江南

江南
07 /02 2010
今から20年以上昔、気力体力が充実していた頃です。
その頃によく通ったラーメン屋(炒飯や餃子なども提供してくれました)が3軒ありました。
柳橋の「江南」・清明山の「清明山飯店」・池下の「梅光軒」です。
「江南」は仕事が深夜に及んだ時や、飲んだ後など同僚とよく行ったものです。
「清明山飯店」や「梅光軒」は自宅から近いこともあり、家族としばしば行きました。
当時はいずれも名古屋の名店であったと思います。
「清明山飯店」は大将が老齢で店を閉めました。「梅光軒」は池下駅ビルの2階から移転した後は味が変わってしまい、行くこともなくなりました。
柳橋の「江南」は10年ほど前に名古屋駅のタワービルが完成した時に、柳橋の店を閉じてタワーズプラザに移転しました。
移転後の喧騒がひと段落したときに訪れたのですが、どこか味が婦抜けたような感じがしてそれっきりになっていました。
仕事の後の深夜や飲んだ後の味と、昼に食べる味に違いを感じたのかもしれません。

今回、名古屋駅周辺で映画を観た後に遅めの昼食で訪れました。
移転後に訪れた時の記憶にある味でしたが、印象が少しばかり違いました。年齢の差でしょうか。
江南正面ブログ

ラーメン(塩)と炒飯のランチセット
ラーメンはわりにあっさりとした味です。
あっさりとしていますが、味に深みは充分感じます。
トリガラや豚骨だけでなく海産物の出汁味も感じました。
江南ラーメン1ブログ (2)

一方の炒飯ですが、昔はもっと薄味だった記憶があるのですが、今回はどちらかというと濃い味でした。
江南炒飯2ブログ

「伝統の味」というものは充分感じます。


スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!