ラ・ロカンダ(京都)ランチ再訪

ラ・ロカンダ(京都)ランチ再訪
04 /06 2016
祇園の「都をどり」を観賞してから訪れました
入店が遅かったので、食事の最後の頃には、他のお客は帰って行き、店内を撮ることができました
店内


正面奥は「ピエール・エルメ・パリ」の厨房
パティシエがデザートを作ります
店内1


まずはグラス泡
桜の季節ということで、ベッラヴィスタのロゼ
泡


ラ・フェニーチェの水牛モッツアレッラチーズとトマトのブラザート
緑色は、バジルのスポンジ
確かに、バジルの香りが溢れていました
イタリアで一番美味しい水牛のモッツアレラチーズと言われているそうですが、
サルヴァトーレ・ボッコンチーニのほうが好みです
モッツ


グリッシーニが素晴らしく美味しい
パン


リグーリアのオリーブオイルとオリーブオイルから作ったバター
酸味の強い味でした
バターの右下の黒いものは、ヒマラヤの岩塩
オリーブ


じゃが芋のニョッキ、雲丹と唐墨のソース
雲丹の香りが、少しばかり強すぎの感じ
ニョッキ


グラス白ワイン
白


イエルマンのリースリング
白壜


魚料理
マナガツオのブロッコリーブロデット
下には菜の花と蛤
感激の味
魚


肉料理
上州牛ランプのグリル
スカルモッツァチーズとエンダイブソース
スカルモッツァは、かなりスモーキー
肉の焼き加減も良く、赤身の加減も好みでした
肉


グラス赤ワイン
赤


イエルマンのブラウ&ブラウ
ブラウフランキッシュ(フランコニア)とブラウブルグンダー(ピノ・ネロ)の
2種類を使用していることから付けられているとのこと
他のボトルもグラスでOK
赤壜


フォンダンチョコラートバニラハート&オレンジとカカオのジェラート
フォンダンチョコは少し重いですね
ショコラ


とても美味しいカプチーノ
カプ


プチフール(ピエール・エルメ)
プチ
今回も大満足でした
ワインも美味しい
我々夫婦の好みからですが、ここに匹敵するイタリアンのお店が、残念ながら名古屋には見当たりません






スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!