八泉 4月(2016)

八泉 4月(2016)
05 /02 2016
出来上がったばかりの暖簾だそうです
暖簾


茶花の大山蓮華
花


珍しい酒が入ったとのことで
酒1


華やかな香りで、とても美味しいのですが、料理とは喧嘩するかもしれません
丁度、鄙願(越後流)と大吟醸大洋盛の関係のように
酒器1


肉厚の素晴らしい鮑
勿論、出汁汁は飲み干しました
鮑


赤貝・雲丹・じんめ鰈(星鰈)
とても甘い鰈でした
鰈も、ものによっては平目より美味しいですね
刺身


ポン酢は飲み干しました
醤油


次は、いつもの立山
酒器2


鯛と木の芽餡
銀餡の品の良さは、他の追従を許しません
銀餡


鮪・細魚・独活の甘酢漬
丸喜さんと八泉さんで、本当の鮪の美味しさを知りました
鮨


テンダーロインを大蒜と醤油で・赤貝と独活の酢味噌和え・梅蜜煮の天麩羅・揚げ茄子の木の芽味噌・穴子の八幡巻
真ん中の稚鮎は少し焦げ目が付けてあり、その香ばしさとと鮎の香りのバランスが絶妙でした
八寸


山独活・蕗の薹・行者大蒜・ 漉油&白魚の天麩羅
やや薄めの塩加減が絶妙
白魚


スッポン豆腐のお椀
上に乗っている白髪葱と針山独活がアクセントになっていました
椀


とても香ばしいほうじ茶
ほうじ茶


上に乗っているのは、鮑の肝
香の物


豆ご飯
御飯


無花果と宮崎マンゴーのジュレ寄せ
味にコクのあるマンゴーでした
無花果


最後は、お煎茶で締め
煎茶




スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!