FC2ブログ
  • 30年以上前になりますが、山手通に「ドゥリエール」(池下ではありません)という、洋梨のタルトの凄く美味しいお店がありました。毎日、東京から取り寄せていたそうですが、数年でお店を閉じてしまい、残念に思った記憶があります。それ以後、名古屋で美味しい果物のタルトにお目にかかることがなかったのですが、最近、素晴らしいタルトに出会いました。「マンゴーのタルト」でした。そのお店は、栄のホワイトメイツビルの一階... 続きを読む
  • スタンプラリー五軒目です。徳川園のすぐ近くにあります。店内は、昔ながらの雰囲気。奥が、調理場海老おろし冷きしめんここも、海老がしょぼい。きしめんも出汁も、特徴のない味でした。相方は、海老おろし蕎麦きしめんに関しては、きしめん専門店のほうが出汁もしっかりと合わせ、一日の長があると思いました。このお店を訪問した後、川井屋さんを再訪しましたが、他の四軒に比べ格段の美味しさでした。... 続きを読む
  • Degustazione dei grandi vini、という、グラスワインをすべての料理ごとに合わせるコースです。まずは、スプマンテカ・デル・ボスコ毛蟹・じゅんさい・クラゲ下に、万願寺唐辛子のピューレ混然一体とは言えない味でした。自家製フォカッチャポルチーニ茸のソテーココア入りの平打ちパスタポルチーニの香りに満足です赤ワインを合わせてきましたマルティネンガ・ ランゲ・ ネッビオーロテヌーテ・ チーザ・ アジナーリ・デイ・ マ... 続きを読む
  • スタンプラリー四店目赤塚交差点のすぐそばにあります。テーブル席小上がり席海老おろし冷きしめんショボい海老天と、出汁の利いていない汁相方は、海老おろし蕎麦... 続きを読む
  • 今年も8月、精進料理の月です。年に一度の楽しみ。枝豆の摺り流し中には、大きなじゅんさい胡麻豆腐独特の、もっちり感が凄い雲片8種類の野菜、それぞれ下拵えが異なります。胃に優しく、滋養たっぷり。鰻の蒲焼もどき胡瓜・茗荷の酢の物オクラと白芋茎の鮨白芋茎には、烏賊に似せて隠し包丁が入れてあります。青柚子と梅肉のアクセントも秀逸蓮根と冬瓜の素麺白髪素麺です八寸この日の八寸は、リキが入っていました。マスカット... 続きを読む
  • スタンプラリー、三店目赤塚交差点の近くにあります。お昼時の店内は、かなり混み合っていました。きしめんは常設メニューには無く、臨時メニューでした。それも、「きしころ「」と「きしめん」しか書いてなかったので、海老おろし冷うどんにしました。天婦羅も、おろし大根も別皿これだったら、海老おろしきしめんも頼めたかも。出汁は、薄め辛め麺は、モッチリ系戸田屋と、同じ系統(追加)きしころスタンプラリーのための、臨時... 続きを読む
  • 朝食は、和・洋の選択ですが、前夜の洋食が良かったので、洋朝食を選択しました。左から、牛乳&蜂蜜レモン・林檎ジュース・人参ジュースどれも爽やかで、美味しい味でした。コーヒーor紅茶早く出てきたので、飲みたいときには冷めていました。後から、と言えばよかった。野菜スープ滋養たっぷりといったスープ野菜が美味しいから、こんなスープができるのでしょう。エッグベネディクトカリカリベーコン・スモークドサーモン・ポ... 続きを読む
  • 洋食のメインダイニングのエントランス窓際のテーブル中にも、かなりの数のテーブル席があります。グラス・ドリンクは、長野産 or 外国産の泡・白・赤から、3種・4種・5種のセレクトです。外国産4種を注文まずは泡、テタンジュですふわふわのスポンジの上に、鯖のパテ鯖というのはとても個性の強い味や匂いなので、相方を瞬殺してしまいます。とても口当たりがよく美味しいスポンジなので、相性を考えたほうが良かったので... 続きを読む
  • ミッドランド・スクエアの4階にあります。落ち着いた雰囲気の店内まずは、泡ヴーヴ・クリコを注文コース料理ではなく、ア・ラ・カルトを注文して、シェアしました。ベエーコンとジャーマンポテト、黒胡椒本日鮮魚のカルパッチョ小海老のシュリンプカクテル&アボガドディップガーリックトースト野菜スティック昆布塩・八丁味噌マヨネーズソース八丁味噌のソースは発見お目当ての、アメリカ産牛Tボーンステーキ容器の残り熱で、ミ... 続きを読む
  • スタンプラリー二店目桜通泉二丁目交差点の近くにあります。12時前は空いていましたが、12時を過ぎると近所の勤め人のグループが三々五々やってきて、お店の外で並ぶ盛況でした。ここでも、海老おろし冷きしめん麺は、薄め出汁は、辛め薄めで、好みではありませんでした。... 続きを読む
