ラ・ロカンダ(リッツカールトン京都) ランチ 6月(2017)

ラ・ロカンダ(リッツカールトン京都) ランチ 6月(2017)
07 /03 2017
京都を訪れる楽しみの一つは、ここでのランチです。
泡は、定番のベラヴィスタ・フランチャコルタ・アルマ・グラン・キュヴェ・ブリュット
フランチャコルタのスプマンテは最もお気に入りです。
ロカ1 (2)


どのパンも美味しい
ロカ2 (2)


キプロスの黒い塩
シチリア産オリーブオイルで作ったバター。パンに良く合って美味しい。
ロカ3 (2)


帆立貝のグリルとトマトのパンツァネッラ
帆立貝が、とても美味しい。
ロカ4 (2)


ここのグラスワインは、とても充実しています。
泡・白・赤と、夏お勧めコースがありました。
泡はベラヴィスタにしたのですが、これはお勧めの白。
ロカ6 (2)


「サンタ・クリスティーナ」の夏限定白ワイン
カプスラ・ ヴィオラ・ ビアンコ・ サンタ・ クリスティーナ (アンティノリ)
フレッシュな口当たりが、夏にぴったりの白でした。その上、コストパフォーマンスが素晴らしい。
ロカ5 (2)


グラニャーノ産パスタカンデッレ
サルシッチャと玉葱 ジェノベーゼ風
ランチにしては、少し重い感じ。
ロカ7 (2)


二杯目のグラス白ワイン
金色に輝く麦わら色をしています。
ロカ9 (2)


ランゲ・アナス・チェッタ  エルヴィオ・コーニョ 
ピエモンテのナシェッタ100% 
ロカ8 (2)


鱸のソテーとズッキーニ、ミントのピューレ
とても脂の乗った鱸でした。
ロカ10 (2)


夏シリーズのグラス赤ワイン
ロカ12 (2)


フィキモリ・トルマレスカ(アンティノリ) プーリア州のネグロ・アマーロ主体、シラー少量
冷やして飲みますが、軽やか・爽やかな口当たりです。
コスパも素晴らしい。
ロカ11 (2)


チンタ・ネーゼ仔豚のクリスピーとマルサラワインソース、マスタードのムース、小メンチカツ
豚の角煮の西洋風といった趣。
ロカ13 (2)


パンナコッタ、上にメロン&ミントのグラニテ
これも素晴らしく美味しかったです。ピエールエルメにしては香料を抑え気味していて、好みでした。
ロカ14 (2)


薫り高い、カプチーノ
ロカ15 (2)


プチフール
ロカ16 (2)
この日も満足。
我々にとっては、経験した名古屋のどのお店よりお好みの味です。
グラスワインも充実、サービスも素晴らしい。
イタリア人シェフから日本人シェフに交代されたそうです。
イタリアのお店で一緒に働いていたとのこと。
テーブルまで挨拶に来てくださいましたが、背が高くイケメンで、カミサン達女性陣が大騒ぎ(笑)


スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!