炭屋

炭屋
05 /30 2008
京都旅館御三家のひとつです。
炭屋は歌舞伎役者など玄人筋が良く使う宿だと聞き及んでいます。
炭玄関ブログ

酒は「炭屋オリジナル純米大吟醸」と「桃の滴・純米吟醸」の二種類が用意されていました。どちらも飲みやすい酒でした。
炭酒1ブログ


炭酒3ブログ (2)


炭屋献立 (2)ブログ

先付: あっさりとした薄味。
炭先附ブログ2

向附き: 太刀魚・平目・車海老の三種類。太刀魚はことのはか美味しかった。
炭造りブログ

車海老の頭は軽く焼いてありました。
炭海老ブログ

煮物椀: 鰹のより効いた出汁でしたが、昆布出汁も充分効いていました。とても満足。
炭椀ブログ

凌ぎ: とても丁寧な仕事です。粽は鯖、菖蒲は穴子の鮨です。
炭鮨2ブログ

鯖寿司は素晴らしく美味しかった。
炭鮨中身ブログ

中は穴子鮨。
炭鮨3ブログ

焼物: 蓼酢霙がとても爽やかでした。鱸は走りでしょうか。
炭焼き魚ブログ

炊き合せ: 文句なしに美味しい。今まででも最高の炊き合せだと思います。
炭炊き合せブログ

冷やし鉢: 擂り流しは香りも良く、とても上品な味でした。
炭冷やし鉢ブログ

八寸: これはそれまでの流れと一変して味が濃かったです。やや不満が残りました。
炭八寸ブログ

石焼き: なくてもがなという感じでした。
炭鮑ブログ

酢の物: 品の良い出汁加減でした。
炭酢の物ブログ

留椀: 白味噌主体の合せ味噌でしたが、はっきりとした味でとても美味しかった。
御飯: 新蓮根御飯、絶品でした。あっさりとしながらこくのある味。
炭御飯ブログ

水物: まずまずといったところでしょうか。
炭水物ブログ

コーヒーは別注でした。やや酸味の強い味。
炭コーヒーブログ

受け狙いのまったくない、むしろ地味とも言える料理だと思います。
しかし丁寧に造った、しっかりした料理でした。
これが本当の京料理ではないだろうかという印象を持ちました。


スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!