ラ・メール(ベイスイート)

ラ・メール(ベイスイート)
12 /28 2008
海の幸フランス料理で有名な志摩観光ホテル。
最近、新しくできた「ベイスイート」です。
志摩正面ブログ

中庭から見た建物。
最上階のカーテンが掛かったスペースがメインダイニング「ラ・メール」です。
志摩外観 ブログ

ラ・メールの入り口。
入って右手がバーコーナー、左手がレストラン。
ラメール正面ブログ

店内です。素敵な雰囲気。
ラメール席ブログ

ラメールメニューブログ

グラスシャンパン
志摩シャンパン ブログ

野菜のステキックと鮑の胆のディップ。
志摩野菜スティック ブログ


志摩アミューズブログ 2

前菜の海の幸。
これは素晴らしく美味しかった。感激の味でした。
志摩前菜ブログ1

横から見たものです。
志摩前菜ブログ2

パンの味もまずまず。
しかし自家製ではないようです。
志摩パンブログ

海の幸のコースということで、アルザスの白をフルボトルで頼みました。
マスカットの風味のするワインでした
志摩白ワイン瓶ブログ

スープです。
思ったよりも優しい味でした。
志摩スープブログ

リゾット
これも滅茶苦茶美味しかった。
志摩リゾット ブログ


志摩ソルベ ブログ

今回の目的、黒鮑のステーキ。
ブール・ノワゼットに差し替えました。
鮑の柔らかさ、焦しバターソースの味、大満足でした。
志摩鮑ブログ

付け合わせの野菜です。
志摩付け合わせブログ

デザートは数種類から選べます。
私の選択。
志摩デザート1ブログ

相方の選択。
両者とも、重くなくて良いですね。
志摩デザート2ブログ

小菓子もなかなか美味しい。
志摩小菓子ブログ


志摩コーヒーブログ

この様な出し方は、美味しく感じます。
志摩コーヒー2ブログ
本当に美味しい夕食でした。
年に一回は、食べに行きたいものです。



スポンサーサイト

古今青柳

古今青柳
12 /26 2008
徳島県鳴門にあるなるとパークヒルズ、ホテル・リッジとともに「古今青柳」はあります。
ホテル・リッジ図面 ブログ2

右下に見える建物群がホテル・リッジ、左下の建物が古今青柳です。
右上には鳴門大橋が見えます。
ホテル・リッジ全景 ブログ

ホテル・リッジに宿泊すると予約時間にはリムジンが迎えに来てくれます。
kokinn.jpg

個室ですが、和室にテーブル仕様となっていました。
青柳部屋ブログ

(酒)
青柳オリジナルの「錦風」
口当たりの良い、あっさりとした酒で、料理の邪魔をしない酒でした。
青柳酒ブログ


青柳献立 ブログ


(くず湯)
なかなか美味しく、後へ期待を倍加させました。
青柳葛湯ブログ

(先附)
それなりの味。
青柳口取りブログ

(八寸)
手の込んだ料理でした。ひとつひとつ、しっかり作ってあると思います。
味のほうは、まあまあといったところでしょうか。
青柳八寸ブログ

(椀)
鰹主体の出汁。お椀はともかく、進上が甘く美味しかったですね。
青柳お椀ブログ

(造り)
鯛は箸でつまんだだけで弾力を感じました。イカは甘く美味しかったです。
青柳造りブログ

お酒の「あて」にと出された、「鯛の細切・ちり酢」
これがとても美味しく、鯛の造りよりもずっと感激しました。
青柳小鉢ブログ

(寿司)
それなりの味とでも。名古屋には、ずっと美味しい穴子寿司を出してくれるお店があります。
青柳アナゴブログ

(焼き物)
鯛そのものの味よりも、塩加減が抜群でした。
青柳鯛兜ブログ

鯛の鯛。仲居さんがきれいに洗ってラッピングしてくれましたた。
青柳鯛の鯛ブログ

(炊合せ)
ここでの海老芋は腹にこたえました。
味が濃いせいもあると思います。
青柳焚き合わせブログ

(ご飯)
味は良いのですが、胡麻ダレがくどく感じました。
青柳鯛茶ずけブログ


青柳漬物ブログ

(水菓子)
甘さが不足していました。
青柳果物ブログ


青柳デザートブログ


全体的に美味しいと思うのですが、美味しいものを食べた幸せ感はなかったですね。
まったり、ほっこりという味ではありませんでした。
味の濃さは、関東好みの味でしょう。「ハレ」の味と言ってもよいかもしれません。
京料理を好む向きには、わざわざ出かけていく価値はないかもしれません。
素材はまずまず良いのですが、それ以上に、お値段はもっと・・・でした。



