FC2ブログ
  • 訪問した日が、ミシュラン東海三県特別版の発売直後であったため、お店は胡蝶蘭で埋め尽くされていました店内は、素敵な雰囲気ですお酒は、ペアリングでお願いしましたまずは、泡大好きな、フランチャコルタのスプマンテストゥッツィキーノ木の子のコンソメ・水牛バター&サマートリュフパン&オリーブオイルオリーブオイルアンティパストリードヴォーの赤ワイン煮それに合わせた赤ワインコレッツィオーネ・ チンクアンタプーリア... 続きを読む
  • 南イタリア旅行記の掲載に時間がかかり、5月~6月に食べ歩いたお店のまとめが、大幅に遅れてしまいました料理の細かなところは、脳の退化と相まって忘れてしまっていますペースが追いつくまでは、あっさりと紹介することにします身内の誕生日会で訪れましたまずは、お勧めの泡ドゥラモット・ブラン・ド・ブラン「サロン」の姉妹メゾンですさすがに美味しかったアミューズ左下は甲殻類のスープ定番のパンオマール海老と雲丹のコン... 続きを読む
  • ヒルトン・フランクフルトエアポートのメインダイニングで、ロビー階にあります新しいホテルだけあって、とてもモダンな内装グラス白ワインドイツのリースリングQbA、ラインガウです見かけよりずっと美味しいパンでしたバターによく合いました料理の量が気になっていたので、軽くコンソメにしました思いのほか、重いスープでしたホワイトアスパラガスフェアをやっていました旬なのでしょうかホワイトアスパラガスのリゾットホワ... 続きを読む
  • グランドホテル・ヴェスーヴィオ・ナポリのメインダイニング「カルーソ」は、最上階のガラス張りのフロアにあります。店内は、落ち着いた雰囲気まずは、泡ここでも、カ・デル・ボスコ口取りの、タコのマリネ昼間食べそこなったイカリングのフリット(カラマリフリット)、メニューには載っていなかったのですが、作ってくれるとのこといや~、美味しかったですね。一人前をシェアしたので、これは1/2皿分です。パンとバターグラ... 続きを読む
  • ソレントのホテル、エクセシオール・ヴィットリアのメインダイニングです。案内された席は窓際で、ヴェスーヴィオ火山の素晴らしい眺めを楽しむことができました。最初は、カデル・ボスコ。オリーブオイルは、プーリア産。リグーリア産のようにトロンとしていますが、少しスパイシーです。パンにとても良く合いました。これは、バター真ん中の赤いのは、トマトを練りこんだバターとのこと。グリッシーニ望みのものを、その場で切っ... 続きを読む
  • 今年のGWは、南イタリアです。セントレア発なのですが、朝便であることと大混雑が予想されるため、前泊しました。夕食は、考えていた 「NAPOLI  DIA」が、予想と大幅に違っていたため急遽変更しました。ターミナルビルの最先端にあるため、かなり歩きます。お店のエントランス空港が広々と見渡せます。19時頃は空いていましたが、遅い時間には満席に近くなっていました。まずは、泡モエ・・・エ・シャンドン・アンペリアル・ブ... 続きを読む
  • 白壁にあるイタリアンのお店です。後ろの白い建物は、金城学園高校.店内まずは、グラスの泡ピオロ・ペール・エ・フィス・シャンパーニュ “キュヴェ・ドゥ・レゼルヴ”ピノ・ノワール50%、シャルドネ40%、ピノ・ムニエ10%普通は、このコースメニューだけみたいですトマトはとても甘いのですが、雲丹の香りと合っていませんでしたパンの味は、普通9日間熟成させて、1日昆布〆にした、のどぐろ焙ってあります下は、人参ピューレこ... 続きを読む
