七軒茶屋(プリンスさくらタワー)

七軒茶屋(プリンスさくらタワー)
06 /12 2011
品川・高輪地区には各プリンスホテルが集まり、コンベンションシティを形成しています。
中でも高輪には、「ザ・プリンスさくらタワー」・「グランドプリンス高輪」・「グランドプリンス新高輪」の三つが日本庭園を取り囲んでひとつのグループをなしています。
今回、別のお店を考えていましたが、当日は貸切営業のため変更を余儀なくされました。
ホテルのスタッフに相談したところ、「さくらタワー」にある「七軒茶屋」ならOKということでした。
茶屋レジ

「すし」・「くし焼き」・「会席」などのコーナーに区切られています。
茶屋廊下

会席は小上がりとテーブル席があります。
茶屋席

酒は「東北地方 お勧めの日本酒」から。
「南部美人 純米吟醸(岩手)」と「一ノ蔵 無鑑査本醸造辛口(宮城)」を選択。
南部美人は、まろやかな味ですが雑味が残ります。それが料理に影響して味付けを損なう面もあったと思いました。
一ノ蔵はキレがよく、雑味をあまり感じませんでした。料理がはっきりとした味付けなので、こちらのほうが合かもしれません。
茶屋酒


茶屋献立1 (2)

(先附)
長芋豆腐は肌理が粗く、木綿豆腐のような食感でした。
青菜と子持ち昆布のお浸しははっきりとした鰹出汁。
(お造り)
鰹は新鮮さは感じなかった。
かんぱちは歯応えがよくなく、不満でした。
烏賊は普通。
茶屋先附

(焼物)
かますの油の乗りは丁度良く、なかなか美味しかった。
杏子との相性もまずまず。
茶屋焼物

(煮物)
そぼろ餡は薄味ながら、かなり甘かった。
焼き南瓜が香ばしく、良いアクセントとなっていました。
さやえんどうは場違いな雰囲気。これだけが浮いていました。
茶屋煮物

(油物)
天麩羅
蟹真丈の味付けに深みを感じませんでした。
B級グルメ的な美味しさという感じ。
アスパラはそのものが貧弱。
漬け汁は鰹出汁でした。
茶屋油物

(酢物)
特製ドレッシングは醤油味でした。
酢物

(お食事)
赤出汁の具はアオサ。
かなりの甘口でした。
香の物は、無いよりはまし、という程度。
茶屋食事

(デザート)
赤肉メロンは甘さがまったくなし。
オレンジゼリーも子供だまし。
最後がこれでは印象が悪くなります。
茶屋デザート

全体的に万人受けするような味に作ってあり、残念ながら日本料理の奥深さを感じることはできませんでした。
プリンスホテル的な料理なのでしょうか。
スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!