FC2ブログ
  • スタンプラリー五軒目です。徳川園のすぐ近くにあります。店内は、昔ながらの雰囲気。奥が、調理場海老おろし冷きしめんここも、海老がしょぼい。きしめんも出汁も、特徴のない味でした。相方は、海老おろし蕎麦きしめんに関しては、きしめん専門店のほうが出汁もしっかりと合わせ、一日の長があると思いました。このお店を訪問した後、川井屋さんを再訪しましたが、他の四軒に比べ格段の美味しさでした。... 続きを読む
  • スタンプラリー四店目赤塚交差点のすぐそばにあります。テーブル席小上がり席海老おろし冷きしめんショボい海老天と、出汁の利いていない汁相方は、海老おろし蕎麦... 続きを読む
  • 今年も8月、精進料理の月です。年に一度の楽しみ。枝豆の摺り流し中には、大きなじゅんさい胡麻豆腐独特の、もっちり感が凄い雲片8種類の野菜、それぞれ下拵えが異なります。胃に優しく、滋養たっぷり。鰻の蒲焼もどき胡瓜・茗荷の酢の物オクラと白芋茎の鮨白芋茎には、烏賊に似せて隠し包丁が入れてあります。青柚子と梅肉のアクセントも秀逸蓮根と冬瓜の素麺白髪素麺です八寸この日の八寸は、リキが入っていました。マスカット... 続きを読む
  • スタンプラリー、三店目赤塚交差点の近くにあります。お昼時の店内は、かなり混み合っていました。きしめんは常設メニューには無く、臨時メニューでした。それも、「きしころ「」と「きしめん」しか書いてなかったので、海老おろし冷うどんにしました。天婦羅も、おろし大根も別皿これだったら、海老おろしきしめんも頼めたかも。出汁は、薄め辛め麺は、モッチリ系戸田屋と、同じ系統(追加)きしころスタンプラリーのための、臨時... 続きを読む
  • スタンプラリー二店目桜通泉二丁目交差点の近くにあります。12時前は空いていましたが、12時を過ぎると近所の勤め人のグループが三々五々やってきて、お店の外で並ぶ盛況でした。ここでも、海老おろし冷きしめん麺は、薄め出汁は、辛め薄めで、好みではありませんでした。... 続きを読む
  • たまたま視ていたテレビのローカル番組で、きしころスタンプラリーのことを放映していました。東区飯田町にある、川井屋さんに伺った時に、このパンフレットを見つけました。加盟店が40店ほど掲載されており、我が家の近場にもかなりのお店があったので、ラリーに参加してみようとの気持ちが湧いてきました。立派な店構えですこのほかに5卓ほどのテーブル席があります。まずは、板わさでピール海老おろし冷きしめん麺は厚め出汁... 続きを読む
  • 19号線の代官町交差点の近くにあるお店です店内の雰囲気二階にも座敷があるようです団体さんが入っていきました天せいろ(海老)天つゆは辛め香りは、あまりしませんでした小海老が数匹入っていました最後は、飽きてしまいます天せいろ(野菜)かなり重い感じの衣天婦羅は、もう少しサクッとした軽やかさがあるほうが好みです蕎麦湯... 続きを読む
  • 6月の花定番の「立山」蒸し鮑・長芋豆腐造り蓮根蒸し、中に白身魚銀餡握り鮎思い出せません八寸辻利のほうじ茶鱧・翡翠茄子・じゅんさい新生姜の御飯太陽の卵と無花果静岡のお煎茶大将の下で修業すべく戻ってこられた長男さん... 続きを読む
  • 食前酒鮑・胡麻豆腐・小豆・空豆お酒は、「空」お椀鱧・卵豆腐・じゅんさいとり貝・鱧石焼ですこういうのは、手抜きと思ってしまいます鰹のタタキ八寸琵琶湖の鮎肉鯛めし水菓子全体的に上品な薄味でした好みに近い味付けだと思います... 続きを読む