  • 3月のお花薄い昆布茶に蕗の薹蕗の薹の香りが素晴らしく効いていました定番の「立山」炊き合せ鱈子・海老芋・ゼンマイ・湯葉とても上品な味これぞ本物の炊き合せ「作 奏乃智」鯛の松川造り・筍・蝦夷馬糞雲丹とても甘い鯛や筍蝦夷馬糞雲丹は最高白甘鯛・菜の花・きくらげ・百合根の蓮根饅頭、銀餡ここの銀餡も比類ない一品です「醸し九平次 純米大吟醸」八寸味噌大豆・車海老の黄身焼・穴子の蒲焼・細魚鮨・蛤寒天寄せ・菜の花お... 続きを読む
  • 前夜の花鏡での夕食後、他の三人と別れ、そのまま京都に宿泊。翌日、朝食を抜いて、イタリアンのランチに向かいました。一年前に予約が取れず、再挑戦したのです。(その時は、クッチーナ・イタリアーナ東洞)ホテルを11時にチェックアウトし、ぶらぶら歩いて平安神宮を参拝し、丁度良い時間に着きました。表から見ると、わかりづらいお店でず。ここがレストランの玄関なのでしょうか、恐る恐るドアを開けました。お店の中は、思... 続きを読む
  • 正月から立続きの京都訪問ですが、こちらのほうがずっと前から決まっていました。最初は夫婦二人の予定だったのですが、相方の友人が「私も、私も」と、最後は総勢五人の京都遠征となりました。お任せ料理に、お酒も、お任せペアリング最初は、シャンパンが出てきましたミニョン・ ジョンティ アヴィーズ ブラン ド ブランシャルドネ100%お目出たい盛り付けですねこれで3人分右上から時計回りに市田柿大根膾・海老菜の花の... 続きを読む
  • まずは、お屠蘇です少し甘口のお酒これは、二人前黒豆です京都らしく、白味噌のお雑煮目の下一尺はあろうかという鯛でした食べきれなかった半身は、お持ち帰り澄まし汁の、お雑煮お餅は抜いてもらいました鶏肉の出汁が、かなり効いていました流石に美味しいコーヒー俵屋さんのお節料理、味のほうは普通八泉さんのお節の美味しさを、再認識しました... 続きを読む
  • 昨年、師走に入って俵屋さんから電話が来ました。「正月、キャンセルが入ったが、どうか?」二つ返事で承諾期待に胸膨らませ、京都へ向かいました。食前酒山桃酒食中酒は、定番の俵屋祝肴これはちょっとばかり、正月っぽかったですね。味は、相変わらず素晴らしい。品の良い味です。鮑のお吸い物鰹出汁が、やや強めに利かせてありました。九絵には醤油、つぶ貝には出汁醤油、穴子薄造りにはポン酢とても甘い九絵つぶ貝には生姜がよ... 続きを読む
  • 大名古屋ビルジングの三階にある、ガッルーラの弟店です。店内は、まさにトラットリアという雰囲気。定番のフォカッチャと、契約店バゲットラビットのブール我が家でも定番のブールですが、この大きさのものは特注とのこと。味は、同じでした。白ワインカンティーナ・モスパローネ・ピエモンテDOC・ソーヴィニヨンソーヴィニヨン・ブラン100%ピエモンテにしては、甘口のワインでした。アンティパスト白子と寒ちぢみほうれん... 続きを読む
  • 12月の訪れは、本当に久しぶりです。今まで、12月は、お節料理で忙しいだろうと遠慮していました。しかし、大将の「いいよ」の一言で、師走の料理を楽しむことにしました。お酒の種類が増えていました。まずは、黒龍。「純米吟醸」酒器は江戸切子。カガミクリスタル。玉〆これほど滑らかな玉〆は、指月とお宿うち山(中田料理長時代)以外には思い出せません。上に乗っているのは、スッポン河豚の焼霜造り甘い河豚でしたポン酢も... 続きを読む
  • 日本酒は、お勧めでせいこ蟹味噌の香りが、少し不足揚げ物キンキにイクラ・酢飯品の良い、キンキの脂美味しい魚でした海老のそぼろをまぶした太刀魚の海苔巻き海苔の香りが素晴らしい白子とマッシュポテトインカの目覚めなので、とても甘いマッシュポテトでした。蒸し鮑に蕪鰹のマリネこれも品の良い脂で、満足熟成した平目&バフン雲丹ズワイ蟹の脚真名鰹&クレソン蟹御飯蟹御飯、胡麻油が少し脂っぽかったほうじ茶果物に赤ワイン... 続きを読む
