和田倉ランチ (パレスホテル東京)

和田倉ランチ (パレスホテル東京)
04 /26 2016
今回の上京、お昼は蕎麦でも食べようかと思っていたのですが、直前に、とある新聞に、このお店が載っていました。
「和食の王道守り続ける」、「奇をてらわず、素材の持ち味をいかに生かすかを、考える。引き算の料理を心がけています」
まさに、我が家好みです。
早速、お店に電話しました。
個室がひとつだけ空いているとの答え。個室料金が馬鹿になりませんが、予約しました。

ホテルをチェックアウトし、ひと仕事終えてから、またホテルに舞い戻りました。
オーダーストップ直前の、入店です。
正面


お店は、ホテルの6階。
眺めの良い個室です。
個室


和田倉濠が、良く見えます。
眺め


私は、野点会席
和田蔵献立 (2)


食前酒
食前酒


出汁味は、鰹そのもの。
先附 (2)


酒は、水芭蕉 純米大吟醸。群馬のお酒です。
かなりの甘口。
昼は夜に比べ、お酒のリストが少ないようでした。
水芭蕉


これも、鰹そのものの出汁。
昆布の香りが無く、残念です。
椀


鮪・帆立・鯛
まずまずといったところでしょうか。
向附


このように供されます。
野点箱



野点箱2


ほうじ茶
ほうじ茶


豆御飯と赤出汁
御飯


上のお菓子は、オリジナル日本酒ケーキ「壱ノ壱ノ壱」
味は、普通でした。
水菓子


お煎茶
煎茶


相方は、季節限定「お花見弁当」
弁当玉〆



弁当造里



弁当二段



弁当三段



弁当椀 (2)



弁当散らし (2)



弁当水菓子
関東の味、そのものでした。
やっぱり、好みではないですね。
京都の昆布出汁の、まったり感が、「たまんね~す」です。

スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!