レ・セゾン再訪

レ・セゾン再訪
05 /16 2010
有楽町にある帝国ホテル、その2階にレ・ソゾンはあります。帝国ホテルのメインダイニングです。

レセゾン 入口

食前酒はシャンパン。
ドゥラモット・ブリュ・ブラン・ドゥ・ブラン
辛口のキリっとした口当たりでした。
レセゾンシャンパン

メニュー
レ・セゾンメニューブログ

アミューズ2種
フォアグラのパテ
インカの目覚めとパンのスライスを焼いたもの。
レセゾンアミューズ

海老の風味でしたが詳細は忘却
レセゾンアミューズ2

アルザスの白ワイン
ドメーヌ・ヴァインバック・リースリング・キュヴェ・テオ
ややあっさりとした味。
レセゾン白ワイン2

レセゾン白ワイン

胡麻入りパン
バターは発酵バター
レセゾンパン

発想が面白いですね。
鱒が生とスモークとタルタルの三種類の調理方法で楽しめました。
海苔のようにみえる黒いものが、イカ墨パン。
レセゾン前菜

スープと表現してよいものかわかりませんが、とにかく美味しかった。
海老の殻の香りが絶妙でした。これを味わえただけでも満足。
カネロニは蛇足。
レセゾンスープ

魚料理の時に出てきた、アオサ入りパン。
レセゾンパン2

鱸に脂が乗りすぎの感じで、とてもくどかったのが残念です。
唯一、不満な料理。
レセゾン魚

アルコールがかなり入っており、詳細は忘却 してしまいました。
レセゾン口直し

赤ワイン
モレィ・サン・ドニ“クール・ダルジル”
エグみの無い、口当たりの良い味。
レセゾン赤ワイン2

レセゾン赤ワイン

ソースは見かけほどくどくなく、食べやすかったです。
味は、まあそんなものかという感じ。
レセゾン肉

スプーンに乗せられたものは最も熟成したチーズとのこと。
まろやかな味で、感激の美味しさでした。
レセゾンチーズ

これで一人分です。
レセゾン小菓子

ココナッツのソルベは絶品でした。
レセゾンデザート

右端が一番美味しかった。
レセゾンチョコ

レセゾンコーヒー


料理を味わうなら和食が一番好きです。
しかしフランス料理に於いては、華やいだお店の雰囲気、豪華なテーブルセッティング、粋で洒落た黒服のサービス、着飾る楽しみ、そしてスタッフから見られていることによる軽い緊張感、これらが総合されると、味はさておき、とても楽しい時間を過ごすことができると思っています。
そういう意味で、ここは大好きな場所です。
スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!