重谷

重谷
09 /24 2011
お店は裏通りの住宅といった風情で、なかなか見つかりませんでした。
重谷正面1

一見、普通の住宅です。
重谷正面2

玄関で靴を脱ぐ、知人のお宅にお邪魔した気分です。
重谷玄関

カウンターです。とても洒落た雰囲気。
重谷カウンター

右手が座敷でしょうか。
重谷店内

蓬莱泉「空」。
少し甘いものの、なかなか美味しい酒でした。
重谷酒器2

茶豆豆腐・雲丹、出汁醤油味のジュレ。
かなり濃い味のジュレでした。
重谷豆腐

お椀は鱧と松茸。
出汁はしっかりとしていますが、とにかく味が濃い。
重谷椀

造り
平目・剣先烏賊・鰹
鰹の辛子醤油の相性はなかなかのものでしたが、新鮮さが無くなったものを辛子醤油で胡麻化している感じが無きにしもでした。
烏賊には甘さが乏しく、平目の歯ごたえは無し。
重谷造り

上が辛子醤油です。
重谷辛子醤油

八寸
12時方向から時計回りに、ほうれん草の胡麻和え・子持ち鮎・銀杏・海老・きぬかつぎ・魳の照り焼・玉子の厚焼・鶉卵の味噌漬け・穴子の裏巻
丁寧に作ってあり、まずまずの味でした。
魳は脂も乗っており、焼き加減も良く美味しかった。
重谷八寸

甘鯛と松茸の湯葉巻
まわりは茸入りのべっこう餡。
これもとにかく醤油味が濃い。
重谷湯葉1

渡り蟹・舞茸の酢の物
これも味が濃い。
重谷蟹

サンマの燻製の炊き込みご飯は少しばかり生臭い。
赤出汁は品の良い味で、本日一番の好み。
重谷ご飯

水菓子
蕨餅
きな粉の香りが良く、これが二番目の好みの味でした。
重谷水菓子

とにかく味が濃かったという印象です。
典型的な「名古屋飯」でしょうか。
帰宅してから喉がやたら渇きました。



スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!