壺中天

壺中天
06 /30 2009
名古屋の某有名ブログのフランス料理部門で、ランキングNo.1のお店です。
知らなければ見過ごしてしまうような入り口でした。
壺 入り口

ドアを開けると地下へ向かって階段を下りるようになっています。
壺 階段

コースは、おまかせ。飲み物も、おまかせ。

食前酒は、ブルゴーニュのバン・ムスー。
可もなし不可もなしというところでした。
壺 ワイン1

(パン)
特徴の無い味のパンでした。特に、冷めたら食べる気はしませんでした。
パンの美味しさは重要なポイントだと思うのですが。
無塩バターに、塩が添えられてありました。
壺 パン

(アミューズ)
豚肉のソーセージ、りんごのピューレ。
シナモンの味も効いており、腸詰の味もかすかにしていました。
壺1

(前菜)
オマール海老、雲丹、コンソメジュレ。カリフラワーのソース。
あっさりとした、とても食べやすい味でした。
壺2

(白ワイン)
ブルゴーニュ・マコン。
少し酸味の効いた口当たりの軽いワイン。
壺ワイン2

(魚)
三河湾のあさり、帆立ムース。
あっさりとした味で、これも食べやすい。
壺3

(赤ワイン)
ボルドー・サンテミリオン。
エグみも無く、まろやかな口当たりでした。
壺ワイン4

(肉)
子羊の肉、ソテー
臭みも無く、とても食べやすい味でした。一般受けする食べやすい味付けかもしれません。
壺4

(デザート)
マスカルポーネのアイスクリーム。
腑抜けた味で残念でした。
壺5

壺7

エスプレッソは意外にあっさりとしていました。
壺6

最も残念だったのは、アイスクリームに羊の肉の匂いが移っていたことです。せっかくのアイスクリームが台無しでした。
通して万人受けする味で、和食でいえば「せき根」の感じでしょうか。




スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!