瓢亭

瓢亭
11 /27 2011
伝統ある大料亭としては意外なほど質素な表玄関です。
待合風になっていますが、南禅寺周辺に訪れた観光客の一服の場所にもなっているようです。
灰皿が置いてあり、吸い終わって立ち去る観光客も散見しました。
瓢亭玄関

左手に入ったところにある待合。
パンフレットや主人の著書などが置かれてありました。
瓢亭待合

自然な姿ながら、とても趣のある通路です。
瓢亭通路1

部屋は離れ形式。
瓢亭通路2

床の間の掛け軸は若冲とのこと。
瓢亭掛け軸


瓢亭献立 (2)

酒は菊正宗吟醸。
酒の味が少し強い感じです。
瓢亭酒

献立には縁高とありますが、八寸でしょう。
瓢亭玉子、最初は美味しいと思いましたが、二度目はそれほどの感激はありませんでした。
胡麻和えは意外なほど甘い。
鮨は普通の味。
八泉の八寸には遠く及びません。
瓢亭縁高

しっかりとした味で、なかなか美味しい。
しかし、もう少し品の良い薄味の方が好みです。
瓢亭汁 (2)

まずまず美味しい鯛でした。
瓢亭造り

助子(たら子)の旨煮は品良く味がついていましたが、海老芋の味が濃すぎると思いました。
瓢亭炊き合せ

杉板焼です。
姿が見事です。
瓢亭焼物1

脂の乗ったとても美味しい魳。
舞茸の味も素晴らしい。
瓢亭焼物2

このお店独特の鮪節出汁ですが、鰹出汁の切れ味や昆布出汁のまったり感とも異なり、中途半端な感じもしました。
瓢亭煮物椀

柔らかめの御飯です。
瓢亭御飯

とても美味しい蕪でした。
他の漬物も満足。
瓢亭香の物

ゼリー状になった柿。
白いのはラフランスでしょうか、これも美味しかった。
瓢亭水物

これは甘すぎました。
ここでの和菓子は、あっさりと品良くして欲しいものです。
瓢亭菓子

冷め冷めの薄茶。
瓢亭薄茶

このお店で感じたことは、甘い味ということです。
くどい甘さではないのですが、全般通して甘さを感じました。


スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!