俵屋 2月

俵屋 2月
02 /21 2012
俵屋招月献立 (2)

酒は京都の地酒「京の四季」、癖のない飲みやすい酒でした。
酒


猪口

「鬼は~外、福は~内」ですか。
蓋1

どれも優しい味で美味しい。
先附

これも、とても品が良く、優しい味でした。
白魚が季節を感じさせます。
玉〆

赤貝は臭みが無く、とても甘かった。
平目も甘い。
素晴らしく吟味された造りだと思います。
赤貝

穴子の薄造り
味が淡白。
穴子

ぐじの霙仕立
ぐじの臭みも無く、出汁加減も丁度良く、とても美味しい。
湯葉も素晴らしい味。
椀物

お椀の蓋
「梅に鶯」、とても素晴らしい。
椀蓋

鯛鳴門木の芽焼き
これは普通の味。
焼き物

飛龍頭の味は少しボケていて少し拍子抜け。
蟹の雰囲気は感じませんでした。
飛龍頭

さすが京野菜はとても美味しい。
野菜

食感はとても良いのですが、味は普通。
強肴

ご飯・香の物・赤出汁、〆としてはとても美味しかった。
しかし、料理全体としてみると、ひとつひとつの料理はとても美味しいのですが、献立の流れにもうひと工夫欲しいと思います。メリハリが無い。
ご飯

グレープフルーツゼリーは美味しいのですが、キーウィは甘さ不足。
水菓子

コーヒーはいつもながら美味しい。
コーヒー


(朝食)
起き抜けのフレッシュオレンジジュース
レ・セゾンと並んで最高の味。量が少ないのが不満。
ジュース

お茶と梅干し
口がさっぱりします。
梅干し

定番の湯豆腐
湯豆腐

揚げ出しは優しい味。
干しシイタケは下味がついていて、とても美味しい。
揚げ出し

焼き魚の選択は塩鮭が最高。
お浸しや蓮根も優しい味。
味噌汁も美味しく、素晴らしい朝食でした。
朝食

ついつい、お代わりをしてしまいます。
朝食ご飯

味のみならず、器も素晴らしい。
朝コーヒー

お代わりも充分あります。
ポット
スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!