アロマフレスカ名古屋

アロマフレスカ名古屋
04 /30 2010
東京のイタリア料理の名店、アロマフレスカの名古屋店。
名古屋の老舗デパート松坂屋本店のレストラン街にその店があります。
フレスカ正面


案内された部屋は、2~3のテーブル席で仕切ってあり、落ち着いた雰囲気となっていました。
フレスカ個室


(スプマンテ)
プロセッコ・コネリャーノ・ヴァルドビアーデネ
爽やかでフルーティな、やや辛口の味わいでした。
フレスカ スプマンテ



メニューにはいくつかのコースが記されてありましたが、詳しい内容がわかるものは最も安い「シェフおすすめコース」のみであり、店側の意思を感じました。
フレスカメニュー



少しばかり生臭いサヨリでした。
以前、東京のアロマクラシコで食べた「渡り蟹のパスタ」、蟹臭かった記憶があります。
海産物の臭いが特徴なのか、無関心なのか、いずれにせよ我々には不満でした。
フレスカ さより


蛍烏賊も生臭かったのですが、これは本来そういう食材だと思うので、さほど不満は感じませんでした。
インカの目覚め、初めて食べた頃は感激しましたが、最近はどこにでもあるありふれた食材となってしまっているようです。飽きてきました。
フレスカ 蛍烏賊


(パン)
温かいうちは美味しかったのですが、残念ながら冷めると残してしまいました。
フレスカ パン


(白ワイン)
アロイス・ラゲーデル
さほど熟成した感じはなかった。
フレスカ 白ワイン


桜海老の香りが心地良く、美味しいスパゲッティでした。
フレスカ パスタ


右上に僅かに見えているマジョラム、強烈な匂いでした。
口の中がいっぺんにトイレの芳香剤で充満される感じ。
フレスカ パスタ2


柑橘系のソルベ
これも強烈な香りでした。
フレスカ ソルベ


(赤ワイン)
キャンティ・クラシコ・ サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ
思ったほど深みの無いワインでした。
フレスカ 赤ワイン


(肉)
桜肉というものの、香りが無く、何の肉か不明でした。
しかし焼き方は絶妙。
フレスカ 肉


(魚)
メインは選択制になっています。相方が選んだオマール海老。
なかなか美味しかったそうです。
フレスカ 魚2


(ドルチェ)
選択制
私が選んだラム酒でマリネしたドライフルーツとゴルゴンゾーラ
当たり障りのない味でした。
フレスカ ドルチェ1


相方が選んだキャラメルのババロア アロマフレスカ風
フレスカ ドルチェ2


飲みやすいカップチーノでした。
フレスカ カップチーノ (3)


生チョコレートと木苺のコラボレーションはヒット。
最後は大満足でした。
フレスカ 小菓子


全体的にとりたてて不満はないものの、さして感激もないといった感じでした。
スポンサーサイト

東家 わんこそば (盛岡)

東家わんこそば(盛岡)
04 /30 2010
盛岡へ行ったら、やはり「わんこそば」でしょう。なかでも有名なお店が「東家」。本店を予約しようと思ったのですがが、電話時、既に満席であったので駅前店になりました。
雨の中を移動するくらいなら、駅前店のほうが結果的には都合が良かったようです。
東家 正面ブログ

おおよそ四人の客を一人のスタッフが受け持っているようです。
「どんどん」とか「じゃんじゃん」の掛け声で注いでいきます。
東家 店内ブログ

コースに付いている「鮪の刺身」。
東家 刺身ブログ

なめこおろし
東家 なめこおろしブログ

とりそぼろ
東家 鶏そぼろブログ

野菜の郷土料理でしょうか、一見漬物のようでした。
東家 野菜ブログ

浅漬
東家 漬物ブログ

そばの薬味です。この下がそばを注ぐお椀。
東家 薬味ブログ

これは私が食べた分。
東家 椀ブログ

証明書をくれます。
東家 証明書ブログ

デザートはグレープフルーツ。
東家 デザートブログ

正直、あまり美味しい蕎麦ではありませんでした。
「話のタネ」でしょう。


むら咲 (角館)

むら咲(角館)
04 /28 2010
地元の人から勧められたお店です。
むら咲 外観 ブログ

雑然とした雰囲気の店内。
むら咲 店内 ブログ

比内地鶏の炭火焼
皮が香ばしく、とても美味しかった。
肉はかためなのですが、名古屋コーチンのような鶏臭さがなく、噛めば噛むほど味がでるといった感じです。
むら咲 鶏 ブログ

