蓬(昼食)再訪

蓬(昼食)再訪
06 /30 2013
蓬の親方が、蓬莱旅館の先々代料理長から先代の料理長に代わられたとの話を聞き、再訪してきました。
前日は「熱海ふふ」に宿泊、そこでの朝食は洋食にしてコンディションを整えてきました。
それでも朝食がたっぷりあったので、空きっ腹という状態ではありませんでした。
最初は「刺身定食」を考えていたのですが、女将から「ちょうど団体客があり、ちょっと少なめのミニ懐石を受けている。それで良ければ、同じ物を出せる」とのお話し。量に対する不安がありましたが、ご厚意に甘えることにしました。

最初に先附風の料理が三品。
穴子寿し・新生姜・金山時味噌
山椒の実がよく合っていました。
蓬1

玉子豆腐
これはちょっと平凡。
蓬2

揚げ茄子の田楽。
蓬3

やはり酒が欲しくなりました。
頼んだのは、喜久酔 大吟醸だったかな ?
蓬酒

椀物は、鯛の潮汁
ほのかに昆布出汁が利いた鯛の出汁。
薄味で、とても上品な味でした。
蓬椀

鯛の鯛
鯛

鯛・金目・カンパチ・鯵
歯応えに少し欠けましたが、どれも甘さの乗った刺身でした。
この季節なのに、素晴らしいツマです。
蓬造り

蓬莱餅
これは、出てきただけで大満足。
蓬餅

焼き魚は魳
脂も充分乗っており、皮も香ばしくいただきました。
蓬焼

桜海老の掻き揚げ。
品の良い塩加減や揚げ加減は、蓬莱を彷彿とさせてくれました。
蓬桜


蓬飯

品の良い豆腐の味噌汁。
蓬留

自家製香の物。
素晴らしい味でした。漬かり具合はまさに私好み。
蓬香

あっさりとした水羊羹と小豆餡。
蓬水

これで3,000円。
なんというコストパフォーマンスでしょう。
心配していたお腹は苦しくなりませんでした。
蓬茶

親方と女将さん
ご馳走様でした。また来ます。
蓬
スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!