  • お酒は、持ち寄り泡は、アンドレ・ジャカール エクスペリエンス プルミエ・クリュ ブラン・ド・ブラン ブリュット敷き詰めたキャビアの下に、胡麻和えした、剥き身の富山産白海老がたっぷり入っています。手作業で、剥いたとのこと力作の割には、余韻が乏しいオマール海老が素晴らしく香ばしい南瓜とオリーブオイルピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ラ・トリュフィエール、トマ・モレ 土瓶蒸しが出てきました表面には... 続きを読む
  • 朝食は、洋食スクイーズですが、オレンジというよりもミカンという味でした。二人分ですが、食べきれません。余った分は、お持ち帰り。ジャムや蜂蜜ソーセージうや卵料理は、なかなかの味外がパリパリ、中はフワフワ好みのフレンチトーストです。コーヒーは、まずまず... 続きを読む
  • 有馬温泉の名宿、「御所別墅」の門このお宿、夏までは洋食だったのですが、最近、和食に変わりました。乾杯は、グラス泡ジュール・ラサール キュヴェプレフェランス・ブリュットシャンパーニュ地方 ランス村 ピノムニエ60%、ピノノワール20%、シャルドネ20%なかなか良い味で、次への期待を持ちました。手抜きなく、しっかり作った前菜でした。酒は、お勧め播州一献 純米 超辛辛口の中にも、心地よい香りなかなか美味しいお... 続きを読む
  • ホテル・ニューオータニのガーデンタワー 40階にあります。メインのあるコースです。スパークリングワインが、サービスで付いています。コントリ・スプマンテ・キュヴェ・ブリュットサービスの泡は、美味しくなかった。相方は、残してしまいました。サラダ・バー品数は、意外に少なかった。オイル類は豊富ドレッシングも、いろいろ私のチョイスパンは、まずまずパスタ類は、リゾットを選択バターの香りが効いていて、なかなかの味で... 続きを読む
  • 東京白金にあるセンソ、ラ・ソスタ(旧イルーチ)のすぐそばにありました。ここから、地下に降りていきます。開店時間から、しばらくは他の客が入ってきませんでした。9皿メニューでしたが、8皿に減らしてもらいました。お酒は、5杯のグラスワインまずは泡フランチャコルタ・ ブラン ドゥ ブラン・ ブリュット ・ カヴァッレーリシャルドネ100%二人分のスナックです蓮根のスポンジ上に、クリームチーズとキャビアこれも、スナッ... 続きを読む
  • 一階の、カフェ・カリフォルニアでセットメニューを頼みました私は、アメリカン・ブレックファストオレンジかグレープフルーツの選択スクイーズではありませんでしたこれは、グレープフルーツジュースパンは、トースト卵料理は、プレーンオムレツ味は普通相方は、パンケーキブレクファストを選択ジュースとコーヒーは、同じです少し前に食べた、上高地帝国ホテルのほうが、美味しかったとことヨーグルトリーフサラダ... 続きを読む
  • 上高地からの帰り、夕食で立ち寄りました酒は、オリジナルの浅田やや甘口蟹身です霙碗にしてありますが、鰤の脂がクドいですね造りも脂ぎっていました白子は普通八寸ですねナマコが意外に美味しかったかなり酸味の強い、治部煮治部煮の味も、いろいろあるようです蕎麦か御飯の選択白つゆが、素晴らしく美味しかった少し前に食べた、「もり木」のそれより満足できました江戸三度というのは、ご飯のお供蕎麦のほうが、正解かもあっさ... 続きを読む
