マロード(ナハテラス)

マロード(ナハテラス)
05 /21 2014
一階のレセプションホールの横にあります。
首里城から帰ってた時に、甘いものが食べたくなりました。
店内1


二階から見たラウンジです。
階段


ショーケースの上の段、左から二つ目が「オペラ」。
これを食べたかったのですが、ホールのみの販売とのことで、泣く泣く諦めました。
ケース


5月のお薦め
ライチ風味のヨーグルトムース、上に乗っているのはラズベリー。
これは、なかなかの味でした。
ケーキ


紅茶の香りも充分。
紅茶
スポンサーサイト

真南風昼食(ナハテラス)

真南風昼食(ナハテラス)
05 /20 2014
飛行機が昼前に那覇に着いたので、ホテルのチェックインまでの時間、ここで昼食を摂ることにしました。
松花堂弁当です。
正統的な味で、優しい味付けでした。
松花堂


茶碗蒸し
豆乳っぽい味でした。
蒸し


出汁は、まあまあ。
椀



飯



漬物1


果物は、甘さ不足。
果物


コーヒーは、まあまあ。
コーヒー
期待せずに立ち寄ったのですが、良い意味で期待外れでした。



鉄板焼「龍潭」 (ナハテラス)

鉄板焼「龍潭」 (ナハテラス)
05 /10 2014
ザ・ナハテラスのダイニングのひとつで、鉄板焼のお店です。
正面


このようなカウンターが二つ。
店内


ポン酢・醤油、真ん中は忘れました。沖縄の食材は知らないものが多いので。
ソース


シャンパンはラウンジで飲んできたので、赤ワインをボトルで注文。
赤


これは大好きなワインです。
瓶


もずく・鴨・オマール海老
鴨は結構臭みあり。
突き出し


烏賊・鮪・名前不明の白身魚
刺身


焼く前の食材
相方はロースをヒレに変更。
食材


白身魚の焼物
焼魚


もやし焼
焼野菜


彩りサラダ
野菜は美味しい。
サラダ


意外にあっさりとしたロースでした。
肉


ガーリックライスは、少しばかり油の量か多かったかな。
味は良かったです。
赤出汁はオーソドックスな味。
ライス


漬物もオーソドックス。
漬物


苺の甘さはイマイチでしたが、その他はまずまずでした。
デザート

チャイナテーブル (ANAインターコンチ石垣)

チャイナテーブル
11 /06 2009
中国料理、「チャイナテーブル」。
石中華入口


石中華店内ブログ

泡盛
基本的には焼酎と変わりませんでした。
石中華泡盛ブログ

冷菜盛り合わせ
これは普通の味であした。
石中華冷菜ブログ

紹興酒、8年物
それ以上の古酒はボトルしかありませんでした。
石中華酒ブログ

酒に付いてきた干し梅
石中華干し梅ブログ

フカヒレ入りスープ
とても美味しかった。
石中華スープブログ

海老餃子・焼売
これも美味しかった
石中華しゅうまいブログ

台湾野菜のガーリック炒め
これは、まあまあといったところ。
石中華野菜ブログ

海鮮と季節野菜のアーサ炒め
滅茶苦茶旨かった。
石中華炒めブログ

県産牛のステーキ、豆腐ソース (近海魚のシークァーサー風 甘酢ソース との選択)
これは失敗でした。熱帯魚を避けようとしたのが失敗の元だったのでしょうか。
石中華肉ブログ

(選択)台湾風牛肉麺・塩味(醤油味もある)
やや香料が強いが、しっかりとした味で美味しかった。
石中華麺ブログ

(選択)海鮮入り炒飯
やや甘めの味付けでしたが、そこそこ美味しかった。
石中華炒飯ブログ

杏仁豆腐
杏仁豆腐・マンゴープリン・黒胡麻プリン・パインシャーベットからの選択。
香料が強く、少し不満が残りました。
石中華豆腐ブログ

地政学的に会席料理よりも中国料理のほうが期待できるのではと思いました。
結果は大正解でした。名古屋のホテルの有名店に勝るとも劣らない味だと思います。


於茂登 (ANAインターコンチ石垣)