  • 12月の訪れは、本当に久しぶりです。今まで、12月は、お節料理で忙しいだろうと遠慮していました。しかし、大将の「いいよ」の一言で、師走の料理を楽しむことにしました。お酒の種類が増えていました。まずは、黒龍。「純米吟醸」酒器は江戸切子。カガミクリスタル。玉〆これほど滑らかな玉〆は、指月とお宿うち山(中田料理長時代)以外には思い出せません。上に乗っているのは、スッポン河豚の焼霜造り甘い河豚でしたポン酢も... 続きを読む
  • 日本酒は、お勧めでせいこ蟹味噌の香りが、少し不足揚げ物キンキにイクラ・酢飯品の良い、キンキの脂美味しい魚でした海老のそぼろをまぶした太刀魚の海苔巻き海苔の香りが素晴らしい白子とマッシュポテトインカの目覚めなので、とても甘いマッシュポテトでした。蒸し鮑に蕪鰹のマリネこれも品の良い脂で、満足熟成した平目&バフン雲丹ズワイ蟹の脚真名鰹&クレソン蟹御飯蟹御飯、胡麻油が少し脂っぽかったほうじ茶果物に赤ワイン... 続きを読む
  • 上高地からの帰り、夕食で立ち寄りました酒は、オリジナルの浅田やや甘口蟹身です霙碗にしてありますが、鰤の脂がクドいですね造りも脂ぎっていました白子は普通八寸ですねナマコが意外に美味しかったかなり酸味の強い、治部煮治部煮の味も、いろいろあるようです蕎麦か御飯の選択白つゆが、素晴らしく美味しかった少し前に食べた、「もり木」のそれより満足できました江戸三度というのは、ご飯のお供蕎麦のほうが、正解かもあっさ... 続きを読む
  • 愛工大名電校のすぐそばに、お店はあります。この後ろに、テーブル席落ち着いた、お蕎麦屋さんにしてはモダンな感じの雰囲気です。しっかりとしたコシのお蕎麦でした昆布出汁つゆは、かなり塩辛かったです。驚きは、天麩羅の美味しさ。名古屋のお蕎麦屋さんでは、一番かと思いました。蕎麦湯は薄口で、あっさりとしたもの。... 続きを読む
  • 空港シネマに映画を観に行った帰りに立ち寄りました。店内です蕎麦打ち処良いお酒が揃っていますなんと、十四代もきしめん系の、お品書き香り豊かな蕎麦茶天ぷらきしめんかなり濃いめの出汁きしめんの中に入れるには味が濃くなってしまうので、そのまま食べました。天麩羅としては普通ざるきしめんこれは、なかなか美味しかった相方は、天ぷら蕎麦コシのある蕎麦でした。薄めで、あっさりとした蕎麦湯このお店は、今月半ばで閉店長... 続きを読む
  • 今年も8月は、お精進お花は、キバナコスモス酒は「立山」枝豆の擦り流し、じゅんさい上品で優しい味です胡麻豆腐ほのかに甘く、素晴らしい味例年の中では、最高の出来定番の、雲片滋養たっぷり、味も抜群白芋茎とオクラの鮨オクラの上に梅肉鰻の蒲焼もどきカイワレと柳松茸のお浸しシメジにとても良く似た、柳松茸薄味の出汁加減が抜群八寸上から時計回りに、茗荷と胡瓜の酢の物・じゃが芋団子・梅蜜煮の天麩羅・粟麩木の芽味噌・... 続きを読む
  • なかなか訪れる機会が無かったのですが、知人からのお誘いがあり、ようやく訪れることができましたモダンな感じの折敷です店内も、隅々までセンスの良さが溢れており、それだけで料理に対する期待が上がりましたお酒は、お任せで山形・酒田のお酒ですかなりの辛口でした一番下に車海老、とうもろこしのピューレ・赤雲丹・葱・オクラの種かき混ぜて食べますが、渾然一体というまでには、いまひとつという感じでした赤雲丹は初めてで... 続きを読む
