俵屋3月(2013)

俵屋3月(2013)
03 /31 2013
俵屋献立

弥生3月、まずは白酒。
白酒

酒はオリジナル「俵屋」。
酒

今回の先附は秀逸でした。
とても手間暇のかかったものと思われます。
味も品が良く、酒を楽しむこともできました。
先附

仄かに利いた昆布出汁、蛤の出汁と塩味。
薄味ながら、後味はしっかりと残ります。
吸物

鮃昆布〆は絶品。甘みといい歯応えといい感激の味でした。
針魚も素晴らしい。
造り1

柚子醤油の味も素晴らしい。
柚子醤油

しび鮪、少しばかり青臭かったのは、しかたがないかな。
鮪の味には、色気が欲しい。
造り2

これは普通の醤油。
醤油

これまた美味しい酒粕仕立て。
黒胡麻一味が抜群のアクセント。
煮物

若筍は甘く、野蒜と諸味味噌はぴったり。
焼物1

生臭さも無く、品の良い味の諸子。
焼物2

東寺煮の湯葉・菜の花・葱・椎茸、すべてが美味しかった。
温物

口直しには完璧な、すっきりさ。
針野菜のシャキシャキさが心地良い。
強肴

赤出汁も品が良く、美味しい。
止椀


ご飯

この日唯一の不満。
漬物の味が濃すぎました。
漬物

キーウィは甘さ不足。
水物

コーヒーの味は、相変わらず素晴らしい。
コーヒー
今回の夕食は素晴らしかった。冴え渡っていました。
いままでの俵屋の夕食の中で、最高の出来だと思います。
京都で食べた料理の中でも、最高の部類に入るのではないでしょうか。


スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!