  • たまたま視ていたテレビのローカル番組で、きしころスタンプラリーのことを放映していました。東区飯田町にある、川井屋さんに伺った時に、このパンフレットを見つけました。加盟店が40店ほど掲載されており、我が家の近場にもかなりのお店があったので、ラリーに参加してみようとの気持ちが湧いてきました。立派な店構えですこのほかに5卓ほどのテーブル席があります。まずは、板わさでピール海老おろし冷きしめん麺は厚め出汁... 続きを読む
  • 今回も、コース料理でなく、ア・ラ・カルトをシェアしましたお酒は、お任せ最初は、泡アンリ ・ジロー ・エスプリ・ ブリュット・ ナチュール 滋賀県産バームクーヘン豚のパテパン&バター稚鮎のエスカベッシュ、山椒の香りそれに合わせた白ワインプイィ・フュメ・トラディション・デ・ロージュ ロワールのソーヴィニヨン・ブラン 100%オマール海老とパプリカのリゾットそれに合わせた白ワインジャン・ピエール・ベルトネ・モンタ... 続きを読む
  • 19号線の代官町交差点の近くにあるお店です店内の雰囲気二階にも座敷があるようです団体さんが入っていきました天せいろ(海老)天つゆは辛め香りは、あまりしませんでした小海老が数匹入っていました最後は、飽きてしまいます天せいろ(野菜)かなり重い感じの衣天婦羅は、もう少しサクッとした軽やかさがあるほうが好みです蕎麦湯... 続きを読む
  • 6月の花定番の「立山」蒸し鮑・長芋豆腐造り蓮根蒸し、中に白身魚銀餡握り鮎思い出せません八寸辻利のほうじ茶鱧・翡翠茄子・じゅんさい新生姜の御飯太陽の卵と無花果静岡のお煎茶大将の下で修業すべく戻ってこられた長男さん... 続きを読む
  • 食前酒鮑・胡麻豆腐・小豆・空豆お酒は、「空」お椀鱧・卵豆腐・じゅんさいとり貝・鱧石焼ですこういうのは、手抜きと思ってしまいます鰹のタタキ八寸琵琶湖の鮎肉鯛めし水菓子全体的に上品な薄味でした好みに近い味付けだと思います... 続きを読む
  • ドリンクは、お任せフランチャコルタは、美味しいですねえ~一番下は緑色野菜その上に、剣先イカ鰹のマリネ新玉葱ヘーゼルナッツのソースこれに合わせた赤ワイン美味しいパンと、オリーブオイル白海老・あさり・空豆・筍それに合わせた、白ワインシラスとアスパラソバージュのパスタ新生姜も入っていますそれに合わせた、白ワイン黒豚山葵の利いたソースそれに合わせた、赤ワイン食後酒ドルチェ香り豊かなハーブティープチフール今... 続きを読む
  • ただでさえ遅れていた、「食べある記」のアップですが、追い打ちをかけるように体調を崩してしまいました一周間程、パソコンに向かうことができない日が続ていたのですが、何とか体調も回復し、再びパソコンに向かうことができるようになりましたたくさん溜まっている「食べある記」、まずは、写真のみでアップします食前酒は、シャンパン八寸、二人前です取り分けると、こういう感じ自家製パンアオサ入りのバターが、本当に美味し... 続きを読む
  • 訪問した日が、ミシュラン東海三県特別版の発売直後であったため、お店は胡蝶蘭で埋め尽くされていました店内は、素敵な雰囲気ですお酒は、ペアリングでお願いしましたまずは、泡大好きな、フランチャコルタのスプマンテストゥッツィキーノ木の子のコンソメ・水牛バター&サマートリュフパン&オリーブオイルオリーブオイルアンティパストリードヴォーの赤ワイン煮それに合わせた赤ワインコレッツィオーネ・ チンクアンタプーリア... 続きを読む
  • 南イタリア旅行記の掲載に時間がかかり、5月~6月に食べ歩いたお店のまとめが、大幅に遅れてしまいました料理の細かなところは、脳の退化と相まって忘れてしまっていますペースが追いつくまでは、あっさりと紹介することにします身内の誕生日会で訪れましたまずは、お勧めの泡ドゥラモット・ブラン・ド・ブラン「サロン」の姉妹メゾンですさすがに美味しかったアミューズ左下は甲殻類のスープ定番のパンオマール海老と雲丹のコン... 続きを読む
  • ヒルトン・フランクフルトエアポートのメインダイニングで、ロビー階にあります新しいホテルだけあって、とてもモダンな内装グラス白ワインドイツのリースリングQbA、ラインガウです見かけよりずっと美味しいパンでしたバターによく合いました料理の量が気になっていたので、軽くコンソメにしました思いのほか、重いスープでしたホワイトアスパラガスフェアをやっていました旬なのでしょうかホワイトアスパラガスのリゾットホワ... 続きを読む
  • グランドホテル・ヴェスーヴィオ・ナポリのメインダイニング「カルーソ」は、最上階のガラス張りのフロアにあります。店内は、落ち着いた雰囲気まずは、泡ここでも、カ・デル・ボスコ口取りの、タコのマリネ昼間食べそこなったイカリングのフリット(カラマリフリット)、メニューには載っていなかったのですが、作ってくれるとのこといや~、美味しかったですね。一人前をシェアしたので、これは1/2皿分です。パンとバターグラ... 続きを読む
