レ・セゾン大阪

レ・セゾン大阪
08 /31 2015
帝国ホテル大阪の22階にあるメインダイニング。
インペリアルメンバーの優待券で2割引きのコースです。
正面


ホテルのHPより借用
室内


これもホテルのHPより
夜の照明は、かなり落とし気味
部屋2


ワイン3杯セットと4杯セットというのがありました。
私は4杯セット、泡・白・白・赤です。
まずは泡、「ドゥラモット・ブリュット」
泡


突き出し
オリーブ・グリッシーニ・コンソメ味のクッキー
口取り


パン
プレーン&胡桃・レーズン
パン


アミューズ
トマトのゼリー&南瓜のフィナンシェ、上に生ハム
アミューズ


最初の白ワイン
白1


アルト・ド・カントナック・ブラウン ブラン
ボルドーのソーヴィニヨンブラン
白壜1


帆立貝柱と冬瓜のサラダ仕立て トリュフのドレッシング
トリュフの香りが素晴らしかったですね。
帆立 (2)


玉葱のポタージュ
玉葱の甘さが素晴らしく、とても美味しいポタージュでした。
上の模様は、焦がし玉葱を煮詰めたもので描いているそうです。
玉葱スープ


2杯目の白ワイン
白2


サントネ クロ ド マルト ブラン、 ドメーヌ・ ルイ ジャド
ブルゴーニュのシャルドネ
白2壜


魚料理
オマール海老のグリルをレセゾン伝統のビスクに浮かべて
甲殻類の香り溢れたソース、志摩観を思い起こさせます。
オマール


赤ワイン
赤


シモン・ビーズ・エ・フィス サヴィニー・レ・ボーヌ・ レ・ブルジョ
ブルゴーニュのピノノワール
赤壜


肉料理
鹿児島産三味豚のグリルと喉肉のテリーヌ インカの目覚めのデクリネゾン
インカの目覚めのピューレが素晴らしく美味しかった。
豚


相方の選んだ肉料理
ゆっくり火入れした大和黒鶏の胸肉をチョリソー風味のソースと共に
色々な緑の豆を添えて
鳥


チーズを別注で
コクのある美味しいチーズでした。
チーズ



ソルベ


ジャスミンのスープに浮かべた白桃のシャーベット
パンナコッタとレモンのジュレ
デザート1


相方は、グランデセールより選択
デザート2


プチフール
帝国ホテルのチョコレートは美味しいですね。
プチ


コーヒーの香りも素晴らしい。
コーヒー
東京の「レ・セゾン」のフランス人シェフの影響はあまり受けておらず、ムッシュ村上信夫氏の流れを受け継いでいる料理とのことでした。
東京の「ラ ・ブラスリー」の系統ですね。帰り際に挨拶に来られたシェフは、若い方でした。
日本人シェフによる日本人のためのフレンチ、好みです。


スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!