桃花林 名古屋

桃花林 名古屋
12 /04 2011
ちょうど3年前、東京海上ビル(旧タキヒョービル)の取り壊しとともに移転する直前に訪問した際、味の変化にがっかりしました。
そして移転後、新しいお店にランチで訪問しましたが、変化後の味と同じでした。
桃花林の味が変わってしまったのかと、しばらく訪れることもありませんでした。

予算を最初に決め、その中で昔からの定番料理を多く入れてくれるようリクエストしました。
桃花林献立 (2)

15年物の甕出し紹興酒。
温かいものを出してもらいました。コクがあるものの癖が無く、とても美味しい味でした。
中華料理にはやはり紹興酒が良く合います。
桃花林紹興酒

焼豚・蒸鶏葱ソース・海老・ピータン・くらげ
中華料理の定番冷菜です。
ピータン、焼豚は出色の味。
桃花林冷菜

以前の「蟹の玉子入り」はもっと素材の味をストレートに感じましたが、欧風料理を思わす上品な味で、これはこれで素晴らしく美味しい。
桃花林スープ

かつての人気商品。
これは以前の通り、とても美味しい。
桃花林蟹

これは初めての品。
優しい塩胡椒味。これもなかなかのもの。
桃花林鮑

桃花林を代表する一品。
今でも絶品です。
桃花林マッシュルーム

品の良い酢豚といったところでしょうか、まずまず。
桃花林豚

かつての焼豚の味が強いチャーハンと違い、バランスとれた味でした。
私は、このほうが好み。
桃花林チャーハン

何となく食べたくなって別注しました。
これは滅茶苦茶美味しかった。注文して大正解。
桃花林団子

昔から定評のある杏仁豆腐、そのままの味です。
桃花林豆腐

良い意味で期待外れでした。以前の良さを残しながら、新しい味を出しています。
名古屋を代表する中華料理として復活したのではないでしょうか。
これからは、昔のように時々訪れてみたいお店になりました。


スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!