イル・パリアッチョ 再訪

イル・パリアッチョ 再訪
05 /26 2011
相変わらずわかり難い場所にありますし、店の外は殺風景です。
本当にここなの? って思ってしまいます。
パリ外観

正面のドアが入り口です。
パリ入り口

一歩店内に入ると、なかなか素敵な雰囲気です。
パリ室内

口取り
揚げパスタは塩味がちょうど良く、とても美味しかった。
パリ1

スプマンテはカ・デル・ボスコ
パリ2

アンチパスト
フルーツトマト・モッツァレラチーズで、カプレーゼのバリエーション。
スープ状のものはガスパッチョ。上にかかっているのは、パルメジャーニチーズ。
次に期待を持つ味でした。
パリアンチ

自家製パン
なかなか美味しかったのですが、前回の丸くもっちりとしたパンが無かったのが残念でした。
オリーブオイルは香りがあって、とても美味しかった。
パリパン1

プリモ・ピアット
宮崎県産スイートコーンを使ったコーンスープ。
自然な甘みが素晴らしく、凄く美味しかった。
上にかかっているのが甘草のパウダーとオリーブオイル。
パリスープ1

白ワインも、カ・デル・ボスコ
パリ白ワイン

パスタは選択
私が選んだウインナソーセージの中味を使ったホウレン草のトルテリーニ。
味は、まあまあでした。
パリパスタ3

相方が選んだホウレン草のパスタ。
浅利の塩味が少しきつかったようですが、サザエが美味しくまずまず満足したようです。
パリパスタ4

リゾット
せっかくの美味しいリゾット、磯臭くコリコリとりした食感の鮑があまり好みではないので少しばかり残念でした。火をとおして柔らかくなった鮑は大好物なのですが。
パリリゾット1

赤ワインはアケーロ
パリ赤

セコンド・ピアット
愛知県産黒毛和牛の炭火焼。
上に乗っている薄く切ったパルメジャーニと合わせると、とても美味しかった。
パリ肉1

ドルチェ
左からティラミス、皮付きのアーモンド、オレンジとカターニャを乗せたボローニャ風ライスケーキ。
パリドル

とても美味しいカップチーノでした。
パリカップ

全体的にあっさりとした味付けでしたが、しっかりと作ってあり我々にとって満足いくものでした。
ランチの時より満足感が高いのは、食材の良さも関係しているのでしょうか。
店の雰囲気や味に、細かなことまでこだわりを感じます。
きっと伸びていくお店だと思いました。
スポンサーサイト

魚長(伊勢若松)

魚長(伊勢若松)
05 /22 2011
穴子と言えば江戸前、特に羽田沖が有名ですが、木曽三川が流れ込む伊勢湾の穴子も、それに劣らず有数の産地でした。伊勢若松は江戸時代から穴子漁が続いていますが、最近は「のれそれ」という穴子の稚魚を食べることが増え、穴子の漁獲高が激減しているそうです。
魚長全景

店内に入ると生け簀が目に飛び込みます。穴子です。
魚長生簀1

他の魚もいました。
魚長生簀2

カウンター、小上がりの他に、二階に座敷があります。
魚長店内

穴子天ぷら定食。
魚長天穴1

滅茶苦茶大きい天ぷらでした。
でもくどくなく美味しかった。
赤出汁の味は不満。
魚長天穴2

相方が注文した、穴子まぶし定食。
魚長まぶし1

タレが濃すぎたそうです。
魚長まぶし2

穴子にぎり。
まあまあといったところでしょうか。
魚長鮨

穴子巻玉子
こくのある玉子焼きで、とても美味しかった。
魚長卵

久し振りの訪問ですが、少し期待外れでした。
記憶の中で評価しすぎていたのでしょうか。

天むす「千寿」 (津)

天むす「千寿」 (津)
05 /22 2011
大好きな画家の個展があるというとで、津にある三重県立美術館へ行ってきました。
というのは表向きのことで、本当はこれを機に久し振りに訪れたい料理屋さんが二軒ほどあったためでした。
美術館1

名古屋名物のひとつに「天むす」があります。しかし「元祖天むす」は三重県の津で生まれました。
私が初めて津の天むすを食べたのは40年ほど前のことでした。知人が買ってきてくれた天むす、その美味しさは今でも覚えています。
その後三重県の南部に観光で訪れた時など、帰りによく立ち寄ったものでした。
名古屋の天むすがオープンした時は、津から技術指導という名目で手伝いに来ていたそうです。しかし開店後数年して方針の違いが明らかになり、関係を絶ち津へ戻ったとのことです。
数年前に津のお店でその話を聞き、名古屋の天むすと食べ比べてみました。その時、味の違いに気が付きました。今回、その違いを確認したいということもあり訪れました。
天むす正面