  • ソレントのホテル、エクセシオール・ヴィットリアのメインダイニングです。案内された席は窓際で、ヴェスーヴィオ火山の素晴らしい眺めを楽しむことができました。最初は、カデル・ボスコ。オリーブオイルは、プーリア産。リグーリア産のようにトロンとしていますが、少しスパイシーです。パンにとても良く合いました。これは、バター真ん中の赤いのは、トマトを練りこんだバターとのこと。グリッシーニ望みのものを、その場で切っ... 続きを読む
  • 今年のGWは、南イタリアです。セントレア発なのですが、朝便であることと大混雑が予想されるため、前泊しました。夕食は、考えていた 「NAPOLI  DIA」が、予想と大幅に違っていたため急遽変更しました。ターミナルビルの最先端にあるため、かなり歩きます。お店のエントランス空港が広々と見渡せます。19時頃は空いていましたが、遅い時間には満席に近くなっていました。まずは、泡モエ・・・エ・シャンドン・アンペリアル・ブ... 続きを読む
  • 白壁にあるイタリアンのお店です。後ろの白い建物は、金城学園高校.店内まずは、グラスの泡ピオロ・ペール・エ・フィス・シャンパーニュ “キュヴェ・ドゥ・レゼルヴ”ピノ・ノワール50%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ10%普通は、このコースメニューだけみたいですトマトはとても甘いのですが、雲丹の香りと合っていませんでしたパンの味は、普通9日間熟成させて、1日昆布〆にした、のどぐろ焙ってあります下は、人参ピューレこ... 続きを読む
  • 3月のお花薄い昆布茶に蕗の薹蕗の薹の香りが素晴らしく効いていました定番の「立山」炊き合せ鱈子・海老芋・ゼンマイ・湯葉とても上品な味これぞ本物の炊き合せ「作 奏乃智」鯛の松川造り・筍・蝦夷馬糞雲丹とても甘い鯛や筍蝦夷馬糞雲丹は最高白甘鯛・菜の花・きくらげ・百合根の蓮根饅頭、銀餡ここの銀餡も比類ない一品です「醸し九平次 純米大吟醸」八寸味噌大豆・車海老の黄身焼・穴子の蒲焼・細魚鮨・蛤寒天寄せ・菜の花お... 続きを読む
  • 前夜の花鏡での夕食後、他の三人と別れ、そのまま京都に宿泊。翌日、朝食を抜いて、イタリアンのランチに向かいました。一年前に予約が取れず、再挑戦したのです。(その時は、クッチーナ・イタリアーナ東洞)ホテルを11時にチェックアウトし、ぶらぶら歩いて平安神宮を参拝し、丁度良い時間に着きました。表から見ると、わかりづらいお店でず。ここがレストランの玄関なのでしょうか、恐る恐るドアを開けました。お店の中は、思... 続きを読む
  • 正月から立続きの京都訪問ですが、こちらのほうがずっと前から決まっていました。最初は夫婦二人の予定だったのですが、相方の友人が「私も、私も」と、最後は総勢五人の京都遠征となりました。お任せ料理に、お酒も、お任せペアリング最初は、シャンパンが出てきましたミニョン・ ジョンティ アヴィーズ ブラン ド ブランシャルドネ100%お目出たい盛り付けですねこれで3人分右上から時計回りに市田柿大根膾・海老菜の花の... 続きを読む
  • まずは、お屠蘇です少し甘口のお酒これは、二人前黒豆です京都らしく、白味噌のお雑煮目の下一尺はあろうかという鯛でした食べきれなかった半身は、お持ち帰り澄まし汁の、お雑煮お餅は抜いてもらいました鶏肉の出汁が、かなり効いていました流石に美味しいコーヒー俵屋さんのお節料理、味のほうは普通八泉さんのお節の美味しさを、再認識しました... 続きを読む
  • 昨年、師走に入って俵屋さんから電話が来ました。「正月、キャンセルが入ったが、どうか?」二つ返事で承諾期待に胸膨らませ、京都へ向かいました。食前酒山桃酒食中酒は、定番の俵屋祝肴これはちょっとばかり、正月っぽかったですね。味は、相変わらず素晴らしい。品の良い味です。鮑のお吸い物鰹出汁が、やや強めに利かせてありました。九絵には醤油、つぶ貝には出汁醤油、穴子薄造りにはポン酢とても甘い九絵つぶ貝には生姜がよ... 続きを読む
  • 大名古屋ビルジングの三階にある、ガッルーラの弟店です。店内は、まさにトラットリアという雰囲気。定番のフォカッチャと、契約店バゲットラビットのブール我が家でも定番のブールですが、この大きさのものは特注とのこと。味は、同じでした。白ワインカンティーナ・モスパローネ・ピエモンテDOC・ソーヴィニヨンソーヴィニヨン・ブラン100%ピエモンテにしては、甘口のワインでした。アンティパスト白子と寒ちぢみほうれん... 続きを読む

あびたろう

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

あびたろう

Author:あびたろう
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