西本

西本
11 /24 2011
若かりし頃はよく鰻を食べに行ったものですが、歳を取るにつけクドさが先に立つようになりました。
あつた蓬莱軒(本店・神宮店・松坂屋店)・蓬莱・大和田・うな豊・とみた・小川屋(中村区)・いば昇・川長・有本・新甫・多門亭・うな昇、それらのお店の中でよく通ったのが「西本」と「うな春」でした。
「うな春」はお爺さんとお婆さんが二人でやっていたお店で、当時名古屋で一番と思っていたのですが、現在は店仕舞いしています。
西本正面

テーブル席と小上がりがあります。
奥に座敷があるのですが、コースのみです。
西本店内

ビールの相手に刺身。
本日は鱸とのこと。
養殖かと思えるほどに脂の多い身でした。
西本刺身

タレはやや甘みですが、嫌みのない甘さで好みです。
西本長焼

焦げ目がサクサクといった感じで歯触りがとても良い。
しかし、身の厚さはイマイチです。
西本蒲焼

昔は柔らかめのご飯でしたが、いつのまにか硬めのご飯に変わっていました。
西本ご飯

品の良い味です。
西本吸物

無いよりはマシといった程度。
西本漬物

相方の「中詰め丼」。
西本中詰め

シラス不漁による鰻価格の高騰のせいでしょうか、蒲焼の量が減っている気がしました。



スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!