すし善本店

すし善本店
10 /19 2008
円山公園横にある「すし善本店」へ行ってきました。
玄関先には年取った男衆が待ち構えており、客の名前を確認して店の中へ声をかけていました。
すし善玄関ブログ

写真撮影のためカウンターでなく小あがりを予約しておいたのですが、障子で仕切られており四畳半の洒落た個室でした。
すし善小上がりブログ

酒は「すし善オリジナル・雪の華」。飲みやすい味でした。
すし善酒ブログ

● おまかせ懐石コース … 前菜/吸物/刺身/焼物/煮物/小鉢/止椀/お寿司(6個)
私が選んだコース。
すし善前菜ブログ

すし善吸物ブログ

すし善刺身ブログ

すし善焼き魚ブログ

すし善煮物ブログ

すし善小鉢ブログ

すし善止椀

すし善寿司ブログ

すし善デザートブログ

● おすすめ料理「寿司」 … 旬のお刺身とお料理/江戸前仕込みのお寿司(10個)
相方が選んだコース。
すし善先附ブログ2

すし善刺身ブログ2

すし善焼き魚ブログ2

すし善ギンナンブログ2

すし善蟹ブログ2

すし善止椀ブログ2

すし善寿司ブログ2

すし善寿司2ブログ2

すし善デザートブログ2

寿司ネタやシャリの味、刺身や焼き魚はとても美味しいと思いました。
しかし椀物の出汁・炊き合せなどには不満が残りました。
デザートはとても美味しかったです。
止椀の味は北海道風でしたが、なかなかしっかりした味が出ていて、とても美味しかった。
応対もとても良く、いい店です。



スポンサーサイト

美山荘 昼食

美山荘昼食
10 /15 2008
美山荘母屋の玄関、左手の建物は新しくできた食事棟です。

美山荘本館ブログ


美山荘昼食献立(ブログ


定番の「あけび茶」から始まります。独特の香ばしさ、悪く言えば少しばかりいぶり臭いかも。
美山荘昼お茶ブログ

(一献)
食前酒は、「弥栄鶴(やさかづる)」、丹後の酒です。やや甘口ながら、さらりとしていて後口の良い酒でした。食中酒もこれで通しました。
美山荘昼豆ブログ

銀杏みそ朴葉焼き、大ぶりの銀杏で香りも良く、なかなかの味でした。みそは濃い味でしたが、銀杏と良く合っていました。
美山荘昼一献ブログ

栗の木を削った手作りの箸ですが、食べるのにちょっと苦労します。削った時は真直ぐだと言っていましたが
美山荘箸ブログ

(向付)
岩魚造り、癖が無くあっさりとした味でした。わさびが美味しい。
美山荘造りブログ

(汁)
白味噌仕立の椀物。一般的な京風の白味噌仕立よりも出汁(昆布味の勝った)をしっかり利かせていて、はっきりした味でした。とても美味しかった。
美山荘昼汁ブログ

(八寸)
ちょっと寂しい八寸でしたが、月見芋の胡麻団子揚や川海老は、なかなかの味でした。地玉子みそ漬や丹波黒枝豆は、味よりも話の種というところでしょうか。
美山荘昼八寸ブログ

(進肴)
焼松茸、丹波産の松茸とのこと、確かに香りも素晴らしく楽しめました。かぼすというところが、またいいですね。
美山荘昼松茸ブログ

(口取)
くるみ豆腐、もっちりとした食感は素晴らしいのですが、くるみ豆腐そのものが好みではありませんでした。
美山荘昼豆腐ブログ

(お凌ぎ)
鯖すし、酢の効かせ具合が素晴らしく、最高に美味しかった。もっと食べたいくらいでした。鯖街道の一翼を担っていただけの歴史があるのか、感激の味でしたた。
美山荘昼鮨ブログ

(土瓶蒸し)
これも丹波の松茸。中に鰻の白焼きが入っていましたが、あっさりとした臭みのない味は鱧と見まがうほど。適当に鰻の脂も出ていて、とても美味しい汁でした。これは柚子で。
美山荘昼土瓶蒸しブログ

(焼物)
子持鮎の杉板やき、杉板の香りが強すぎて鮎の美味しさを殺し気味でした。香りが付きすぎるものもどうでしょうか。これはすだち。香酸柑橘類に対するこだわりも面白い。
美山荘昼焼き魚

(箸休)
黒川茸菊菜和え、味が余りなく、ただ口をさっぱりさせるだけの品でした。
美山荘昼小鉢ブログ

(炊合)
煮物というよりも、揚物。茸類の天麩羅のあんかけでした。ここまでくると、さすがにくどいと感じました。
美山荘昼揚げ物ブログ

(御飯)
栗ごはん、これも好みでないので少し残念。
美山荘昼ご飯ブログ

(水物)
梨コンポート、洋ナシでした。和食に洋ナシは合わないような気がしました。ぼやけた味よりも、はっきりとした味のほうが、すっきりすると思うのですが。
美山荘昼果物ブログ

