壺中天 9月(2014)

壺中天 9月(2014)
09 /20 2014
食前酒はシャンパン
ボランジェ
最近、スパーリング系にも興味を持っていろいろ試しているのですが、現在の我が家のブームは、テタンジュ、ビルカール・サルモン、フランチャコルタ・ベラヴィスタというところです。
泡


アミューズ
トマトのガスパチョのムース
桜海老とエメンタールチーズのトースト
ガスパチョは爽やかで香りがよく、桜海老はとても香ばしかった。
アミューズ


自家製ではありませんが吟味されています。
パン


バター
バター


前菜
秋茄子のクリームの下には新サンマの燻製とマッシュルームのブレッセ
茄子の香りやサンマの燻製に、秋を感じました。
前菜


前菜に合わせてくれたのは、アルザス・リースリング
白1


この赤でも、不思議なほど合いました。
赤1


コート・ド・ボーヌのピノ・ノワールです。
赤2


魚は太刀魚ですが、魚の美味しさは日本の独壇場でしょう。
穂紫蘇が面白い。
魚


これにはムルソーを。
白2


シャルドネ100%
白3


バスク産のキントア豚
香りといい、焼き加減といい、美味しかったですね~
肉


これには、ピノ・ノワールを。
赤3


先日、訪れた村のワインです。
赤4


別注のチーズ
コクのあるチーズでした。
チーズ


チーズにはボルドー
赤5


サンテミリオン、メルロー主体です。
赤6


デザート
黄桃
桃も、終わりですね。甘さ不足でした。
デザート


あっさりとした味のマカロンやフィナンシェでした。
プチ


何も入れずに、充分楽しめました。
コーヒー
フランスから帰ってきて、早速訪れたのですが、期待に違わない味でした。
日本人の感性って素晴らしいなと、思います。
日本人には、日本人の感性が合うのでしょう。
素材の素晴らしさも、世界に冠たるものではないでしょうか。生産者の絶え間ない努力には、頭が下がります。

それから、ワイン初級者の我々にもわかりやすく選んでくださった戸田ソムリエ、ホスピタリティ溢れたマダムやスタッフ。
和の八泉と並んで、定期的にリピートしたいお店になりました。


スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!