ラ・リリアーナ再訪

ラ・リリアーナ再訪
02 /26 2012
10周年記念コースの案内がきました。
とても魅力的なメニューだったので、早速訪問してきました。
リリアーナ挨拶 (3)

リリアーナ10周年 (2)


今回は、別の部屋。
リリ店内2

窓際の素敵な席です。
リリ店内1

この席を外から見たもの。
リリ全貌

(アペリティーボ)
カ・デル・ボスコ・フランチャコルタ
キュヴェ・プレステージ・ロゼ
これはメニューに入っています。
リリロゼ

(ストゥッツィキーノ)
柔らかタコの温製のサラダ
ジャガイモのピューレ添え
ジャガイモのピューレとソースの味わいが次への期待を持たせてくれました。
リリ口取り

フォカッチャは少しばかりハーブの香りが強く感じましたが、グリッシーニは香り豊かでした。
リリパン

(冷たいアンティパスト)
本マグロの大トロとフルーツトマト、
モッツァレッラチーズのサラダ
   ブラックオリーブのソース
大トロがややクドさを感じましたが、甘めのソースとは良く合っていました。 
リリ前菜1

(温かいアンティパスト)
杏茸をのせた地蛤のオーブン焼き
   レモンの泡添え
リリ前菜2

スタッフが目の前で身を殻からはずしてくれます。
ソースがパンに浸み込んでとても美味しいのですが、レモンの泡は無くても良いかも。
リリ蛤


(プリモ ピアット)
アカザ海老とカーボロネーロのタリオリーニ
とても甘くプリプリとしたアカザ海老。
リリパスタ

(リゾット)
和牛テールとラディッキォのリゾット
   黒トリュフ添え
パンチの効いた味のリゾットですが、パルメジャーノが加わることでより迫力のある味になりました。
リリリゾット

(セコンド ピアット)
フォアグラを包んだ蝦夷鹿の香草パン粉焼き
   ブルーベリーのソース
蝦夷鹿とフォアグラの相性はそれほどあるとは思えなかったのですが、ブルーベリーソースとフォアグラの相性は抜群でした。
リリメイン

別注のチーズもありました。
リリチーズ1

桜の葉で包んだ山羊のチーズ。以外に合っていました。
ゴルゴンゾーラに栗の蜂蜜をかけたもの。仄かにモンブランの香り。
リリチーズ2

(ドルチェ)
アガタさんの苺のミルフィーユと
パイナップルのソルベ スプマンテ風味
苺のミルフィーユは品の良い味でしたが、ソルベは少しばかり酸っぱかった。
干しぶどうの味は抜群。
リリデザート

(カッフェ)
香り豊かでとても美味しいカップチーノでした。
リリカプチーノ

厳選されたグラスワインシリーズをお願いしました。
リリ白ワイン瓶1


リリ白ワイン瓶2


リリ赤ワイン瓶1


リリ赤ワイン

バラエティに富んだワインを飲むことができ、ワインの奥深さを充分堪能できました。
リリ赤ワイン瓶3

個性的で主張の強い味だと思います。その主張が我が家の好みの壺に嵌りました。
遠慮深げなガッルーラの味とは対極にあるかもしれません。
サービスもとても素晴らしく、リピートしたいと思うお店です。
スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!