八泉 5月

八泉 5月
05 /15 2011
今月の花はアヤメでした。
八泉5月0002 (2)

お祝い事ということで、店からのサービス。
八泉5月0005 (2)

無花果に胡麻豆腐、穂紫蘇が効いていました。 不思議な食感ですが、なかなか面白いと思いました。
八泉5月0006 (3)

鰹の皮の炙りがとても香ばしい。 臭みのまったくない鰹・車海老・茗荷・蛸・莫大。
八泉5月0010 (3)

相変わらず美味しいポン酢と醤油。
八泉5月0009 (2)

酒は立山。
八泉5月0027 (2)

茄子を形どった器に、本物の加茂茄子の蓋。
八泉5月0016 (2)

揚げ加茂茄子、べっこう餡。
加茂茄子だけで見事な一品に仕上げてあります。
八泉5月0020 (2)

保津川の稚鮎。
鮎の季節になりました。充分、鮎の香りを感じました。
塩加減が絶妙なので、尻尾が抜群に美味しい。
八泉5月0023 (2)

粽鮨
八泉5月0028 (2)

鯛・こはだ
ここの鮨は相変わらず美味しい。鮨だけを腹一杯食べてみたいというのが願いです。
八泉5月0032 (2)

椀物。 蛤・麩・蕪
究極の薄味。蛤から出る香りと塩味を充分味わうことができました。
八泉5月0039 (2)

左下7時の位置から時計回りに、金時草の白和え・鯛の白子(出汁で下拵え)・鳥貝の酢味噌和え・海老の頭の唐揚げ・衣かつぎ・独活のきんぴら・蓬麩の田楽・煮蛸 
中へ入って、蒸し鮑・八幡巻き・出汁玉子
非常に手が込んでいて、そして温かいものは温かいうちに。
これほど心のこもった八寸は、他に記憶がありません。
八泉5月0037 (2)

鯛飯
八泉5月0044 (2)

鯛の香り、ほのかな甘さ、素晴らしく美味しかった。
さらしたと思えるような刻んだ紫蘇の葉、香りを抑えてあるので脇役に徹していました。
八泉5月0047 (2)

定番の香の物。
八泉5月0042 (2)

マンゴーのジュレ
水菓子は、これで充分です。
八泉5月0050 (2)
スポンサーサイト

あびたろう

FC2ブログへようこそ!