京大和 (昼食)

京大和 (昼食)
11 /19 2013
そだい今回は昼食です。
京正門


前回の訪れは夜だったので展望台の様子はわからなかったのですが。
http://puiko2000.blog27.fc2.com/blog-category-50.html
展望1


八坂の五重塔と左隅にかすかに京都タワーが見えます。
展望2


本館へは、このような坂を昇ります。
段1


上から見たところ。
段2


本館玄関口の屋根。
玄関


部屋の風情。
額は、三条実美の直筆。
額


酒は、「京大和」
酒器は、カガミクリスタル。
少し重く感じました。
鄙願のような、より軽いものが好みになってきたのでしょうか。
酒



献立1

献立2


黄味酢がクドすぎ。
ゼリー寄せは美味しかったのですが。
先附


昆布出汁の中にも鰹が利いていて、とても美味しい椀でした。
椀


鯛も鮪(中トロ)も、まずまず。
ツマが美味しい。
造り (3)


中に、雲子・百合根・銀杏などが入っています。
京大和の蒸しものは、べっこう餡というより、肌理の細かい玉〆がイメージなのですが。
蒸し

八寸は、紅葉狩りの野点弁当という趣です。
小鉢に入った辛子酢味噌和えが、とても美味しかった。
八寸1 (2)


奥の方に、諸子の甘露煮。
八寸2


甘鯛の塩焼き
上品な甘鯛で、なかなかの味。
しかし「蓬」の甘鯛には及ばない。
青味大根にまぶしてあるのは唐墨。
焼き


酢橘と醤油
醤油


素敵な湯飲み茶碗。
茶


総じて京野菜はとても美味しい。
焚 (2)


留椀は白味噌仕立て。
栗御飯は好みでないので残念。
ご飯


完熟柿は、とても上質。
こういう所に店の誇りを感じます。
果物


これは普通。
甘味


少しばかり感激が薄かったのは、昼食のせいでしょうか?
茶2




スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!