ガッルーラ 1月

ガッルーラ 1月
01 /28 2013
初めてのカウンター席です。予約時にはカウンター席しか空いていませんでした。
眼の前はオープンキッチンとなっていて、料理人の働きぶりが良く判ります。
キッチン

まずはスプマンテ。
スプ2

この日のグラス売りは、シャルドネ100%。
スプ1

オリーブが付いてきました。
オリーブ

グリッシーニ
グリ

フォカッチャとオリーブオイル。
オリーブオイルの香りは不足気味でしたが、ここのフォカッチャはいつもながら美味しいですね。
フォカ

ストゥッツィキーノ
たらば蟹とフルーツトマトの冷製カッペリーニ
まさにガッルーラの味。爽やかで甘く、フルーティーです。
ストゥッツィキーノ

アンティパスト①
まず最初は、フレッシュフォアグラと冷製鴨胸肉を蜂蜜のサルサで
アンティ1

相方が選択したのは本日の前菜
寒鰤にフルーツと野菜
アンティ2

白ワイン(グラス)
カンパーニャのグレコ、フィアーノ、ファランギーナの混醸ワイン
白1

アンティパスト②
赤座海老と三河の魚介のクスクス インサラータ
アンティ3

2杯目の白ワイン(グラス)
白2-2

ロンバルディアのシャルドネ100%
白2-1

プリモピアット
私の選択は、イカ墨を練りこんだ自家製ロングパスタ「シャラテッリ」
手長海老と魚介類のラグー「漁師風ペスカトーレ」
海老が続き、選択を間違えました。
プリ1

手長海老を横にはずすと。
プリ1-2

相方の選択は、「肉厚椎茸」とサルディーニャ島の「からすみ」のアーリオオーオ
プリ2

赤ワイン1杯目
赤1-2

トスカーナのサンジョヴェーゼグロッソ100%
赤1-1

カルネ
「蝦夷鹿」を赤いスプマンテのサルサで
蝦夷鹿の香りは感じませんでした。
鹿

相方の選択、小豆島の「オリーブ牛」を「冬トリュフ」のサルサ
牛

赤ワイン2杯目
赤2-2

ピエモンテのネッビオーロ100%
赤2-1

ドルチェ
数種類ありますが、二人とも
炭酸を利かせた生クリームをかあけた練乳風味の苺ジェラート
炭酸が利きすぎて、ガス入りミネラルウォーターのようでした。
ドル

カプチーノ
香りは良かったです。
カプ

ピッコロ・パスティッチェリア
葡萄ジュースのマシュマロと生クリームを紅茶のメレンゲではさんだもの。
小

ガッルーラの料理は、まさに「日本人による、日本人のための、イタリアン」という思いを持ちます。
とても美味しく、かつ食べやすいのですが、すべての料理が同じトーンの感じです。
最後には飽きてしまいます。
隣のお店をぶち抜いて8テーブル増設するようです。
眼の前で忙しく働いている今でさえ食べ終えるのに3時間近くかかりました。
これ以上お客が増えると、食べ終えるまでにどれほど時間がかかるか不安を覚えます。
スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!