紀州

紀州
12 /20 2008
「割烹」というか「小料理屋」というか、気楽に美味しいものを食べたいと思った時に訪れる料理屋さんです。
紀州暖簾ブログ

大女将。80歳を越えてもなお現役です。矍鑠とした雰囲気に、「いつまでもお元気で店に出てください」と思っています。
紀州大女将ブログ (2)

板長さん。とても気さくな料理人です。ここの店の味は、この人のセンスそのものかもしれません。
紀州大将ブログ

きんき・のどぐろ・鯛など、見るからに美味しそうな魚がならんでいます。
紀州ケース2ブログ

酒は「男山」。
紀州酒ブログ

料理はおまかせ。
先付け・椀物・お茶漬け・香の物・水菓子以外は、二人で食べる(一皿二人分)ようになっていました。
写真を撮ると言ったら板長が悪乗りしたのか、いろんな料理を作りだしたのです。
腹が膨らんできたら、ストップをかけるようになっています。

先付け: 烏賊の塩辛
紀州烏賊ブログ

造り: 鮪・平目・烏賊・甘海老
紀州造りブログ

八寸: 海老・数の子・田作・百合根・筍姫皮の煮こごり・トマトチーズ
紀州前菜ブログ

椀物:蕪・京人参・餅・海老・きぬさや、白味噌仕立て。
とても美味しかった。ほっこりする味でした。
紀州椀ブログ

笹鰈の一夜干
いつも変わらぬ美味しい味です。
紀州焼き魚

むつの西京焼き
このあたりは相方と二人で、つっついています。
紀州焼き魚ブログ22

若竹煮
九州産の筍とのこと。とても甘い筍でした。出汁も申し分なし。
紀州椀2ブログ

とろろ芋と雲丹の磯辺揚
ここらも、これで二人分。
紀州揚げ物ブログ

河豚の唐揚
大きい小さいで喧嘩になりそうです。
紀州ふぐブログ

アスパラガス・蟹。
料理方法は不明ですが、どこか洋風の味。
紀州アスパラブログ

御飯
名古屋コーチンの霜降りささみのお茶漬。出汁加減がちょうど良かった。
紀州ご飯ブログ

香の物
手作りで、とても美味しい。
紀州漬物ブログ

苺の甘さは、まあまあというところ。
紀州デザートブログ

ネオン街は不況で閑古鳥が鳴き出したというのに、活気溢れた賑わいを見せていました。


桃花林 名古屋

桃花林名古屋
12 /10 2008
名古屋の桃花林が年明けに移転することになりました。
30年前に「長銀ビル」から 「瀧兵(タキヒョー)ビル」 に移転、ビルのオーナーは東京海上に替わりましたが、名古屋の高層ビルの25階に居を構え名古屋の中華料理界に燦然と輝く名店でした。
桃正面ブログ


桃献立ブログ

冷菜に刺身が出たのには驚きました。
桃刺身ブログ

ここの定番のスープです。
桃スープブログ


桃ダックブログ

優しい味でした。ともすれば腑抜けに。
桃野菜ブログ


桃ナッツブログ

これも優しい味付け。
桃魚ブログ

やはりこれがないと寂しい。別注しました。
桃蟹肉ブログ

定番の五目チャーハン。
桃チャーハンブログ

ここの杏仁豆腐は本当に美味しい。上品な味です。
桃豆腐ブログ

全体的にやさしい味付けになってきていますが、昔に比べて味にパンチが無くなったように感じます。この点に不満を持つオールドファンは多いのではないでしょうか。。



長い間、慣れ親しんできた夜景も見納めです。
桃夜景1ブログ

こちら側の風景は、あまり見ることはありませんでしたが。
桃夜景2ブログ

このビルも、そのうちに取り壊されてしまいます。
桃外観ブログ



あびたろう

FC2ブログへようこそ!