於茂登(ANA石垣島)
11 /06 2009
鉄板焼「於茂登」。
於茂登岳は石垣島にある山で、沖縄で最も高い山。
古くから霊山として信仰の中心的存在となってきたとのことです。
石焼看板ブログ

落ち着いた雰囲気の良い店です。
石焼室内2ブログ

選んだのは「石垣牛コース」
魚介類はありませんが、沖縄の野菜をふんだんに使ったコースです。
紅芋・アワビ茸・ナーベラー・アダンの芽・オクラ・島豆腐などがあります。
石焼野菜ブログ


このようなものも置かれていました。
石焼野菜効能ブログ

石垣牛のフィレとサーロイン。これで4人前です。
石焼肉ブログ


石焼調理ブログ

グラスワインです。
石焼白ワインブログ

ひき肉入りマッシュ田芋・すり身蓮根
石焼芋ブログ

野菜類もそれなりに美味しかった。
石焼野菜1ブログ

まったく苦味のないゴーヤ。
苦味抜き方法を聞いたら、かなり手の込んだものでした。
石焼サラダブログ

これもグラスワイン。
石焼赤ワインブログ

赤身肉の食感の石垣牛、とてもあっさりとした味でした。
石焼肉1ブログ

大葉の入ったガーリックライス。
くどさが抜け、さっぱりとした味になり、とても美味しかった。
味噌汁は甘みのある赤だし。
石焼ご飯ブログ

黒胡麻プリン・大学芋とバニラアイス
石焼デザートブログ

鉄板料理というものは、何処で食べても間違いが少ないですね。

ぬーじ(オリエンタルヒルズ沖縄)

ぬーじ(オリエンヒルズ)
03 /21 2008
オリエンタルヒルズ沖縄のメインダイニング、「ぬーじ」。
「ぬーじ」とは沖縄方言で、「虹」という意味だそうです。
底が青を基調とした市松模様の水盤、とても素敵です。
向こうにかすかに見えるのは東シナ海です。
オリ外観2ブログ

正面奥のガラスの向こうには、きれいな沖縄の海が見えます。
オリ席ブログ

メインダイニングの席から見た、水盤と沖縄の海です。
オリ眺めブログ

食前酒は柚子のリキュール。
オリ食前酒ブログ


オリエンタルメニュー (2)ブログ


オリパンブログ

一皿、一皿はとても小ぶりです。
コンソメのジュレは、「おっ」と思える美味しさでした。
オリアミューズ2ブログ


おりオードブルブログ


オリスープブログ


オリサラダブログ


オリ魚ブログ

ソルベは予想外に美味しかった。
オリソルベ2ブログ


オリ肉ブログ

クレームブリュレは大好物で、あちこち食べ比べるのが趣味なのですが、なかなかの出来だと思います。
ドラゴンフルーツのアイスクリームもなかなかのものでしたが、ガトーショコラはいまいちでした。
オリデザートブログ

全体的にソースの味は、「まあ、こんなものか」という程度でしたが、それでも料理人が心を込めて丁寧に作った料理だということは充分感じました。
しかし宿泊費の高さからみると、不満を持つ向きもあるやもしれません。







ファヌアン(ブセナテラス)

ファヌアン(ブセナテラス)
03 /20 2008
沖縄のリゾートホテル、ブセナテラスのメインダイニングです。
瓦屋根の下がファヌアンのある場所です。
ブセナ外観ブログ

南国風のレストラン。
ブセナ室内席ブログ

テラス席をお願いしました。
ブセナテラスブログ

大きな蘇鉄の木が眺めを邪魔していましたが、それでもなんとか木の間から日の入りを見ることができました。
ブセナ夕日ブログ


ブセナメニュー (2)ブログ (2)


ブセナ前菜ブログ


ブセナ前菜2ブログ


ブセナ前菜3ブログ


ブセナパンブログ


ブセナ口直しブログ

素晴らしい眺めです。この眺めを味わえるだけでも、ここへ来た価値があります。
ブセナ夕焼けブログ


ブセナ魚ブログ


ブセナデザート


ブセナコーヒーブログ

料理に関しては、残念ながら期待外れでした。見栄えは良いのですが、味に深みは感じませんでした。強いて言えば、ヘルシーな料理だということでしょうか。




あびたろう

FC2ブログへようこそ!