梶川6月(2013)

梶川6月(2013)
06 /11 2013
本当に久しぶりの訪問です。
梶1

小振りながら上手にまとめられた坪庭。
梶2

酒はまず最初に「浦霞」。
梶3

次に「〆張鶴」。このほうがやや辛口です。
左が〆張鶴用の盃。
梶4

とり貝&ししとう。
梶5

石焼きです。
味は特徴が無かったですね。
梶6

上から、マンゴー・フォアグラ・とうもろこしのスープ。
マンゴーとフォアグラは良く合っていました。
なかなかの味。
梶7

川海老・蒸し鮑・素麺・隠元
美味しいのですが、「やま内」や「八泉」の出汁味と比べると、ひとつ足りない。
梶8

焼き鱧・すずき・アオリ烏賊
梶9

馬糞雲丹・じゅんさい、一番下は寿司飯。
梶10

演出たっぷりの盛り付け。
なかなかのセンスだと思います。
梶鮎

長良川の鮎。
鮎らしい味がしました。
梶11

無花果の白和え・子メロン&シャコの酢の物
無花果の白和えは美味しさ抜群でした。
梶12

飛騨牛
梶13

飛騨牛の下には、万願寺とうがらし&茄子の揚物・冬瓜
かなり濃いめの味付けでした。
この段階では、少しクドすぎ。
梶13-2

穴子ご飯
梶14

香の物は好みの味。
梶15

大浅利と三つ葉
出汁がいまひとつ出ていませんでした。
梶16

とても美味しい穴子ご飯。
みんながお代わりをしていました。
梶17

ほうじ茶
梶18

紅茶のジェラート・紅茶のジュレ・桃とバニラのスープ
センスの良さを充分感じた水菓子でした。
梶19

相変わらず頑張っているようです。
味付けや盛り付けにセンスの素晴らしさを充分感じますが、料理の奥深さという点で満足できない所がありました。
気楽に食べに行くにはとても良いお店(とは言っても、なかなか予約が取れませんが)だと思います。
本格的な日本料理を楽しみたいと思う時、「やま内」や「八泉」には、まだまだ及ばないと感じました。
スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!