  • 女将自ら摘んできた、「ホタルブクロ」・「オダマキ」・「ササユリ」等々風情がありますねえ~この日は、大将一人で、二人×四組、計八人のお客。大変です。酒は、定番「立山」水無月豆腐と蒸鮑水無月は無病息災を祈願する神事で用いられる京都の6月の代表的な和菓子で、それを料理に転用したのが水無月豆腐とこと。蒸鮑は、最高の味でした。出し汁も、当然、飲み干して空に。バフンウニ・本鮪・トリ貝・平目どれも文句なしに美味し... 続きを読む
  • 正月明けから3月半ばまで凄まじいハードスケジュールだったので、今年初めての訪問です。お花は、山ツツジ蛤とホワイトアスパラの酒蒸しお椀は、蛤だけの出汁バフンウニ・車海老・筍・鯛の白子中のほうには、鯛の松皮造りどれも、素晴らしく美味しい鯛の兜焼鯛の鯛八寸上から時計回りに、蒸鮑・百合根の木の芽味噌・烏賊黄身焼・焼筍・八幡巻・芹えごま白和え葉の中は、細魚鮨天麩羅鯛骨煎餅・車海老の頭・蕗の薹・目板鰈・山菜こ... 続きを読む
  • 「知多牛・飛騨牛食べ比べプラン」を選択しました。お酒は、「獺祭・3割9分」、2割3分もありましたが、3割9分で充分だと思います。それにしても、大きいグラス。前菜手間暇がかかっているとは思えません。笹の葉の包みを開くと鰹出汁ですが、少し酸化している感じでした。さすがに刺身は新鮮で美味しいトリ貝・鰆・桜鯛しゃぶしゃぶに備えて、グラス赤ワインボルドーとのこと鍋スタイルは、手抜きを感じます。揚物少し、ペチ... 続きを読む
  • 最初は、りんごジュース干物自分で焼きます全部並ぶと、こういう感じ鍋物がついていました刺身は美味しいですね烏賊・黒鯛デザートは、もう少し一工夫を... 続きを読む
  • 15年くらい前になるでしょうか、身内が東京在住の時、何度か渋谷店を訪れたことがあります。高級寿司店のような価格設定でなく、それなりに美味しく、数人で食べても安心な店でした。いつもお店の前は、行列だった記憶があります。このたびJRゲートタワーに出店したとのこと、懐かしく、いつか訪れてみたいと思っていました。夕食には早めの時間だったので、我々の前には、三組が並んでいたのみでした。明朗会計です隣と席が接近... 続きを読む
  • ベネチアングラス花火ですね初めての酒器素敵です枝豆の擦り流し・じゅんさい上品な枝豆の香り、食感ともども完璧な味でした。もっとお代わりしたかった。胡麻豆腐お精進独特の味です。甘みも感じられ、至福の一品。定番の、雲片。素材それぞれの味を充分残し、それを見事に調和させています。下拵えの凄味、才能の閃きです。近年になく、素晴らしい料理。こんな料理、他で食べることはできるでしょうか。これも定番の、鰻の蒲焼も... 続きを読む
  • 今月の暖簾お花御夫婦で岐阜まで行って摘んできたものとのこと。いつもの立山蒸鮑・山芋豆腐小豆出し汁は、飲み干しました。鮪のトロ・アオリイカ・トリ貝、ツマはラディッシュと茗荷どれも品の良い味です。冬は蕪ですが、この時期は新蓮根でした。中身は甘鯛今年は琵琶湖の鮎が超不漁。琵琶湖の稚鮎を放流している保津川はどうかと心配していましたが、今年は岐阜の鮎とのことでした。鮎の香り・味は、しっかりとしていました。一... 続きを読む
  • セントラルガーデンの成城石井には良く行くのですが、最近まで気が付きませんでした。昨年の秋にオープンしたとのこと。「すし そば」と書いてありますから、文字通り、「懐石くずし料理」のようです。中庭の右側が、カウンター・テーブル席。左側が個室仕様となっています。カウンター席個室側から中庭越しにテーブル席を見ます。酒は、オリジナル吟醸酒「神谷」すっきりとして飲みやすい酒でした。お品書きは無いとのこと先附貝... 続きを読む
