八勝館

八勝館
01 /20 2013
八勝館は、私にとって思い入れのある料亭です。
まだ30そこそこの若造だった時、送別会で連れて行って貰ったのが大料亭へのデビューでした。
とにかく、「凄いなあ~」と。そしていつかここへ自分の金で来たいものだと思うようになりました。
40代も半ばを過ぎた頃、念願かなって何回か通ったのですが、その時は懐石料理の食べ方などに無知で、冷や汗をかいたものでした。
そのことがトラウマになったこともあり、懐石料理の勉強を始めました。
今回は、10数年ぶりの訪問です。
素晴らしい門構えですが、正門ではありません。旧門です。
門

敷地の中にこの高層マンションができ、そのことについて女将の話を聞いた記憶もあります。
マンション

これが正門。
正門

左側が玄関、右側の建物の向こうに庭園があります。
玄関1

部屋へ入る前に庭園散策を楽しみました。
玄関先から庭園への通路です。
庭園側から見たもの。
庭

離れに入る萱葺き門です。
庭2

門の奥の離れ。
庭3

有名な「御幸の間」。
庭4

素晴らしい庭園散策を楽しんだ後、部屋へ。
老舗料亭らしく、下足番の男衆が待機しています。
玄関2

酒は「噴井」、四日市のものです。
冷酒なのに陶器の徳利です。
酒1

少し酒の香りがしますが、まずまず飲みやすいお酒でした。
酒2

1月なので、お目出度い雰囲気が残っています。
先附1

先附は、普通。
先附2


先附3

蟹真丈の上に餅がのっています。
出汁は、やや鰹優位。
椀

鮪はやや脂臭く、平目は歯応えが不足していました。
造里

もずくの下にイトヨリ鯛が入っていました。
酢の物でなく、出汁味でした。
汁

一応、八寸なのでしょうか。
味は平凡。
牡蠣

真名鰹の西京焼。
焼き魚

炊き合わせは、海老芋・筍・鴨
炊き合せ

ご飯は、白魚雑炊。
雑炊

香の物には力を入れていないようです。
香の物

リンゴのコンポート・苺・ブルーベリー
アングレーズソースは薄味というか、コクが無いというか。
水菓子

最後は、ほうじ茶。
香り不足。
茶

良く言えばオーソドックス、悪く言えば特徴の無い平凡な料理でした。



スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!