼肉 大星園

焼肉 大星園
08 /17 2011
店の前の通りはしょっちゅう車で走っていたのですが、お店に伺うのは初めてです。
大星正面

店内のテーブル席。
大星店内1

座敷は堀炬燵仕様です。
大星店内2

焼き肉は生ビールで。
大星生

キムチ
結構辛口でした。
大星キム

カクテキ
大星カク (2)

ナムル
なかなかの味です。
大星ナム

チョレギ
これも美味しい。
大星サラ

網でなく、鉄板仕様。
大星鉄板

上塩タン(二人前)
品の良い、あっさりとした味。
大星タン1

タンした(二人前)
舌の付け根の部分です。
噛むとしっかりとした味がし、これは好みでした。もう少し厚切りなら言う事無しなのですが。
大星タン2

上カルビ(二人前)
お薦めの山葵醤油、とても美味しい。
大星カル

上ロース(一人前)
塩が効きすぎでした。
大星ロー

地鳥 塩(一人前)
あっさりとした味でした。
大星鶏

こってりホルモン たれ(一人前)
これは味見していません。
大星ホル

しそご飯
最後にあっさりとした味で、口がさっぱりします。
下のご飯にタレがかけてあるので、上の紫蘇としっかりかき混ぜる必要があります。
大星紫蘇

焼き肉というと昔の「れんが家・池下店」を思い出します。タンもカルビもロースも本当に美味しかった。
現在の栄のお店は値段が安くなった分、だいぶ肉質が落ちています。記憶が美化されている可能性は否定できませんが・・・
錦の叙々苑も期待外れでした。値段を考えたらコスパ悪しという感じです。
ここは錦の叙々苑の半額ほどでした。それを考えたら、とてもコスパの良いお店だと思います。








浜源ランチ再訪

浜源ランチ再訪
08 /11 2011
歳を取るににつけ少食傾向になり、鮨を食べに行こうという意欲が減ってきました。
余分なご飯が付属しているより、刺身だけの方が良いと。
しかしここ浜源は好みの味なのでしょうか、また行きたいと思ったお店でした。
ブログをやっていると、鮨屋さんでは料理写真を撮り辛いので夜のカウンターは二の足を踏んでしまいます。
ここは前回訪問でも写真を撮ることに気安く許可してくれたので、客の少ないランチ時に再訪しました。

剣先烏賊
少し生臭さを感じ、オヤっと思ったのですが・・・
浜烏賊

アズキマス
身はとても甘く、期待していた浜源の味でした。
浜アズキマス


中トロでしょうか、脂の臭みもなく品の良い味でした。
浜鮪

鮪のカマ
美味しいところですね。
浜カマ

ミル貝
とても甘く、感激でした。
ほんの少し火をとおしてあるそうです。
浜ミル貝

海老
とても甘く美味しかった。
浜海老 (2)


とても美味しく、伊豆山の蓬莱旅館を思い出しました。
鯵もピンからキリまであります。
浜鯵

坂手島のウニ。
丸喜さんでも坂手島~安乗のウニを勧められますが、北海道のバフンウニのほうが好みです。
浜雲丹

しゃこ
これは普通の味。
浜しゃこ

穴子
蒸し穴子です。
浜穴子

吸物
中味は平目。
鮨屋さんの出汁は美味しい。
浜吸物

鮪の中落ち
本当に美味しい鉄火巻きでした。
浜鉄火

やっぱりここの味は好みです。
若大将の接客も素晴らしい。
写真を諦めても、夜に食べに来たいな。



あびたろう

FC2ブログへようこそ!