  • 名古屋マリオットアソシアホテル18階、以前「華雲」という日本料理店がありましたが、京都岡崎の老舗料亭「つる家」の名古屋店に代わりました内装等は、「華雲」当時のままでした京都のつる家と同じ「おしぼり」です食前酒と思いきや、冷茶コースは北海道フェア「平安」ホテルのレストラン全体で、北海道フェアとなっているようです酒は、つる家オリジナル「つるの華」やや甘口で、華やかな味後半では、少しばかり苦さを感じまし... 続きを読む
  • 今回のお花は、椿酒は定番の立山蒸鮑・ぜんまい・ウスイ豆、ほのかに鰹が効いた出汁飲み干しました車海老・菜の花・筍・鮃とても甘い、車海老や筍若芽・筍・甘鯛とても品の良い味に仕上げてありました上に乗っているのは桜の葉香り一杯でした右は柚子の鮨です真ん中は独活真上から時計回りに、蒟蒻の酢味噌和え・スッポンの煮凝り・百合根の木の芽味噌和え・焼筍・烏賊の黄身焼・真名鰹幽庵焼・真ん中は車海老の頭の天麩羅行者大蒜... 続きを読む
  • ミッドランドスクエアシネマへ映画を観に行った後に訪れました1月の室礼窓からの眺め大名古屋ビルジング遠くに名古屋城定番の、あられ茶食前酒これも定番の、吉兆貞翁食中酒は、黒龍を選択ハレの日の器松葉蟹と菜の花、紅白膾お椀は、海老真丈・葩雑煮、花びら餅を模していますこれは、異常に辛かった出汁加減が、どんどん辛くなっているように感じます河豚の薄造り河豚焼白子これは、美味しいですねえ~鰤のたたきと握りですが、... 続きを読む
  • 能楽堂の催し物の後に訪問しました酒は、なんと、鄙願が突き出しは、そばを揚げたもので、塩加減が効いていました上品な味付けの出汁巻天麩羅は、普通鰊蕎麦を注文しました鰊の甘露煮は、柔らかめもう少し、燻製っぽい方が好み出汁加減は、鰹中心相方は、山かけ蕎麦あっさりとした味とのこと蕎麦湯は濃くもなし薄くもなし、中間ぐらいでした... 続きを読む
  • 今月の花長野から届いた松茸今年は形が揃っています定番の立山ワタリガニ・生栗の千切・穂紫蘇ワタリガニの香りが、やや不足鱧の薄切り・鱧の皮・車海老・菊の花甘い鱧・甘い車海老、美味しいですねえ~松茸・焼湯葉・白玉・長野から送ってきた茸の鍋仕立て具材だけの出汁ですが、しみじみと具材の良さを感じました上から、蛸と大根おろしのポン酢和え・揚げ銀杏・車海老頭の天麩羅・鱧の胡麻焼・南瓜麩の木の芽味噌・焼白身の鮨・... 続きを読む
  • 多治見の名店、「如雲やま内」の大将、山内氏が、多治見のお店を閉めて名古屋に来られましたそのお店は、那古野エリアで、「みつ林」など数店がかたまっている一角のすぐ横にありました6時少し前には、すでに暖簾が掛かっていました壁の上から木が顔を出していますお店の中は、カウンターが6席オープンキッチン外から見た木の下部が見えます奥には、個室仕様のテーブル席大将曰く、「あれは余分だった。お客さんが10人入ると、... 続きを読む

あびたろう

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

あびたろう

Author:あびたろう
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