イル・パリアッチョ 再訪

イル・パリアッチョ 再訪
05 /26 2011
相変わらずわかり難い場所にありますし、店の外は殺風景です。
本当にここなの? って思ってしまいます。
パリ外観

正面のドアが入り口です。
パリ入り口

一歩店内に入ると、なかなか素敵な雰囲気です。
パリ室内

口取り
揚げパスタは塩味がちょうど良く、とても美味しかった。
パリ1

スプマンテはカ・デル・ボスコ
パリ2

アンチパスト
フルーツトマト・モッツァレラチーズで、カプレーゼのバリエーション。
スープ状のものはガスパッチョ。上にかかっているのは、パルメジャーニチーズ。
次に期待を持つ味でした。
パリアンチ

自家製パン
なかなか美味しかったのですが、前回の丸くもっちりとしたパンが無かったのが残念でした。
オリーブオイルは香りがあって、とても美味しかった。
パリパン1

プリモ・ピアット
宮崎県産スイートコーンを使ったコーンスープ。
自然な甘みが素晴らしく、凄く美味しかった。
上にかかっているのが甘草のパウダーとオリーブオイル。
パリスープ1

白ワインも、カ・デル・ボスコ
パリ白ワイン

パスタは選択
私が選んだウインナソーセージの中味を使ったホウレン草のトルテリーニ。
味は、まあまあでした。
パリパスタ3

相方が選んだホウレン草のパスタ。
浅利の塩味が少しきつかったようですが、サザエが美味しくまずまず満足したようです。
パリパスタ4

リゾット
せっかくの美味しいリゾット、磯臭くコリコリとりした食感の鮑があまり好みではないので少しばかり残念でした。火をとおして柔らかくなった鮑は大好物なのですが。
パリリゾット1

赤ワインはアケーロ
パリ赤

セコンド・ピアット
愛知県産黒毛和牛の炭火焼。
上に乗っている薄く切ったパルメジャーニと合わせると、とても美味しかった。
パリ肉1

ドルチェ
左からティラミス、皮付きのアーモンド、オレンジとカターニャを乗せたボローニャ風ライスケーキ。
パリドル

とても美味しいカップチーノでした。
パリカップ

全体的にあっさりとした味付けでしたが、しっかりと作ってあり我々にとって満足いくものでした。
ランチの時より満足感が高いのは、食材の良さも関係しているのでしょうか。
店の雰囲気や味に、細かなことまでこだわりを感じます。
きっと伸びていくお店だと思いました。
スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!