これが商標です。「めいぶつ」でなく「めいふつ」というところが面白い。
天むす商標

ご飯に味が付いています。そのため出来立てを食べる時は津のお店の方が美味しいと思います。しかし冷えると、その味がくどくなり癖を感じます。
一方、名古屋の天むすはご飯の味が薄いため、冷えても味が変わりません。
お店で味わうなら、津の天むす。お土産に買うなら、名古屋の天むす。
これが私の考えです。
天むす1

なかなか美味しい赤出汁でした。
天むす2

鉄板焼さざんか(名古屋)

鉄板焼さざんか(名古屋)
05 /18 2011
ホテルオークラレストラン名古屋の鉄板焼き「さざんか」です。
テレピアの15階にあります。
さざんか店内 (2)

15階から東方面の眺め。
さざんか眺め1

南方面の眺め。
真ん中に見えるのは東急ホテルです。
さざんか眺め2

まずはシャンパン。
ドメーヌ・エリック・ロデズ
なかなか美味しいシャンパンでした。
さざんかシャンパン

アミューズ
稚鮎のマリネ。
少しばかり生臭さを感じました。
さざんか口取り

付け合わせに使う野菜。
ベビーコーン・黄色いズッキーニ・野生のアスパラガス・筍・赤い万願寺とうがらし
さざんか野菜

帆立
さざんか帆立

帆立の上にのっているのはチーズのガレット。
これがまた美味しかった。帆立と相性がピッタリ。
ベビーコーンもとても美味しい。
さざんか帆立2

白ワイン
サン・ベレイ・ブラン
少し気の抜けたような味でした。
さざんか白ワイン


さざんか鰆

ソースがとても美味しく、さっぱりとした鰆の味を引き立てていました。
さざんか鰆2

舌平目
さざんか舌平目

これもソースがとても美味しい。
焼いたパンに浸み込ませて食べるのもなかなかのものでした。
さざんか舌平目2


ヒマラヤの岩塩
黒い方は少し硫黄の香りがしました。酒のつまみにもできます。
さざんか塩

もとの塊です。
さざんか岩塩

赤ワイン
メテリー・デュ・クロ
さざんか赤ワイン


さざんか赤ワイン瓶

黒毛和牛のヒレ
最近はロースよりもサシの豊富なヒレの方が好みです。
さざんか肉

ミディアムもなかなか美味しいものです。
さざんか肉2

赤ワイン
ラ・ドモワゼル・ソシアンド・マレ
さざんか赤ワイン2

とても美味しいガーリックライスでした。
和食の店と思えるほど、しっかりした味の赤出汁。
香の物もなかなかの味。
さざんかご飯

お代わりをしてしまいました。
さざんかお鉢

ほうじ茶も美味しい。
さざんかほうじ茶

デザートはバー・コーナーに移動します。
さざんかバー

アイスクリーム・プリン・ゼリーからの選択です。
さっぱりとして美味しいアイスクリーム。しっかりとしたレストランの味でした。
さざんかアイス

相方が選んだ苺のゼリー。とても美味しかったと言っていました。
さざんかゼリー

ここの鉄板焼きは15年ぶりですが、記憶にある味とはだいぶ違っていました。
アミューズ以外は予想外に美味しい味でした。満足でした。

kitchen NOMU 再訪

kitchen NOMU 再訪
05 /15 2011
雑用で忙しく相方が夕食を作る暇が無かったので、気楽に行ってきました。
お勧めメニュー
焼とんかつと激しく迷いましたが、お勧めを優先しました。
NOMU再訪1

おつまみに頼んだウインナー。
まずまずの味でした。
NOMU再訪2

茄子のチーズ焼。
これもまずまず。
NOMU再訪3

例によって海藻サラダ。
女性は大好物でしょう。
NOMU再訪4

コーンスープはそれなりの味。
NOMU再訪5

豚バラ肉のトマト煮込み
これは失敗でした。
トマトソースにコクがありませんでした。
NOMU再訪6


NOMU再訪7

相方が選んだメンチカツ
私も味みしましたが、なかなか美味しかった。
NOMU再訪8

ここのトンカツソースは美味しいので、トンカツやコロッケ類などトンカツソースをつける品を選ぶ方が良いと思います。
次回は、焼とんかつに挑戦。
NOMU再訪9

あびたろう

FC2ブログへようこそ!