シャモニー (白馬東急ホテル)

シャモニー(白馬東急)
08 /30 2009
メインダイニング「シャモニー」。
1階の宴会場でディナービュッフェも開いていたので、子供連れの客はそちらに流れたのでしょう。ここの客は少なめでした。
白馬室内ブログ

室内は、山岳リゾートという雰囲気です。
白馬室内2ブログ

オープンまで時間があったので隣のバーで食前酒を飲みました。
シャンパンは、モエ・エ・シャンドン。
白馬シャンパンブログ

いろんなコースメニューがありますが、選んだのは「リンドウコース」。
白馬メニューブログ

ワインは白・赤ともに長野県産。
最近は、国産ワインがあればできるだけ選ぶようにしています。
白馬白ワインブログ


白馬ヤリイカブログ


白馬パンブログ


白馬スープブログ


白馬フォアグラブログ


白馬ソルベブログ


白馬赤ワインブログ


白馬肉ブログ


白馬サラダブログ

テーブルサイドにきて作ってくれます。
白馬シェフブログ


白馬クレープブログ


白馬コーヒーブログ

どの料理にも不満を感じることはありませんでした。
総じて食べやすく、万人受けする味だと思います。
特徴のない味と言えなそうなのですが、まずまず美味しかった。
リゾートホテルの味は、どこも同じ考えで調理されているのかもしれません。


スポンサーサイト

ホテル樅の木(白馬)

ホテル樅の木(白馬)
08 /27 2009
かつてスキーが盛んだった時代、八方尾根を代表するトレンディな宿が「白馬東急」と「ペンション樅の木」でした。
25年振りの訪れです。
記憶とは違った建物になっていました。
長野オリンピックの時に新設したそうです。
白馬全景 (2)

テラス席です。
白馬テラス

「高原野菜の冷たいパスタ」
あっさりとしていたが、とても美味しかった。
白馬パスタ

ジンジャエール
白馬ジンジャ


白馬コーヒー

これが昔の「ペンション樅の木」の建物です。
夏季限定イタリアンレストランとなっているということなので楽しみにして来たのですが、残念ながら休業日でした。
白馬昔

ラ・メール再訪 (志摩観ベイスイート)

ラ・メール再訪(ベイスイート)
08 /18 2009
薄暮の眺めは、とても素晴らしい。
暗くなってしまうと、味も素っ気もなくなってしまいます。
食前酒はグラスシャンパン。
ベイ2シャンパンブログ

相方はキールロワイヤル。
ベイ2キールブログ


ベイ2メニューブログ

「野菜のスティック、鮑の肝ディップ」
肝が駄目な相方にはマヨネーズがついていましたが、それがまた美味しかった。
ベイ2野菜ブログ

「アミューズ・ブーシェ」
穴子のフライ、花ズッキーニのフライ、ズッキーニのフラン
ベイ2アミューズブログ


ベイ2パンブログ

白ワインは、シャサーニュ・モンラッシェ
ベイ2白ワインブログ

「伊勢志摩の海の幸と旬野菜 トマトの魅力をいろいろな形で」
ベイ2オードブルブログ


「伊勢海老と鮑の冷製スープ」
ベイ2スープ22ブログ

目の前で、エスプーマしたクリームソースをかけてくれます。
それをかき混ぜて食べるのですが、最高に美味しかった。
ベイ2スープ3ブログ

相方が選んだ、「伊勢海老クリームスープ “ベイ・スイート”」
私の冷製スープのほうがずっと美味しい。これは相方との一致した感想。
ベイ2スープブログ

「伊勢海老のソテー ヴェルモットとアメリカンの2種類のソース カダイフのチュイル添え」
上に乗っているのは、トルコ産パスタ。食感を楽しむためだと説明でした。
伊勢海老はプリプリしていてとても美味しかった。
ベイ2海老ブログ

「グラニテ」
ローズとジャスミンのフレーバー
ベイ2グラニテブログ

「黒鮑ステーキ 潮の香りをまとわせて 青海苔のニョッキ添え」
鮑のステーキはブールノワゼットソースのほうが美味しいと思います。
相方は、次はブールノワゼットにすると言っていますが、私はいろいろと挑戦してみようと考えています。
ベイ2鮑ブログ


ベイ2デザートメニューブログ

私が選んだ「エキゾティックフルーツとココナッツのアイスクリーム」
ベイ2デザート2ブログ

相方が選んだ「パイナップルの軽いクリーム 季節のフルーツゼリー寄せ」
ベイ2デザートブログ


ベイ2小菓子ブログ


ベイ2コーヒーブログ

今回の夕食は夏ということもあるのでしょうか、わりとあっさりしていて軽めの料理でした。コクという点で少しもの足りないものの、それはそれなりにとても美味しい夕食だったと思います。


寿司「レラ」 (ヒルトン・ニセコ)

寿司「レラ」(ヒルトンニセコ)
08 /02 2009
ヒルトン・ニセコの外観です。
ニセコ外観ブログ

寿司「レラ」。
隣りの「日本料理シサム」に寿司会席コースでもあるのでしょうか、寿司職人達は大忙しでした。
ニセコ店内ブログ

神威岬で汗びっしょりになり、ホテルに着いて温泉に浸かって異常に喉が渇きました。 考えてみれば、汗をかいた後の水分摂取がなかったようです。
北海道限定の生ビール、最高に旨かった。
突出しは、豆乳豆腐。
ニセコビールブログ

その後の酒は、「男山・大吟醸」。 昨夜の「純米」より澄み切っていました。
ニセコ酒ブログ

コースは「おまかせ」。
最初は「造り」。
やはり鮮度が良い。甘みもほどほどにありました。
ニセコ刺身ブログ

「鮪」と「もみじおろし」の和え物。
葱の風味と相まって、なかなかの味でした。
ニセコ葱トロブログ

「北海道産水だこ」と「胡瓜・梅紫蘇・胡麻」を合えたもの。
とても美味しく、家でも作ってみたいと思った料理でした。
ニセコ胡瓜和えブログ

鮨屋定番の「ゲソの塩焼き」。
やはり産地。最高に美味しかった。
ニセコゲソブログ

「握り」にはいります。
やはり北海道、「シャリ」は薄味。 北海道独特の、この薄味加減がなんともいえません。
「玉子」
「玉子」は「すり身」を用いるタイプでなく出汁巻きでした。このほうが好みです。 
ニセコ玉子ブログ

「そい」
ニセコ ソイ ブログ

「とり貝」
ニセコとり貝ブログ

「醤油付けイクラ」 
ニセコいくらブログ

「キンメの炙り」 。
キンメや大トロのような脂ぎったネタは、炙りのほうが好みになってきました。
ニセコ キンメ炙り ブログ

「つぶ貝」
ニセコ つぶ貝 ブログ

「明礬を使っていないウニ」
ニセコ雲丹ブログ

「ぼたん海老」
ニセコ海老2ブログ

「玉子焼き」
ニセコ玉子のみブログ

「ぼたん海老の味噌」
玉子焼きで最後にしようと思ったのですが、サービスでした。
ニセコ海老みそブログ

「北海道で鮨」は、最も失敗が少ないと思います。



あびたろう

FC2ブログへようこそ!