ヴィチーノ

ヴィチーノ
05 /15 2009
名古屋の有名なブログのイタリア料理(カジュアル)部門でトップを争っているお店です。
我が家からも近いこともあり、訪れてみました。
大通りから一本中に入った通りのマンションの1階にあります。
ヴィッチ正面ブログ

カウンターとボックス席からなります。 店内は雑然としていました。
ヴィッチ室内ブログ

夜は「Cena Aコース」と「Cena Bコース」があります。

Bコースは
Antipasto
Primo Piatto
Second Piatto
Dolce & Cafe
自家製パン

AコースはSecond Piattoが抜けているメニューです。

それぞれ黒板に書かれた料理を選択できるようになっています。
最初に「バラバラな注文が出ると、時間がかかります」と釘を刺されました。
ヴィッチメニューブログ

口取り(別料金)
パルマ産生ハムとオリーブ。 とても食べやすく、少し期待が膨らみました。
ヴィッチ生ハムブログ

自家製パン
白いほうのパンは美味しかったのですが、色の濃いほうはパサパサしていて味がありませんた。
オリーブオイルは青臭く、残念ながら香りに乏しかったです。
ヴィッチパンブログ

Antipasto
フランス産ホワイトアスパラのクレープ包み、温泉卵、サマートリュフ添え。
全体的に薄味。
ヴィッチアンチブログ


ヴィッチワインブログ (2)

Primo Piatto
天然マダイとナス、ケッパー、アサリのスパゲティ。
茹で方はアルデンテ。薄味でどちらかというと腑抜けていました。オリーブの香りがあまりしていませんでした。
ヴィッチパスタブログ

Secondo Piatto
長崎産黒毛和牛のブラッサート
一転して、やたら塩辛かった。ブラッサートとはこんなに塩辛いものでしょうか。
ヴィッチ肉ブログ

Dolce
イチゴのシャンパンマリネ、ミルクジェラート、メレンゲの焼き菓子。
さっぱりしていて、なかなか美味しかった。
ヴィッチドルブログ

Cafe
エスプレッソは普通の味でした。
ヴィッチコーヒーブログ

格調高いレストランの味ではなく、家庭料理といった味でした。
4,500 円という値段からは、コストパフォーマンスのとても良い店だと思います。
料理人が一人のため、次の料理までやたら時間がかかります。 仕方がないことなので覚悟が必要です。



スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!