(菓子)
栃もち、皮の食感が素晴らしい。大量生産では絶対に味わえない美味しさです。腹が膨らんだ後でも美味しかった。
美山荘昼菓子ブログ


美山荘昼薄茶ブログ

(感想)
前回(3年4ヶ月前)とは味のベースが違っているように感じました。前回は味がとても濃く田舎風という雰囲気を強く感じたのですが、今回は少しばかり濃い味ながらも京風の雰囲気を感じました。料理人の意図の違いでしょうか。
私としては今回の方が口に合います。


美人で評判の、女将と大女将。
美山荘昼女将ブログ






レイラ (富良野リゾートオリカ)

レイラ(富良野オリカ)
10 /15 2008
富良野リゾートオリカのメインダイニング「レイラ」は、オレンジ色の建物の10階にあります。
オリカ外観ブログ

レストラン「REIRA」。レイラとはアイヌ語で「風」を意味するそうです。
照明を落としたシックな雰囲気なレストランでした。暖炉がとても良い雰囲気を醸し出していました。客は私たちを含めて5組でした。
オリカ室内ブログ

食前酒は、キールロワイヤル。
オリカ食前酒ブログ

創作キュイジーヌと銘打ったフレンチです。
オリカメニュー (2)ブログ

松茸は火をとおしたほうが香りが出るのではないでしょうか。生ではもったいないと思いました。
オリカ松茸ブログ2

パンにはバターだけでなく、オリーブオイルも用意されていました。
オリカパンブログ

フルーティな香りがよく、美味しいオリーブオイルでした。
オリカオリーブブログ


オリカリゾットブログ

エスプーマを使ったソースが流行りなのでしょうか
オリカスープブログ

カリフォルニア産の白ワイン。
オリカ白ワインブログ


オリカ海の幸ブログ


オリカソルベブログ

富良野産の赤ワイン。
オリカ赤ワインブログ

オリカ肉ブログ

チーズはフランス産のほうが美味しいと思いました。
オリカフロマージュブログ


オリカデザートブログ


オリカコーヒーブログ

予想外に美味しい夕食でした。
富良野で、これほどのフレンチが食べることができるとは、正直言って驚きでした。
ひとつには北海道の食材の素晴らしさもあるのでしょう。

梶川

梶川
10 /10 2008
名古屋で最も予約の取りづらい和食の店です。
梶玄関ブログ

酒は浦霞・蓬莱泉、それぞれ頼みました。両者とも飲みやすい酒でした。
梶酒2ブログ (2)

銀杏・雲丹・湯葉豆腐
銀杏の味付けは絶妙。湯葉豆腐も美味しかった。
梶湯葉ブログ

土瓶蒸し(鱧・三つ葉・才巻海老・松茸)
昆布主体の出汁なのですが、昆布の味の深みがほんの少し足りないように感じました。
才巻海老にもしっかりと下ごしらえがしてあり美味しかった。
梶土瓶蒸しブログ

戻り鰹刺身・カワハギ薄造り・肝
鰹は臭みが無く、甘く素晴らしい味でした。カワハギはあっさりしすぎ。
梶造りブログ

イクラ・スモークドサーモンの飯蒸し(親子丼)
素晴らしいイクラでした。
梶飯蒸しブログ

子持ち落ち鮎の柚庵焼き・茗荷・人参・むかご
盛り合わせの季節感が素晴らしい。
梶幽庵焼きブログ1

鮎の皮の硬さを、味付けで調和をとっていました。
梶鮎ブログ (2)

牛たたき・チンゲン菜
梶牛たたきブログ

チンゲン菜の向こうに隠れていた牛肉。
美味しい牛肉でした。焼き加減も絶妙。
梶肉ブログ

蒸し鮑・肝・落花生すり身団子・コンソメ仕立・とんぶり・穂紫蘇
コンソメの味加減が素晴らしい。
梶蒸し鮑ブログ

鴨つみれ・ずわい蟹・菊菜・蕪・蕪すり流し
鴨に臭みは無く、蟹も甘かった。
梶鴨つみれブログ

松茸御飯・赤だし(アサリ)・香の物
おこげの加減が素晴らしかった。
赤だしは残念ながら出汁が効いていなかった
梶御飯ブログ

バニラアイス・栗クリーム・芋巾着
バニラアイスと栗クリーム(ぜんざいと言っていた)が不思議な味わいでした。
センスの良さとしか言いようがないと思います。
芋巾着の中は柚子餡でした。
梶水菓子ブログ

現在、名古屋で最も人気のある割烹のひとつだと思います。
大半の客は、帰る時に次の予約を入れています。
しかし私ども夫婦にとっては、味が濃すぎると感じています。
40歳くらいの時なら大好きだったろうなと。

下ごしらえの凄みを充分感じるお店です。
コストパフォーマンスの素晴らしいお店でもあります。


あびたろう

FC2ブログへようこそ!