シェ・トモ

シェ・トモ
10 /22 2010
住宅街の中のひっそりとした古民家を利用したお店です。
トモ門

畳の部屋にテーブル。
記憶にあるだけでも、「セレスティ」・「黒牙」・「よこ田」・「SYN」、和食でありながら和室にテーブルの「つつみ」、名古屋には結構あります。
トモ室内

002 (3)

食前酒はシャンパン。
トモシャンパン1


トモシャンパン2

口取り
フォアグラのパテと鰹のカルパッチョ
フォアグラの香りが強すぎて、他の味を殺していました。
トモ口取り

バターはついていませんでしたが、なにもつけなくても充分味のあるパンでした。
トモパン (2)

ブラマンジェのまわりはビシソワーズのエスプーマ仕立て。
軽やかで口当たりが良く、なかなかの味でした。
トモ前菜

レ・ジュネ
プロヴァンスの自然派ワインとのこと。
飲み易く、またなかなか美味しくて、飲みすぎてしまいました。
トモ白ワイン1 (2)


トモ白ワイン2

すっぽんを上手に洋風に仕上げてあり、中の白ネギの風味にも良く合っていました。
トモスープ

このサーモンは少しばかり大味でした。
トモ魚

エルバルーナ
イタリアの自然派に属するワインとのことです。
トモ赤ワイン1


トモ赤ワイン2

シェフが目の前で塩ガマを砕き、肉を取り分けてくれます。
トモシェフ

独特のトリュフ入りソース味がとても美味しく、肉の味も上々でした。
トモ肉

本日最大の不満。
せっかくの美味しい流れに水を差す味でした。
トモデザート

コーヒーの味は普通でした。
トモコーヒー

名古屋市内で満足のいくフレンチにはなかなかお目にかかれませんが、ここは個性があるというか、それなりの世界を感じるお店だと思います。

スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!