松山閣松山 名古屋店

松山閣松山名古屋
07 /21 2010
松山閣松山の本店は、京都のあの原谷苑のすぐそばにある「ゆば」を中心とした京料理のお店です。
名古屋店はミッドランドスクエアの4階にあります。
2010_0721松山閣正面2ブログ (3)

店内はとてもすっきりとしていて品のある造りです。
2010_0721松山閣店内2ブログ (2)

都合で開店11時に入店しましたが、30分もたたないうちに満席となりました。
客は、高齢者がほとんどでした。
2010_0721松山閣店内ブログ (2)

(月替わり膳)
中央のガラス鉢は「鰹のたたき」。
素で食べるにはいまいちでしたが、あさつき・カイワレ・茗荷・生姜をつけて食べると、なかなか美味しく味わえました。
「天麩羅」は海老・茄子・ししとうなど。上手に揚げてあり、抹茶塩が良く合いました。
手前の小鉢は「ゆばの佃煮」。ご飯のお伴です。
右奥のガラス鉢は「ゆば豆腐」。少し物足りない味でした。
その下の白い陶器のコップは「豆乳」。優しい味でした。
味噌汁は、「なめこの赤だし」。
ご飯は「とうきび御飯」でした。
2010_0721松山閣月替り (3)

相方が選んだ(松花堂弁当)
真ん中の焼き魚は鱒。
天麩羅は穴子・南瓜・ししとう。
枝豆に松風焼きも入っていました。
左上のガラス鉢は冷やし鉢。才巻き海老・冬瓜・里芋。生姜が利いていて爽やかな味ということでした。
その下の丸いガラス小鉢は、大徳寺麩と青菜の胡麻和え。
巻貝の形をした青い陶器は、ゆば豆腐。
真ん中下は、ゆば刺し。
右端の白いコップは豆乳。
2010_0721松山閣松花堂 (2)

松花堂弁当に付いている「ゆば桶」です。
味みをしてみましたが、付け汁が酸っぱくて残念でした。
桶の向こうは月替わり膳と同じ「とうきび御飯」と「なめこの赤だし」。
2010_0721松山閣湯葉桶ブログ (2)

デザートは同じ。
まずまず甘い西瓜でした。
2010_0721松山閣デザートブログ (2)

先着20名にサービスという、ゆばロール。
餡子の量をもっと多くして、もう少し甘さを前面に出したほうが良いと思いました。
水菓子なら湯葉が主でなく餡子が主であるべき。
2010_0721松山閣デザート2ブログ (2)

全体的な味は普通だと思いましたが、京都から運んでくるという「ゆば」は流石に美味しいものでした。
「ゆば」や「生麩」が大好物の相方は、大喜びでした。
特に「ゆば刺し」は最高と言っていました。

スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!