あさば 6月

あさば 6月
06 /06 2013
鉄仙献立 (2)

食前酒は、地元の酒「萬燿」
鉄1

鮑床はちょうど良い歯応え。
出汁も澄みきった鰹出汁。
鉄2

頼んだ酒も静岡の酒、「大吟醸 亀」
美味しい酒でしたが、「鄙願」より美味しいとは思えませんでした。
コストパフォーマンスは良くないかな。
鉄酒

雑味の無い上品なアスパラの摺り流し。
鉄3

左から、すっぽんの煮こごり・牛肉の八幡巻・高野豆腐&オクラ金時味噌&海老の黄身焼・鯛の砧巻・ゴマよごし。
定番の盛肴のほうが好みです。
鉄4

銀の鍋が用意されました。
鉄5

少し濃いめの出汁でしたが、新鮮なのか鯵の臭みはまったく無く、まったりする味。
鉄6

あおり烏賊と山椒の実との相性の良さにはびっくり。
山椒の実は甘辛く煮てあるとのこと。
鉄7

狩野川の上流の大見川の鮎。
鉄8

頭から尻尾まで全部食べることができました。
鮎の香りも味わえました。
鉄9

蓼酢は酸味が強め。
鉄10

これも雑味がなく澄みきった味。
素晴らしい味です。
鉄11

このあたりではお腹が膨らんできたのと、甘鯛の臭みがることから、無くてもがなという感じでした。
鉄12

ポン酢をたっぷりつけると臭みが消えました。
鉄13

これも余分。
鉄14

ルイビ豚(トン)はかなり脂が乗っていて、この段階では少々クドく感じました。
鉄15

甘さも感じ、とても美味しい鮎ご飯でしたが、残念ながら腹一杯。
甘鯛から炊合せまでが無ければ、満点の夕食なのですが、我々には多すぎました。
鉄16

漬物は、かなり浅漬け。
鉄17

腹一杯でも、これは別物。
いつも満足のブラマンジェ。
鉄18

今回のアイスは、大葉と生姜。
大葉も、なかなかの味でした。
鉄19
スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!