  • 泡・白・赤のグラスセットまずは、泡コント ド ノワロン ブリュットピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエのブレンド直前に瞬間燻製した信州サーモン素晴らしく、スモーキーでしたポテトサラダは上品な味パンは、相変わらず美味しい栗と茸の相性が素晴らしい上にトッピングしているのが、細かく切った生ハムグラス白ワイン帝国ホテルと提携した、ムルソー生姜風味の平目のロティ人参のピューレが秀逸グラス赤ワインこれも帝国... 続きを読む
  • 明神池のすぐそばにあります岩魚を、囲炉裏で焼いています以前から、一度食べてみたいと思っていました頭から全部食べることができますなかなか美味しかったですね... 続きを読む
  • 残念ながら、スクィーズでは、ありませんでしたプレーンオムレツ、バターたっぷりとリクエストしたのですが、あまりバターの風味は感じられませんでした相方は、ボイルドエッグパンケーキは、さすが、美味しかったです蜂蜜二種、メープルシロップ... 続きを読む
  • 上高地帝国ホテルのラウンジです始発の「しなの」で名古屋を出たので、昼食兼用で利用しました17時30分からメインダイニングで夕食なので、あっさりとミックスサンドをシェアパンがパサパサで、やや不満この時期にしか出ない、和栗のモンブランこれが目的でしたとても飲みやすいコーヒー、ミルクも砂糖も必要ありませんでした... 続きを読む
  • 愛工大名電校のすぐそばに、お店はあります。この後ろに、テーブル席落ち着いた、お蕎麦屋さんにしてはモダンな感じの雰囲気です。しっかりとしたコシのお蕎麦でした昆布出汁つゆは、かなり塩辛かったです。驚きは、天麩羅の美味しさ。名古屋のお蕎麦屋さんでは、一番かと思いました。蕎麦湯は薄口で、あっさりとしたもの。... 続きを読む
  • 大阪千里山の住宅街にあります賛否いろいろあるミシュランガイドですが、三ツ星のお店ですこれを見ると、料亭という雰囲気です菊に拘った献立とのことお酒は、黒龍大吟醸はっきりとした出汁加減でしたこれも、はっきりとした出汁味鮪漬けとアボガドが、素晴らしく相性が良かったです鶉温玉とは、生臭さが際立って、不満の味器の中は、きのこのすり流しあっさりとした味でした八寸は、それなり湯葉のすり流しです気分を変えるには、... 続きを読む
  • 空港シネマに映画を観に行った帰りに立ち寄りました。店内です蕎麦打ち処良いお酒が揃っていますなんと、十四代もきしめん系の、お品書き香り豊かな蕎麦茶天ぷらきしめんかなり濃いめの出汁きしめんの中に入れるには味が濃くなってしまうので、そのまま食べました。天麩羅としては普通ざるきしめんこれは、なかなか美味しかった相方は、天ぷら蕎麦コシのある蕎麦でした。薄めで、あっさりとした蕎麦湯このお店は、今月半ばで閉店長... 続きを読む
  • 車道にトスカーナの郷土料理を食べさせてくれるお店があると聞きました。昨年訪れたフィレンツェのトラットリアを思い浮かべ、行ってみることにしました。店内は、まさにフィレンツェのトラットリアと同じ雰囲気です。グラス白ワインセッラ・フィオレーゼ ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ガロフォリマルケ州のヴェルディッキオという葡萄品種お勧めの前菜下から、牛肉のタリアータ・豚のプロシュート・焼き茄子のパルマハム... 続きを読む

あびたろう

FC2ブログへようこそ!

プロフィール

あびたろう

Author:あびたろう
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

カテゴリ