山味庵 (たてしな藍)

山味庵(たてしな藍)
08 /31 2010
「たてしな藍」の食事処「山味庵」の外来客用の玄関です。
藍建物

藍献立

食中酒は、真澄 純米大吟醸「山花」。
さっぱりとして飲みやすい酒でした。
藍酒

食前酒の梅酒。
藍食前酒

はっきりしない味付けで不満でした。
藍先付

作り置きの感じ。
ただ、茄子だけは美味しかったです。
藍前菜

格調は高くないものの、まずまずの椀物。
藍吸物

新鮮で美味しかった。
藍造里

定番の角煮。
以前は鹿児島の豚を使用していましたが、最近は長野県産の豚のレベルが上がったので、地元産を使用しているとのこと。
しかし残念ながら、以前の角煮のほうが美味しかったように思いました。
藍角煮

なかなか美味しい山女魚でした。
藍焼魚

優しい味付け上品なみぞれあんで、とても美味しかった。
「たてしな藍」らしい味付けだと思います。
藍小茶碗

流石、野菜は美味しい。
塩だけで十分美味しかった。
藍夏野菜

これも優しい味付けで美味しい。
藍煮物

枝豆ご飯もなかなかの味。
藍御飯

冷やし汁にはがっかり。
藍汁

香の物は美味しい。
藍付け物

桃が美味しい季節のせいでしょうか、満足でした。
藍水菓子
ここの料理は、味付けが全体に優しく、女性好みと言えると思います。


同行者に幼児がいたので、「お子様用」です。
結構充実していました。
藍子供1

藍子供2

中身は湯葉。
藍子供3

藍子供4

藍子供5
スポンサーサイト

ティーガーデン (蓼科ホテル・ハイジ)

ティーガーデン(ホテル・ハイジ)
08 /30 2010
ホテルハイジのカフェです。
最初に訪れたのは25年程前になるでしょうか、雰囲気が素晴らしいので、蓼科へ来ると時々訪れます。
ハイジティーガーデン

良く手入れされた翠の芝生と、白樺の樹々が素晴らしい。
ハイジティーガーデン1

テーブル席からの眺めです。
ハイジガーデン

ハイジメニュー

洋梨のタルト
ハイジ洋梨

アプリコットのタルト
ハイジアプリコット

レアチーズケーキ
ハイジチーズ (2)

手作りアイスクリーム
全体的に感激するほどの味ではないのですが、雰囲気で補って余りあります。
ハイジアイス

コーヒー
ハイジコーヒー

お代わりのポット
ハイジポット

良く手入れされたウインドウボックスのお花。
ここは、まさに山スイスです。
ハイジ花



蓼科 みつ蔵 (蕎麦)

蓼科みつ蔵(蕎麦)
08 /30 2010
数年前に蓼科を訪れた時に、宿の主人から勧められたお店です。
みつ看板

駐車場には所狭しと車が停まっていました。
みつ全景

建物の内外に順番を待つ客が溢れていました。
我々は16番目ということで、一旦、近くの野菜直売所へ野菜や果物を仕入れに向かいました。
40分ほどで戻ると、6番目になっていました。しかし待ち時間の長さゆえにギブアップした客も多いようで、実際には3番目に繰り上がっていました。
最終的には1時間待ちといったところでした。
みつ行列

厨房では男性の料理人が二人、洗い場とホールを兼ねた女性スタッフが二人、忙しく働いていました。
みつ厨房

店内は、テーブル席が三つ、相席可能な大きめのテーブルガある座敷が一つです。
みつ店内

名物のひとつ、卵焼きです。
みつ卵

「二色そば(ひとつは定番、ひとつは変わりそば)」も名物なのですが売り切れでした。
この季節の変わりそばは青じそ、前回とても美味しかったので残念です。
仕方なく「せいろそば」を注文しました。
みつ蕎麦

一枚食べ終わる頃に次が持ってこられます。
みつ蕎麦1

香りはいまひとつですが、腰があり、なかなか美味しいと思います。
みつ蕎麦」拡大

そば湯です。たっぷりと入っています。
みつ蕎麦湯


八泉 精進料理

八泉精進料理
08 /21 2010
毎年8月は精進料理です。
ここの精進料理は永平寺に見られるようなものではなく、黄檗山萬福寺で有名な普茶料理といいます。
活けてあるお花は、秋の風情でした。
八泉精進花