燻したタクアンの「いぶりがっこ」
これも美味しく、この店の製造ということで買い求めました。
むら咲 がっこ ブログ

山菜稲庭うどん
出汁加減が素晴らしい。 優しい味で、鰹と昆布の加減が好みにぴったりでした。
むら咲 稲庭うどん ブログ

本来の目的の桜には出会えませんでしたが、この店に出会えたことは収穫でした。

無限堂 (秋田)

無限堂(秋田)
04 /28 2010
秋田の中心街のある無限堂という郷土料理の店。
無限堂外観ブログ

店内はレトロな雰囲気でした。
無限堂店内1ブログ

無限堂店内2ブログ

比内地鶏の親子丼を注文。
無限堂セットブログ

本当に美味しい親子丼でした。
ただスープはやたら塩辛かったのが残念でした。
無限堂親子丼1ブログ

比内地鶏の大ファンになりました。
帰りの秋田空港で比内地鶏の真空パックを買い求めました。
二つの会社のものがありましたが、二つとも買いました。
塩焼きと親子丼にしましたが、両方とも美味しかったです。


かわ村

かわ村
04 /20 2010
あの「八泉」の隣りにある店です。
以前より気になっていたのですが、いろんなブログ等で高評価されていることもあり、今回訪れました。
かわ正面1ブログ

日曜日ということもあり、「八泉」はシャッターが下りていました。
かわ正面ブログ

6席ほどのカウンター席と、向こう側奥に4~6人用の個室があります。
かわカウンターブログ

食前酒にスプマンテ 
フランチャコルタ・マイオリーニというロンバルディアのスパークリングワイン。
少しばかりコクを感じ、なかなか美味しい
かわスプマンテ1瓶ブログかわスプマンテ1ブログ (2)


もがれいのカルパッチョ
上は、ドライトマトと芽紫蘇
下は、塩わかめと実山椒
もがれいが少し生臭かったですが、ドライトマトとは良く合っていました。
かわカルパッチョブログ

白ワイン
シクヌス・ピガートと相方にカ・オロロジオ・サラローラを勧めてくれました。
シクヌスは少し酸味の効いた軽いワイン。
サラローラはマスカットの香りのする爽やかなワイン。
かわ白ワイン2瓶ブログ かわ白ワイン3瓶ブログ

かわ白ワインブログ

蓮根のポルペッティーノ  甘エビと山菜のソース 桜の香り
パンチがありませんが腑抜けた味ではなく、優しい味付けだと思いました。
かわポルペッティーノブログ

桜鯛のガルム焼き ホタルイカのソース 糸海苔
ホタルイカの風味の良く効いたソース
かわ桜鯛ブログ

ツブ貝とえんどう豆のタリオリーニ カラスミを削って 花穂じそ
えんどう豆の爽やかさが良く出ており、わかりやすい味で美味しかった。
かわタリオリーニブログ

クビア・シチリア
少し深みを感じる白ワイン。
かわ白ワイン4ブログかわ白ワイン5ブログ

茗荷と生姜の焼きリゾット 燻した鰹 フォアグラ レホール バルサミコソース
リゾットというより、おこげの部分もあり、焼きおにぎりのお茶漬けといった感じ。
フォアグラの風味が良く合っていました。
かわリゾットブログ

この段階でパンがでてきました。
残念ながらオリーブオイルはなかったです。
かわパンブログ

口直しのオレンジシャーベット
かわグラニテブログ

赤ワイン
アリアニコ カンパーニャ
とりたてて特徴のないワイン。
かわ赤ワイン瓶2ブログかわ赤ワイン2ブログ

メインは選択
私が選んだ、小羊 筍
筍がとても美味しく、子羊は癖の無い味でした。
かわメイン1ブログ1

相方が選んだ、桜鱒 グレープフルーツと熟成バルサミコのソース フロマージュブランとからし菜のサラダ
かわメイン2ブログ

抹茶のブリュレとサワークリームのジェラート
ジェラートは香りも良く、とても美味しかった。
かわドルチェブログ

カップチーノの味は普通。
かわコーヒー1ブログ

従来のイタリアンとは趣の違った、「和風イタリアン」と言ってよいのではないでしょうか。
新しいジャンルの料理という気もします。
あっさりとした料理が好みの我々には、とても魅力的でした。
料理人のセンスを感じる料理。
気分転換に時折訪れるのも良いかもしれません。

あびたろう

FC2ブログへようこそ!