レ・ジョイエ

レ・ジョイエ
01 /04 2016
年末の忙しさが一段落した時、直近にもかかわらず予約が取れました。(HP上の開店時間より早い時間でも良ければということで)
初めてのお店です。
外観


終わり頃は、ほぼ満席でした。
店内


奥の3テーブルは、仕切りをすれば個室仕様になります。
個室


グラス4杯セットを注文。
まずは泡。
シャルドネのスパークリングとしか、わかりませんでした。
泡


口取り
鱈のクロケット・蕪のパンナコッタ、キャビア&コンソメジュレ
出だしの味としては、普通。
口取り


前菜
師崎の鯛のカルパッチョ・色とりどりの野菜乗せ&レモンの泡
野菜がとても美味しい。
カルパ


野菜の下に鯛
タイ


小さめの自家製パン
パン


最初の白ワイン
白1


シチリア産 グリッロ シャルドネ
グリッロ50%、シャルドネ50%です。
白1壜


渡り蟹と蕪のフラン
渡り蟹の香りは、さほど強くはありませんでした。
フラン


最初のパスタ
北海道産牡蠣と唐墨
牡蠣の処理がいまいちでした。
パスタ1


二杯目の白
白2


ラッツオの白 ドンナルーチェ ポッジョ レ ヴォルピ
マルヴァジア・デル・ラツィオ60%、グレコ30%、ソーヴィニヨン10%
白2壜


飛騨牛とお米のラビオリ、コンソメスープ
ここのパスタは、少しばかり不満が残りました。
ラビオリ


肉料理
エゾ鹿のモモのロースト・玉葱のロースト&安納芋のペースト
癖が無く、食べやすい鹿肉でした。
肉


赤ワイン
赤


ウンブリアの赤 サグランティーノ・ディ・モンテファルコ
サグランティーノ100%
赤壜


ドルチェはレ・ジョイエ風ティラミス
ティラ


コーヒー
コーヒー


プチフール
プチ
全体的にオーソドックスな味だと思います。
「お~っ」と唸らせるようなものは、残念ながらありませんでした。

スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!