うなぎ桜家 (三島)

うなぎ桜家 (三島)
11 /06 2013
「あさば」の帰り道、三島の鰻屋さん「桜家」へ立ち寄ってきました。
三島は富士山の湧水が豊富なため、浜名湖の鰻をその水に数日間活かすことで臭みを取るそうです。
正面

順番待ちの表と、それを監視するガードマンらしき人がいました。
全景

二階の座敷です。満席でしたが食べ終わったのが二時過ぎだったので、空席になってきました。
一階は椅子席ですが、帰る時も満席だったので写真は撮れませんでした。
座敷

安政三年は1856年ですから、160年近い歴史を持っています。
箸

骨煎餅
鰻の骨煎餅は、どこか生臭さが残っています。
骨

優しい味
浸し

ピーナツ豆腐
豆腐

これも優しい味の「うざく」でした。
うざく

吸物は普通の味。
胆吸

関東風の蒸し鰻です。
癖も無く、とても品の良い味ですが、タレがかなり辛口でした。
重

見事な焼き加減。
鰻

この日は三島のハロウィン祭り。
三島大社までの歩行者道路は、仮装した市民で賑わっていました。
街角

お店の店員さん?
仮装1


仮装2


仮装3

三島大社に着きました。
大鳥居

総門
七五三の子供でも賑わっていました。
総門

神門
神門

舞殿の中では、七五三のお祓い。
舞殿

本殿でお参り。
中では結婚式が執り行われていました。
本殿

あっさりとした味で、なかなか美味しいものでした。
餅
スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!