酒は立山。
八泉精酒

枝豆の摺り流し
枝豆・豆乳・昆布出汁・じゅんさい
完璧な品の良さです。
器は特注とのことです。
八泉精進摺流し

胡麻豆腐、皮を剥いた胡麻から作る、もっちり感は葛で。
ほのかな胡麻の香り、これも素晴らしく品が良い。
八泉精進豆腐

雲片、普茶料理の代表料理です。
椎茸・蓮根・百合根・枝豆・人参・松の実などを葛でとろみをつけた野菜煮です。
完璧な味でした。
八泉精進雲片

飛龍頭・冬瓜・椎茸
飛龍頭の名前の由来も教えて貰いました。
椎茸は抜群の味でした。
八泉精進飛龍頭

八寸
梅の蜜煮・里芋のマッシュポテト様揚げ物生姜風味・柚子皮甘煮の揚げ物・高野豆腐・蒟蒻の胡麻酢和え・蓮根・味噌味の炒り大豆・白芋茎鮨・胡瓜揉み
皿はバカラです。
八泉精進八寸

普茶料理ではあまりにも有名な鰻蒲焼もどき・きぬかつぎ
きぬかつぎは皮も食べることができました。
八泉精進蒲焼

鰻の皮は湯葉と海苔、身はおろした山芋からできています。
八泉精進蒲焼断面

菊の花の酢の物
八泉精進酢の物

青紫蘇ご飯
アルデンテはあまり好きではないのですが、とても美味しくお代わりをしてしまいました。
八泉精進ご飯

香の物
八泉精進香の物

マンゴージュレ
いつもながら、とても品の良い甘さです。
八泉精進水菓子

名古屋の和食で至福の時間を与えてくれるお店は、ここ以外に知りません。


とんかつ オゼキ

とんかつオゼキ
08 /16 2010
今から30年近く昔のことですが、名古屋のトンカツといえば錦3にあった八千代本店が全盛でした。
当時は本店と、あちこちにあった分店(住吉町・竹腰・山手通等々)に行ったものでした。
しばらくして中村区での仕事が多くなった時、初めて「オゼキ」に連れて行ってもらいました。
びっくりしました。「こんなトンカツがあるのか!」と。
それからやみつきになりました。

その後、中村区での仕事を離れると、自宅から40分以上かかるため、おいそれと通うことができなくなりました。
名古屋の東部で美味しいトンカツの店はないかと、あちこちの店を食べ回りました。
千種区・守山区・名東区・緑区と、何軒もまわりましたが満足できる店はみつかりませんでした。
千種区にも焼きトンカツの店がありましたが、遠く及ばない味でした。

現在でも年に一度くらいは往復90分かけて食べに行っています。
オゼキ正面

店内はいつも賑わっています。とても活気がある店です。
オゼキ店内

これは「とんかつ定食」です。
肉自体の味は普通ですが、オーブンで焼いた衣・ソース、そしてこの店特製のマヨネーズが混然一体となった美味しさを醸し出すのです。
オゼキとんかつ

相方が頼んだ「ひれかつ定食」ですが、私の好みとしてはロースの脂があるほうが、ソースやマヨネーズに馴染むような気がします。
オゼキひれかつ

ポテトサラダも美味しいので、いつも追加注文します。(定食にも少し付いています)
「カニクリームコロッケ」や「ドリア」も、なかなかものです。
オゼキポテトサラダ

残念ながら、ご飯はかためで美味しくない。
オゼキご飯

味噌汁も「煮干し出汁」のような味で、やはり美味しくない。
オゼキ味噌汁

「とんかつ」以外は昔ながらの感覚なのでしょうか、不満を感じます。
オゼキ漬物

食事を終えて外に出たのは6時半くらいでしたが、店内に3~4組、外にはこれだけの客が待っていました。
オゼキ行列

あびたろう

FC2ブログへようこそ!