山乃尾

山乃尾(金沢)
02 /06 2008
北大路魯山人が料理の修業をしたという金沢の山乃尾、テレビで放映されて以来訪れたいものだと考えていました。
特徴ある門構えです。
山正門ブログ

壁は鮮やかなベンガラの朱色をしていて最初は驚きましたが、すぐに気にならなくなりました。
ベンガラ色や群青色の壁は格式ある部屋の証だそうです。 山部屋2ブログ

酒は「手取川」大吟醸。やや酒の味が強いものの、なかなか美味しかった。
山酒ブログ


山献立


山前菜ブログ

出汁の味が上品で京料理を髣髴とさせるものであったことは予想外でした。
山吸物ブログ

この素晴らしい器、おしどりのお椀は大正時代の物だそうです。
山汁もの椀ブログ

金沢の甘海老は最高です。
山造りブログ

香箱蟹も臭みがまったくなく、上品な出汁味と相まって素晴らしい味でした。この味は産地以外では決して味わえないでしょう。
山香箱ブログ

蟹は「加能蟹」といい、金沢港で水揚げされた物とのことでした。三国や橋立の蟹に勝るとも劣らない味でした。
山焼き蟹

焼き蟹は仲居さんが目の前で焼いてくれましたが、甘さといい、もっちりとした食感といい素晴らしいものでした。蟹は焼き蟹が一番好きですね。
山焼き蟹2ブログ

冶部煮は思っていたほどくどくなく、鴨もあっさりとしていました。
山冶部煮ブログ

これも素晴らしいお椀でした。冶部煮用のものとのことです。
山冶部煮器ブログ

のどぐろは文句なし。
山焼物ブログ

温物の鱈白子、揚げてあり絶妙の味加減。しかし治部煮の後では少しばかりくどかったです。健啖家なら大喜びするでしょうが、やや高齢化してきた胃袋には負担でした。
山温物ブログ

腹にこたえました。
山止椀ブログ

漬物は絶品。これほど美味しい漬物にはめったにお目にかかれません。
山香の物ブログ

水物のメロンと苺も美味しかった。
山水物ブログ

すべての料理が美味しかったですが、全体的に味が少しばかり濃かったように思います。
でも、伝統の味の素晴らしさというものを充分感じました。





スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!