クラウン(パレスホテル東京)

クラウン(パレスホテル東京)
01 /16 2013
パレスホテル東京、その六階にフランス料理の「クラウン」があります。
全景

右手の白い壁が「クラウン」、左端はラウンジ・バー「プリヴェ」の入り口。
クラウン

インテリアとなっているワインセラー。
店内1

店内です。
店内2

早く着きすぎたので、連れが来るまでキール・ロワイヤルを一杯。
目の前でクレーム・ド・カシスにルイ・ロデレールを注ぎ、作ってくれました。
食前酒

(付き出し)
カレー味のカシューナッツと生ハムを練りこんだ塩味のマドレーヌ
カシューナッツはとても美味しかったのですが、マドレーヌはボケた味でした。
アミューズ

揃ったところでシャンパンを注文。
テタンジェ ブリュット レゼルヴ
シャンパン

(食前のアミューズ・ブーシュ)
カニサラダとキャビア
一般受けする美味しさ。
アミューズ2

冷製ポタージュ
上品な味で、まずまず。
アミューズ3

これは一律に置いていきます。
パン1

バター
上に乗っているのはオレンジの皮。良い香りがしていました。
バター

数種類のパンから選択。
フォカッチャは平凡な味。
パン2

(前菜)
ヴァンデ産鴨のフォアグラ
赤ワイン風味でマーブル仕立てに
コルシカ産マンダリンのパート・ド・フリュイと共に
オニオン風味のブリオッシュトーストを添えて
とても食べやすい味で、日本人好みにしてあるのでしょうか。
前菜

(魚料理)
フランス産テュルボ
ディルをまぶして香ばしくムニエルに トマトコンフィ、
オリーブとアーティチョークジュ・ド・ヴォライユとパスティスの香る
ヴィネグレットで
とても分厚い平目。平目のイメージからするとかなり脂っこいものでした。
魚

ジョセフ フェルプス カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー
赤1

しっかりとした味で、深みも充分でした。 
赤2

(肉料理)
天然狩猟 エゾ鹿
天然狩猟 エゾ鹿肉のロースト シュールージュのコンポテ
スパッツェルとシャテーニュ セロリラヴのムースリーヌ ヴァニラ風味
エゾ鹿としての風味はやや不足していました。
肉

鹿肉の付け合わせのミョッキ
肉2

(フロマージュ)
フランス産フロマージュ各種
チーズ1

ブルーチーズと山羊のチーズを選択。
「アルパージュ」のフロマージュを食べた後では、香り不足を感じます。
チーズ2

パルグア・プレミアム
赤ワインのボトルが空になったので、グラスで頼みました。
チリのワインです。
赤3

先程のワインに比べて、華やかな味ですが、かなり軽い。
少し物足りなかったかな。
赤4

(本日のデザート)
数種類のデザートから選択できます。

チョコレート
味はともかく、作品を是非見て欲しいとのことで選択。
少しばかりくどかった。全部は食べることができませんでした。
ピアノ

コーヒー・ミニャルディーズ
カプチーノは軽めの味。
カプ

ここではお腹がイッパイ。
ほとんど残しました。
小菓子

相方の選んだコースから
メイン料理は魚or肉料理の選択
(前菜)
グルヌイユ
グルヌイユのフリット キュルキュマのエミュルジョン シャンピニオンのモワル
かえる

(メイン料理)
平スズキ
平スズキのムニエル ノワゼットとクルトンのヌガティーヌ
ラングスティーヌとノワゼット風味のパースニップを添えて
メイン

(本日のデザート)
スフレ
デザート2

全体的に日本人好みの味に仕上げてありました。
とても食べやすい味だったと思います。
スタッフのサービスは秀逸でした。
スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!